いつも満足しているふりをしながら仕事をしていたと思います

<お名前>
M・Yさま

<渡航都市>
セブ、ゴールドコースト

<学校名>

フィリンター、インフォーラム

●渡航都市を選ばれた理由は?
もともと南国育ちで、リゾート地が好きなのでこの2つの都市に決めました。

●留学を決定する前、特にどんなことで悩んでいましたか?
今の職場を自分のタイミングで辞められるのか、
留学費用が自分の貯金で賄えるのか、
家族の同意が得られるのかなどで悩みました。

●もし留学を決めていなかったら、今何をしていたと思いますか?
転職して、なんとなく海外旅行に行って、
その時だけしか満足していないのに、
いつも満足しているふりをしながら仕事をしていると思います。

●出発までに何か躊躇することはありましたか?
留学の申し込みと支払いを完了して、退職の時期まで決まって、
しばらく経ちましたが、家族や友達に自分のやりたい事を中々言えず、
どんな風に伝えるべきか悩みました。

理解して、応援してもらえるにはどうしたら良いのか、
言う前から色々悪い方に考えてうじうじしていました。

でも、実際に自分のやりたい事を、明確に伝えてみると、
応援したり協力してくれる人がたくさんいました。
言ってみないとわからないもんだなぁと気づかされました。

●アクティブウーマンを選んだ理由は?
スタッフの方が全員女性で留学経験があって安心できたこと。
メールやセミナーから桜井さんの人柄の良さが滲み出ていたところ。
応援ブックを読んだ時に、現地オフィスがない理由を知ってとても好感が持てました。

●もしご友人に弊社をご紹介いただけるとしたら、なんと言って紹介されますか?
今、行動する事の大切さを教えてくれるよ。
留学を迷っているなら、信頼できる専門家にお願いするのが、一番いいよ。
悩みに寄り添って、必要な時は、そっと手を差し伸べてくれるエージェントで、
ここの代理店がすごくオススメですって伝えます。

「とりあえずやってみる」という度胸がついたと思います

お名前:Nanaさま

●自由形式で結構です。アルバイト、シェア、学校生活、町のことなどを
なんでもご記入下さい!

私は今学生ビザで語学学校に通いながらアルバイトをしています。
学校では毎週金曜にテストがあるので
その週の課題について細かく理解することができます。

私はスピーキングが苦手なのでスピーキングのテストがある週は
いつもよりたくさん友達に喋ることを心掛けています。

ジャパレスでアルバイトをしていますが
お客さんに対しては英語で接客をするのでとても勉強になっています。

●留学して何か変わりましたか?

留学する前は決断をする時にいろんなことを考えすぎていましたが
今は「とりあえずやってみる」という度胸がついたと思います。
海外での生活では予想できないことがたくさん起こるので
いちいち迷っている暇はないなと思うようになりました。

●もし留学していなかったら、今頃どうしていたと思いますか?

もし留学に来ていなかったら何をしている時も
どこかでこれは私のしたい事じゃない気がする。。と
納得のいかない生活をしていたと思います。

実際留学に行こうか迷っていた時期にそんな思いをしていました。

 

 

発音特訓コース

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。

今日の東京はずっと雨ですね。
台風の影響で大雨にならないと良いのですが。。

今日はちょっと学校視察のお話です。
シドニーとメルボルンにあるGreenwich English College について
お話しします。

Greenwich校は、ケンブリッジ英語検定試験コースに
力を入れている学校です。そして他の語学学校ではあまり開講されてない
ケンブリッジ英検入門テストKET対策コースが開講されています。

一般英語コースの初級から学んでから、途中でこの様なグッっと勉強する
コースに編入していくと、
受験英語を集中して学んだ日本人学生さんにとっては、
テスト対策コースなので、勉強方法にすんなり入れて
語彙力が大きく伸びると思います。

そしてこちらの学校では、もう一つ
ユニークなコースがあります。

Pronunciation in Context と呼ばれるコースです。
4週間発音トレーニングをする集中コースです。

文法はちょっと傍に置いて、耳で音を取らえて
単語一つ一つにある、アクセント、強弱を教えてもらいます。

そうすることで、ネィティブスピーカーと
同じような発音で話せるようになってきます。

特にワーキングホリデーの学生さんにとっては
自信を持って話すことに繋がるので、現地で
働く時に役立つのではないでしょうか。

下に動画があるのでチェックしてみてくださいね。

私が参加した日は、最後の週でCharlotte先生の
クラスでした。

9名の学生さんが一人一人10分間、
自分のことについてプレゼンテーションを
行いました。

プレゼンは、ここでも文法や文章の正確さは
ちょっと傍に置いて、クリアに発音しているか
自信をもって話しているか、が重要ポイント。

その発音特訓クラスの授業は
こんな感じです。

Peter Pipper picked…の一つの単語の
アクセントと発音を丁寧にチェックして
いきます。

先生も合間に冗談を言うので、授業は終始リラックスした
雰囲気でした。

英語の発音に自信がもてなかったり、発音を
どうやって習得したらいいか分からない方に
おススメのクラスです!

Greenwich English Collegeについてはこちら

もし留学を決めていなかったら普通に日本で働いてたと思います。

<お名前>S・Mさま

<渡航都市> パース

<学校名> LEXIS

●渡航都市を選ばれた理由は?
西オーストラリアに惹かれたからです

●留学を決定する前、特にどんなことで悩んでいましたか?
英語が全く喋れないので、仕事は出来るのか、生活出来るのかとか不安だらけでした。

●もし留学を決めていなかったら、今何をしていたと思いますか?

普通に日本で働いてたと思います。

●出発までに何か躊躇することはありましたか?

英語がほんとに喋れるようになるのか、海外生活がほんとに出来るのかです!

●アクティブウーマンを選んだ理由は?

友達の紹介でいいと聞いたからです

●もしご友人に弊社をご紹介いただけるとしたら、なんと言って紹介されますか?

いいとこだよといいます!

時間感覚の違い

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。
今日も暑くなりましたね。

先週からオーストラリア視察のことを
ここでご紹介してますが、今日は学校視察とはまた違った
ちょっと気になったことを書きたいと思います。

留学を経験した方には沢山海外の友達がいると思います。
遊びに出かける約束、授業時間に現れるタイミングなど
時間の感覚が日本人とちょっと違うな~と
感じた事ありませんか?

今回の出張時、メルボルンからシドニーへ移動する日は
日本人の知人と一緒にいたのですが、「土屋さん、空港にはチェックインの
2時間半前にはシティをでましょう!」、こんな感じで
私達日本人って、余裕をみて行動するのかなと思います。

シドニー滞在最終日、私はその日の17時40分発のゴールドコースト行きの
フライトに乗る予定でした。

シドニーに来るたび、私はいつもコンタクトをとって
食事+空港送迎をお願いするエジプト出身の友人がいまして
電話をかけたら快く「いいよ!いいよ!今仕事終わったら
車で行くから!」と引き受けてくれました。

シドニーのシティは東京都心と同じように
なかなかパーキングできる場所がなく、
ショッピングモールがある通りの角辺りで待ち合わせることにしました。

ですが、待てど、待てど、来ない。
30分、40分、50分、電話があり「ごめん、仕事が長引いて、今向かってる!」

その時点で15時半頃、
「ゆっくりご飯食べることもできないな。。もう、空港直行で降ろしてもらおう」と
自分の胃袋事情とスケジュールだけ気にしてました。

その後すぐ、会うことが出来てそのまま
空港へ向かいました。

「今から空港まで車を走らせても、どっかでご飯食べる
時間はないから空港へ直接いくよ」私、「OK!」

車の中で、この友人が以前やってたタクシー運転手はやめて
建設会社の経営を始めたこと、今では2人の女の子のパパ、
座りっぱなしのタクシー運転手をやめて、現在の仕事になって
体重が減ったこと。

そんな話をしつつも
私の内心は、とりえず空港に
時間内にチェックインできるかな、、と思ってました。

空港近くの道路に入った途端、「ちょっとコーヒー飲んでいかない?」と
きゅっと曲がってドーナッツショップ Krispy Kreme Donughtsで停車。

、、、え、さっき空港直行って言ったじゃん?
「だいじょぶ、だいじょぶ、間に合うよ、インシャッラー(←こんな変な日本語は言ってませんが)」
でたー、エジプシャンタイム!!!!

ルンルン♪で
自分の子供に1箱、私にもコーヒーとドーナッツを
買ってくれました。

店内のテーブルで、「お昼取れなかったからおなかペコペコでね」と
ドーナッツ1個、2個ムシャムシャと食べ、
「このドーナツショップ日本にある?美味しいよね?もぐもぐ」

私の頭の半分は、ドーナッツも良いけれど「チェックイン間に合うかな、、
チェックイン込んでたらどうしよ、いや間に合うよね」
私は結構、ちょっとソワソワ気味。

その友人も私のソワソワ感に気づいてか
「じゃ、行こうか?これ持っていって」と
残りのドーナッツが入ったボックスを手渡してくれました。

「乗っけてくれてありがとう、じゃあね」
と空港でお別れしました。

結局エジプシャンタイムでも、問題なく
チェックイン、搭乗も(ぎりぎりだったけど)できたわけでしたが
私って、なんでこう急いでたんだろう?
彼のこの時間に対する余裕はどうしてこうも違うんだろう、と
思いました。

友人はお腹が空いているのに仕事先から
真っ先に迎えに来てくれたのに、まぁ私ったら
セカセカ飛行機の時間のことばかり
気にして。

でもこの古い友人は、そんなこともひっくるめて
「いいよ、いいよ。」とにっこり笑ってくれる。

そんなこんなで、私は随分おばさんなのに
中身が子供っぽいところに
気づいて反省したのでした。

で、私は片手にKrispy Kreme Donughtsの箱を
持ったまま飛行機に乗りました。
そして、ゴールドコースト空港に迎えに来てくれていた
バイロンベイの学校のドライバーさんに
Krispy Kreme Donughtsどうぞ、とあげました。

ちょっと海外にでるだけで、自分の中に
溜まっている心の垢、に気づくことがあります。

今度、その友人が子供をつれて
日本に遊びに来たら、時間を気にせず
たくさん付き合ってあげたいな、と思います。

スタート地点は pre-Intermediate!

こんにちは、ミクです。
昨日は、キックオフセミナーがあり、
inforumのリョウタさんがご参加くださっていました。

そして、その前にはアクティブガールの一人、
モモさんが訪問してくださいました!
素敵なお土産もありがとうございました!

続きを読む

メルボルンでの朝カフェ

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。

先週に引き続いてオーストラリア出張時に
訪ねた学校や出来事について書いていきたいと思います。

メルボルン滞在最終日は、4月25日の祝日アンザックデーでした。
この日は、朝メルボルンのカフェで現地に滞在中のお客さま方と
朝カフェをしました。

急なお呼びがけでしたので、2~3人位来てくださるのかは?
と思ってましたら結構大人数となり、びっくりしました。

お店の片方のテーブル日本人女子がわんさか、お店の
人も「・・・??」

現地にいらして間もない方、学校卒業してこれから
働くぞ~、ワーキングホリデーの方皆さん、現地での悩みや相談事で
お喋りに花が咲いてました。

今回イベントを現地で手伝ってくださったYukaさん、本当に有難うございました^^)
Yukaさんは、メルボルンに長くお住まいでして、現地で日本人と地元オーストラリア人とで
踊る「よさこいグループZEN」を運営されてます。

朝カフェにいらしていた数人のお客様も、メルボルンに長く住んでいる
Yukaさんに、英語の上達方法や「どうしたら学校以外の場所でオーストラリア人と
知り合うことができるのか?」ということを相談してました。

丁度その日Yukaさんはよさこいの練習に行く予定だったことから、
「よさこい踊りに来てみたら?ローカル居ますよ♪」

急遽Yukaさんの「一緒に来る?」と声がけで
朝カフェ解散後、一部の方々はよさこい踊りへ移動して行きました^^

メルボルンでこうしてご出発された
お客さまと少しの時間を共有できて、本当に楽しかったです。
そして、お客様同士で横の繋がりができて良かった、と思いました。

また機会がありましたら
いつか、朝カフェ、朝BBQ?開催したいと思います^^

今回の朝カフェはこちらのお店でした。
Manchester Press:

外資系エアラインでCAさんになりたい方、必見のコースをご紹介

こんにちは、ミクです。

タイトル通りですが、
海外の航空会社でキャビンクルーとしてのキャリアをスタートしたい方へ、
お勧めのコースをご紹介します。

敢えて海外の、外資系の、と書きましたが、
勿論日系のエアラインも目指すことが出来るコースです。
ご興味のある方、是非お付き合いください。

続きを読む

女性限定というところに惹かれた

<お名前>
N・Mさま

<渡航都市> ブリスベン

<学校名> インパクトイングリッシュカレッジ

●渡航都市を選ばれた理由は?
とても住みやすそうな街で行きたい学校がある都市だから

●留学を決定する前、特にどんなことで悩んでいましたか?
向こうの生活に慣れることができるか、留学後どうするかについてなど

●もし留学を決めていなかったら、今何をしていたと思いますか?
日本の大学に通っていた

●出発までに何か躊躇することはありましたか?
特にない

●アクティブウーマンを選んだ理由は?
女性限定というところに惹かれた

●もしご友人に弊社をご紹介いただけるとしたら、なんと言って紹介されますか?
とても親身になって相談に乗ってくれる

自分が思っているほど壮大な夢ではなく、誰でも トライできる身近さを感じられた

<お名前>
Yuiさま

<渡航都市>
バイロンベイ

<学校名>

ByronBay English Language School

●渡航都市を選ばれた理由は?

都会よりも、こじんまりした、でもその地域の特色があるようなところが良かったのでバイロンベイに決めました。
カウンセリングのときに、各都市の写真を見せて頂いて、惹かれたのも理由のひとつです。
不思議なのがセミナーに参加したときバイロンベイは全く候補になかったのに、
カウンセリングで都市を決めるときにバイロンベイ が急に気になりはじめたことです。
それから5分くらいでバイロンベイに決まりました(笑)

●留学を決定する前、特にどんなことで悩んでいましたか?

年齢のことや資金のこと。帰ってきてからの就職のこと。
落ちついて穏やかに働けているこの環境を捨ててまで挑戦したいことなのかの自問自答の日々でした。
ただ、もしこのまま今の会社で働いて結婚して子供を産んでとなったときに、やってみたいことを決断しなかったのは
自分の責任なのに、それを誰かのせいにしてしまう弱い自分がいるんじゃないかと怖くなったことがありました。
そうなったときに自分だけでなく、周りの大事な人も傷つけるようなことはしたくないと思い決断しました。
 

●もし留学を決めていなかったら、今何をしていたと思いますか?

ずっともやもやしたままキャリアを重ねていったと思います。やっぱりあのとき行っていればよかったと後悔して、
以前のように自分を責め続けていたかもしれません。

●出発までに何か躊躇することはありましたか?

来月出発ですが、準備費用が思っていたよりかかっているので
資金面で一年間いれるのだろうかと不安はあります。

●アクティブウーマンを選んだ理由は?

桜井さんのメルマガに登録したことがきっかけです。
ワーホリが自分が思っているほど壮大な夢ではなく、誰でも トライできる身近さを感じられたこと、
また海外で生活したいという漠然とした思いでも、きちんとした目標になるという言葉を目にして、
私でもトライできるのではと背中を押されたことが大きかったです。
お願いするなら絶対にアクティブウーマンさんだなと思いました。
あと、私自身がアクティブウーマンになりたかったので(笑)

●もしご友人に弊社をご紹介いただけるとしたら、なんと言って紹介されますか?

桜井さんのメルマガ読んでみて!留学するしないに関わらず、気持ちが前向きになれるから。と言って紹介すると思います。