説明だけで、自分の顔を誰かに描いてもらうとしたら?

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

世界の話題CMのような特集を少し前にテレビで見ました。
1位だったものがとても興味深い内容だったのでシェアします。

 

目撃者の証言から似顔絵を書くプロがいます。

その人が、本人を見ずに、

その人の似顔絵を”証言”だけで描きます。

証言者は二人。
ひとりは他人で、もう一人は“本人”

“他人”は、友達や家族ではなく、
その日にあっただけの赤の他人です。

 

で、結果がとても面白いのですが、
本人による証言と、他人の証言で完成した顔が
全然違うんです。

どちらも同じ顔のはずなのに。

 

そして、ほとんどのケースで、自分で証言した顔よりも、
他人に説明された自分の顔のほうが、とても美しい。

例えばある人は自分の顔を

「顔がまるくて、目は一重で、色が黒くて」

と、表現したとします。

 

ですが、ある人は

「切れ長の美しい目で、まるい輪郭の優しい印象で、
肌がつやつやしていて、健康的に日焼けしていて」と表現します。

 

すると、出来上がった顔が全然違うんです。

全てに言えることは、

多くの人が自分の顔を過小評価しているということ。

ここが嫌い、あそこが嫌い、というように。

 

ですが、他人から見ると、その短所が長所だったりする。

アジア人の顔は一重や奥二重が多く、瞳の色もダークです。
この顔を「クールビューティー」と呼び、外国人は褒めちぎります。

 

日本人モデルで世界で活躍している人の顔は、
パッツン前髪の黒髪で、一重で切れ長の目。

これでもか!ってくらい、アジア顔を強調しています。
それが自分の強みだからです。

弱みだと思っていたものが、

世界に出たら強みだと分かることがあります。

 

日本にいると、二重でぱっちり、

目が大きいことに価値があるような風潮ですが、
世界にでると、アジア人である自分の顔が好きになります。
私はそうでした。

黒髪や、ダークブラウンの瞳、厚めの唇、小さい鼻。

 

現地の男性、背の高いブロンドの外国人女性たち、
いろんな人から全てを褒められました。

自分にないものを欲しがる。
それは当たり前の感情ですが、
自分にあるものを知る、という確認をもっとして欲しいです。

 

それを知るためには、みんなが同じ価値観でいる場所だと
流されやすい。

痩せてて、色白
目が大きい、まつげ長い
顔が小さい

みんなが同じ顔を目指していたら、
その価値から外れた自分の顔が欠陥があるように見える。

 

ですが、価値観がてんでバラバラの人たちに混ざると、
自分の顔の特徴を改めて見直すチャンスになります。

海外にいくと、いろんな血が混ざるので、
どこの国が出身なのかもよく分からない。

目がぱっちり大きい人なんて、ゴロゴロいるし
あまりに顔が違いすぎるので、
もはや同じになりたいなんて、思えない。

 

私は10代の頃からマリンスポーツをしているので
顔にそばかすがたくさんあります。
が、それを「可愛い」と思っています。

 

なぜなら、キャンディキャンディ世代だから(笑
古すぎて分からないと思うので、ググってください。

キャンディキャンディは、昭和の漫画ですが、
主人公の女の子にそばかすがあるんですよ。

で、彼女はこれを「気にしないわ~」と歌っています。
これは子供だった私の価値観に大きく影響しました。

 

なので、大人になった今でも

キャンディキャンディの主題歌が脳内に流れ、
「キャンディキャンディも気にしてないし、まいっか」となります。

 

私も実際、誰かのそばかすを可愛いと思っています。

大人になりすぎた今、「それって、そばかすじゃなくてシミじゃないの?」
という意見もありますが、すばかすだ、と思えば可愛く思えます(笑

 

まあ、こんな感じで、意識を変えるのは簡単なんです。
自分の顔も、何かの影響であっさり好きになる。

自分のことが嫌いだな、と思ったら、
一度価値観の違う世界にいくといいですよ。

それって長所なんじゃない?ってことも良くありますから。

 

★ブログが直接あなたのLINEに届きます!★

登録はこちらをポチ

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム