オーストラリアのワーキングホリデー

ワーキングホリデーは、海外x留学x旅行のエッセンスが少しずつ入ったものです。

多彩な文化を持つオーストラリアは、ワーキングホリデー滞在先として絶大に人気を誇っています。
アルバイトの賃金が高いこと、最大3年間滞在できることなど、ワーホリを検討する上での魅力はたくさんあります。

ここでは、オーストラリアのワーキングホリデー事情を詳しく解説します。

ワーホリを検討する際に押さえておくべきポイントのメリット・デメリットから、仕事、ビザ、費用や予算、よくある質問まで幅広くお伝えします。

 

Contents

ワーキングホリデーとは?

ウィキペディアによると、ワーキングホリデーは以下のように定義されています。

 ワーキング・ホリデー (英語: Working Holiday)とは、2国間の協定に基づいて、青年(18歳?25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。原則として、各相手国ごとに一生に一度しか利用できない。

wikipediaより引用
ワーキングホリデー協定は国と国との間の約束です。
相手国の文化を体験しながら、旅をしたりアルバイトをしたりして1年間過ごすことができます。
日本が加盟国として協定を結んだのは、オーストラリアが最初の国で一番古く1980年となり、オーストラリアと日本との間の協定は、40年以上度続いています。

オーストラリアのワーキングホリデービザは、18歳~30歳の方が取得できるようになっており、最長4ヵ月(17週間)まで語学学校へ通う事も出来ます。

ワーキングホリデーメーカーは1年間滞在する場合がほとんどですが、その中でどの町に住んでも、途中でお引越しをしても、定住せずに旅をし続けても、半年で帰国してしまっても、好きにアレンジすることができる夢のようなビザです。

大学生がギャップイヤーを使ってワーキングホリデーに行くことも可能です。

学生ビザと異なり、就業時間の制限なくフルタイムで働くけることも大きな魅力です。
好きなだけアルバイトをすることができ、何をして働くのも自由、働かないのも自由。
とにかく若い人にだけ与えられた、特別な権利なのです。

ワーキングホリデーでできること、楽しみ方

オーストラリアのワーキングホリデーは、フルタイムの仕事、パートタイムの仕事、ボランティアの仕事、またはまったく仕事をしないという選択肢もあります。

好きなだけ、または少しだけ自由に仕事をすることができるので、海外生活の1年を好きなようにカスタマイズできてしまいます。

そのため、アルバイトをしてお金が貯まったら、オーストラリア国内好きなところに旅に行くことができるという夢のような生活を送ることができます。

ワーキングホリデーは、決して忘れることのできない新しい経験、新しい友情、新しい視点を得ることができ、そして何にも代えがたい思い出ができます。

 

収入を得ながらオーストラリア生活を満喫できる最高のビザ!

ワーキングホリデーの魅力はやはり、フルタイムで就労でき、収入を得ながらオーストラリアの生活を満喫できることです。
お金に余裕の有る場合は仕事をしないという選択肢もありますが、現地で働くことは、収入以外にも経験できる幅がはるかに広がります。

学生ビザで留学した場合も、アルバイトは可能ですが、週20時間までしか働くことはできません。ワーホリビザではフルタイムでしっかり稼ぐことができます。

オーストラリアは世界的にみても賃金が高いことも魅力のひとつです。

ワーキングホリデーは、ひとつの場所に留まっている必要がありません

ワーキングホリデービザは、学校は最大4カ月、仕事も同じ雇用主の元で働くことができるのは最大6カ月です。
学校を卒業したら、6ヶ月間働いたら、他の都市に移動ができます。

そのため、いろんな場所に行くのが好き!旅行が好き!というアクティブな方には向いています。
一つの場所で暮らして、じっくり仕事してと言う場合は学生ビザをおススメします。

ワーホリメーカーの友人がたくさんできる

同じようにワーキングホリデーで留学にきている人たちから
例えば、

うちのレストラン求人募集してるから来ない?
セカンドビザ取りに来月からファーム行くけど一緒に行かない?

などのお誘いがよくあります。
いろいろな場面で多くの友人ができるでしょう。

 

ワーキングホリデーのメリット

最大3年まで滞在可能

オーストラリアのワーキングホリデービザは最長3年間の滞在が可能になっています。

日本とワーキングホリデー協定を結んでいる国は26か国ありますが、そのほとんどが最大1年間しか滞在ができません。

しかし、オーストラリアは最大3年間ワーキングホリデービザでの滞在が認められています。
そのため、できるだけ長くオーストラリアにいたい!海外で生活したい!という方には特におすすめです。

多国籍の同僚と英語を活かして働くことができる

オーストラリアは、多国籍国家なので様々な国籍の人々が暮らしています。

そして、ワーキングホリデー先、留学先としても人気の高いオーストラリアは世界中からの留学生がいます。

そのため、アルバイト先では現地のオーストラリア人以外に多国籍の人々と同僚になることができ、様々なアクセントに触れながら仕事をすることができます。

自由なオーストラリア生活を送ることができる

ワーキングホリデーは30歳未満で1年間の滞在が可能ということしか条件がありません。

その期間はとにかく自由なので好きなようにカスタマイズして生活していきます。

例えば、アルバイトをして、お金が貯まったら旅をして、好きな街に引っ越しも可能です。
オーストラリア人と同じように現地の生活というものを送ることができます。

オーストラリアで働いてみたいという方がほとんどですが、予算さえあれば働かなくても良いんです。

自分に自信がつく

ワーキングホリデーに行かれる方は英語初心者の方がほとんどだと思います。

英語初心者からスタートし、現地で生活をしながら学校に通って英語を勉強し上達させて、現地で英語で仕事をするという生活を約1年間続けると不思議と自信がついてきます。

日本では普通のことかもしれませんが、誰も知っている人がいないが海外で生活をするというだけですごいことです。

最初は英語を話すことさえ抵抗があったのに、英語でオーストラリア人相手に接客するということが当たり前になってきます。

ワーキングホリデーのデメリット

年齢制限がある

ワーキングホリデーには、18歳~30歳までと年齢制限があります。
そのため、すでに31歳以上の場合はワーキングホリデーを使うことができません。

しかし、だからといって諦める必要はありません。

学生ビザで渡航することが可能です。
オーストラリアの学生ビザは、週20時間までと制限はありますがアルバイトができるので学生ビザでしっかり英語を学びながら、アルバイトをして現地生活を送れます。

英語力を十分につけることができない

ワーキングホリデービザは、学校に通える期間が最大4カ月(17週間)となっています。

英語初心者の方であれば、ようやく相手の言っていることが理解できるようになって、自分の言いたいことがきちんと伝えられるようになって楽しくなってきたきた頃に卒業になります。

そのため、日常会話で困らないことがないというまでの英語力を十分につけることができません。

ワーホリで人気の仕事・時給

ワーホリメーカーに人気があるのは、やはりカフェでの仕事です。

レストランやカフェでのウェイトレス、キッチンハンドと呼ばれるキッチンのお仕事や、ホテルでのベッドメイキング、英語ができればホテルのレセプションなど接客業務や、マッサージなども人気があります。

アルバイトの時給は、平均的に日本よりもオーストラリアの方が良い傾向にあります。
こちらも働くエリアやオーナーによって時給は異なりますが、大体の金額は以下のようになっています。

  • アジア系の飲食店 $12~$18
  • ローカルの飲食店 $16~$20

オーストラリアの仕事・アルバイトの探し方

ワーキングホリデービザの特徴と条件

オーストラリアのワーキングホリデービザの特徴はざっと以下の内容です。

  • 年齢制限は18~30歳まで人生に1度だけ申請することができる
  • 同一雇用主の元で最長6ヶ月間の就労が可能
  • ビザの有効期限は1年間ですが、最大3年まで申請が可能※
  • 学校に通えるのは最大4ヶ月間

