2020年 6月 の投稿一覧

「旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない」

====================

2020年6月13日(土)はインパクト・イングリッシュの

留学説明会@オンラインです

====================

こんにちは、桜井です。

 

今日は東京は31度の予報です。まだ6月なのに真夏のような暑さ。

そろそろ梅雨入りも近いですね。

 

オーストラリアの国境が閉鎖されたのが確か3月中旬。

その直前にギリギリ滑り込んだお客様もいます。

 

もちろん、そのあとに、コロナのピークが来て、

学校が休校になり、オンライン授業になったりして

現地に行ってからが大変だった方も多いはず。

 

そんな中、まさにその状況をポジティブにとらえている

お客様から近況メールがありました。

 

Kさんはオーストラリアに渡航して3か月。

この3か月も「あっという間だった」と言っており、

そしてこのコロナ禍に居合わせたのも、何かの縁かな、と言っています。

 

この期間、多くの学校はオンライン授業になりましたが

対面授業を受けたい方は、学校が再開するまで休学扱いもできました。

Kさんはオンライン授業を受けずに休学することにしました。

 

彼女は今回のコロナで色々な事があったけど、

「結果的に強くなれた」と言っています。

 

彼女は学校を休学にしたあとに、ひとりでバックパッカーへ移動。

そこで出会った、スペインやフランスから来たカップルと出会い、

車でファーム探しの旅に繰り出すことになったそうです。

 

ワーホっぽくて楽しみ!と書いています。

 

Kさんはこれからファーム探しをして、そこでお金を貯めて

また学校に戻る予定だそうです。

 

お金もない、仕事もない、学校にも行けない、そんな「ないない」尽くしの中で、

それをしかも、自分の家族もいない、言葉も通じない海外で経験したことは、

彼女をとてつもなく強くしたと思います。

 

そして、この状況下にいる外国人同士は、かなり絆が深まったはずです。

みんなが「帰国しない」という選択をした人達です。

 

帰国便は毎週飛んでいますから、本気で帰国したければ帰れます。

ですが、帰らない、という道を選んだ。

 

 

帰国するのと、しないのと、どちらがいばらの道なのかは分かりません。

 

 

ですが、日本で想像するよりも、オーストラリアは明るい方向へ動いています。

人びとはビーチを散歩して、ピクニックして、トレッキングして、ヨガをして。

 

カフェにももう行けるし、学校も始まったし、飲食店が再開したことで、

少しづつ雇用も戻ってきています。

 

彼女はこの3か月で底辺を見たと思います。

 

ですが、「もう上にあがるしかない」と、ポジティブにとらえています。

そして、そういう経験をした人は、これからの人生でもずっと強くなります。

 

「あれに比べたら」という経験値があるから、何があっても乗り越えられます。

 

そして彼女が偉いのは

「何が起きるのかわからないからこそ
不安ですが、またワクワクもします。」

と言えること。これは素晴らしいと思います。

 

大変な経験は、その時は大変なんだけど、後になって

自分の経験として語ることができて、他の人の力になれます。

 

過去の自分と同じような状態に陥って不安な人に

「私も同じ経験したよ、大変だよね、分かるよ」と言ってあげられます。

 

2020年に海外にいて、外国人とロードトリップした、

という大冒険は、これから何十年たっても、一生忘れられない思い出です。

 

余談ですが、私も20代の頃に1年間ひとりでバックパックを背負って

旅をしていた時期があります。その時に、インドやネパールに3か月ほど

滞在したことがありました。

 

特にインドはもの凄い環境でしたが、大変だった、という記憶はあまり残っていません。

あるのは、何があっても「あれと比べたら」と思えるという経験値。

 

そして、人はなんとかなるもんだ、という人生観。

ピンチ!と思うと、必ず何かが起こる。誰かが現れる。

そんな偶然に支えられたことは数知れず。

それがあるから、何があってもなんとかなるよね、と思える。

そんなに悪いようにはならないもんだ、と思える。
何が起こるか分からないけど、どこかで自信がある。

これって一番必要なサバイバル能力なんだと思います。

 

村上春樹が書いていました。

 

「旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない」

 

乙女たちよ、旅に出よう。

 

===============

★オンナだらけの留学セミナー(オンラインで開催中!)

================

7つの街の紹介と、自分にあう街と学校の決め方、

留学に必要な予算、バイトや家の探し方など、

留学に必要な情報を全てお伝えします!

 

 

*セミナー後にカウンセリングも受けられます。

こちらもオンラインです。

 

留学セミナー予約はこちら

http://bit.ly/30rg0QB

 

個別相談の受付はこちら

http://bit.ly/30u1GXB

 

====================

★英語初心者におすすめ!全寮制食事つきの語学学校

====================

3食無料付きの語学学校。ビーチまで徒歩15分

常夏のビーチエリアでのびのび留学

 

学校詳細

http://bit.ly/2sy24Yv

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

★24時間メール相談はこちら

http://bit.ly/2W01DSS

 

★電話問い合わせ

Tel (03) 6805 1346

月~土 10:00~19:00 (日、水、祝休み)

対面カウンセリングは6月8日(月)から再開します。

 

====================

2020年6月13日(土)はインパクト・イングリッシュの

留学説明会@オンラインです

====================

こんにちは、桜井です。

 

 

緊急事態宣言が解除されましたが、セミナーは
引き続き全てオンラインで続行します。

対面相談は6月8日(月)から再開します。
直接会ったほうが安心な方は遠慮なくご来店下さい。

zoomによるオンラインは今後ずっと継続します。

 

 

先日政府が、オーストラリアを含む感染者数が少ない国4か国への
ビジネス目的による往来の条件案を発表しました。
その渡航条件で、

 

PCR検査を日本で事前に受けて陰性証明書をもらう。
現地での行動計画を提出
豪州大使館で審査。審査に通過すれば渡航。
到着後に再度空港でPCR検査
それでOKなら、なんと入国時の待機を免除する方針です。

ビジネス目的の次は、「留学目的」という段階になるはずですから

これが成功すれば、留学生も入国後に隔離される必要がなくなる可能性もあります。

 

PCR検査の普及がカギとなります。現在の日本では無症状の人は

検査を受けることができません。

今後は、渡航者向けの専門外来を作るなどを考えているそうです。

 

 

話はかわり、

「明治のおいしい牛乳」の青いパッケージは誰もが見たことあると思います。

そのデザイナーさんの話で、2つシェアしたいことがあります。

 

まず1つ目。

 

彼は美大に入学しましたが、その時に、

「何かを本気で目指すやつらが集まる場所は

それまでの人生にはなかった。スイッチがはいった」と言っています。

 

 

これを読んで思ったのは、海外留学のこと。

高校、大学までは、なんとなく進学している人たちの集まりです。

 

何かを学びにここに来た!という人はほとんどいないと思います。

 

ですが、語学学校へ行くと

 

英語を話せるようになりたい、という明確な意思を持ってきています。

 

英語なんて、出来てもできなくてもいいけど、

なんとなく入学してみた、という人はいないと思います。

 

「英語」という明確な目的をもって集まるので

だから刺激しあい、出来る人に憧れ、助けあう仲間ができるんだと思います。

 

 

そして、2つ目はこれ。

 

 

明治の牛乳は本当は真っ赤なパッケージを予定していた。

けれど社内から

 

「牛乳は清潔な青がいい」

 

という声があった。

 

試しに青で作ってみたら「お!いいじゃん!」と自分でも気に入った。

 

あっさりと自分の最初の意見を変えて青にしたらすごく売れた。

 

「自分のカタチなんてどんどん変わって構わない」

 

と彼は言います。

 

これもいいな、と思いました。

 

自分を変えない、というのはかっこよく聞こえるかもしれませんが、

良くなる可能性も見えなくなる、ということです。

 

人の意見も聞いて、やってみたら「お、いいじゃん!」という

こともよくあることです。

 

 

余談ですが、私はひらひらした服が苦手です。なんだか落ち着きません。

 

ですが、オーストラリアでミュージカルを急に見にいくことになり、

ドレスコードにあった服がなかったので、

友達と一緒に探しに行ったことがありました。

 

 

「絶対似合うから!」と友人に強引に試着を薦められ、

ひらひらドレスを買ったことがありました。

 

 

その晩はサイズのあわないロングのサマードレスを引きづって、

ちょっといつもの自分とは違う気分であったことは確かです。

 

たまには人が選ぶ服を着るのも面白い、

絶対に似合わない、と決めることもないな、と思いました。

 

 

お正月の福袋。中には何が入っているのか分かりません。

開けてみたら自分では選ぶことのない色の

ジャケットとバッグが入っていました。

 

お得だからまあいっか、と割り切りましたが、

10年以上前に買ったこの2つ。いまでもかなりの

ヘビロテで愛用しています。

 

 

髪型もそうですが、きっと似合うよ、と人から言われたら

なんでもやってみる、という好奇心も大切です。

それで新しい自分を発見できたら、可能性が広がります。

 

 

話は戻りますが、

私は絶対こうする、と決めたことを維持する必要はないと思います。

 

特に海外では「最初に決めた予定」なんて何の役にも立ちません。

だって、出会いが多いし、その計画を決めた時の自分から

どんどん変わっていくから。

 

人って変わるんです。去年と今年の自分も違います。

10年前と同じ友達、同じ生活、という人は少ないと思います。

 

海外ではなおさらです。

日本にいた頃よりも、変化や新しいことの吸収が

半端なスピード感ではありません。

 

 

だから、先の分からないストーリーを楽しんじゃって下さい。

 

そうやってオープンになんでもトライしてみたほうが、

1年後に遠くまであなたを運んでくれますよ。

 

 

明日は留学セミナーです!