セカンドワーキングホリデーサードワーキングホリデー制度を利用することで、最長3年間滞在することもできます。

ビザを申請するために特別な必要な資格などは全く必要ありません。

ワーホリビザと学生ビザの違い

学生ビザとの違いを確認しておきましょう。
学生ビザと大きく異なるのは、年齢制限とビザ有効期間、就学条件と就労条件です。
就業時間の制限なくフルタイムで働くけることは大きな魅力です。
これらの条件を踏まえてワーホリビザで留学するかどうかを決めるようにしてください。

ビザ種類ワーキングホリデービザ学生ビザ
正式名称Working Holiday VisaStudent Visa
サブクラス417500
有効期限1年間なし
最大滞在期間1年間
※期限内の出入国は可能。但し出国期間も有効期限内にカウントされます。
3ヶ月以上〜5年以内
就学期間17週間(最大4ヶ月)の就学が可能18週間以上
就学条件なしフルタイム(週20時間以上)で受講
対象年齢18〜30歳6歳以上
就労条件同一雇用主のもとでで最長6ヶ月間週20時間まで
申請できる場所オーストラリア国外オーストラリア国外
申請料金$495$620
ビザ延長条件によるセカンドビザ・サードビザの取得が可能可能
家族同伴不可可能

 

ワーキングホリデービザの申請条件

憧れの海外でアルバイト。ワーキングホリデービザ取得は簡単です。
憧れの海外でアルバイト。ワーキングホリデービザ取得は簡単です。

ワーキングホリデービザを手に入れるには、年齢制限を含むいくつかの条件があります。
まずはそちらについて解説します。

①ビザの年齢制限について

ワーキングホリデービザには申請時の年齢制限があります。
具体的には、申請時に18歳以上30歳以下である必要があり、31歳のお誕生日が来るまでに発給を受けておく必要があります。
ビザさえ取得しておけば、出発時に31歳になっていても問題ありませんが、ビザ自体の有効期限は1年間なので、ビザが発給されたあと1年間渡航しない場合は自動で無効になってしまう仕組みです。
発給から1年以内に渡航すれば、オーストラリアに到着した日から1年間、現地に滞在が可能です。

②ビザの有効期限について

オーストラリアのワーキングホリデービザは、1年間現地に滞在することができ、条件により3年間に延長することが可能です。
この1年間というビザの期間内は、オーストラリアへの出入りが自由です。例えば途中で友達の結婚式があったりして日本へ一時帰国した後でも、またオーストラリアへ戻ることが出来ます。
出発から数か月で完全帰国することもできるので、絶対1年間いなくてはならないビザではありません。途中で他の国へ行く事もできる、本当に自由度の高いビザです。
ただ、オーストラリアから出ている期間もビザの有効期限としての時間は進んでいるので注意が必要です。
例えば6か月間オーストラリアで滞在した後、1ヵ月日本にいた場合。残っている期間は6か月ではなく、5か月になります。ご注意ください。

③ビザの発給条件について

ビザの発給を受ける条件として、心身健康であることや、扶養する子どもが同行しないというものもあります。
そのビザの申請自体についてなのですが、こちらはインターネットで申請が可能となっています。

アクティブウーマンでは、語学学校のご手配をご依頼くださった方に無料で申請代行を行っています。ワーキングホリデービザの申請費用である$495だけで申請が可能です。
こちらのA$495は、ビザ申請時に登録するクレジットカードから、オーストラリア移民局が直接引き落とす金額になっていますので、ご自身で申請されてもかかるお金です。

代理店によってビザ費用が違う?

有料代理店さんの中には、移民局から引き落としとなるA$495とはまた別に、数万円の申請代行費用を頂いているところもあります。もしそのような代理店さんに依頼をご検討中の方は、お見積もりに書かれているその金額が「ビザ自体」の費用なのか、それともビザの「申請代行」費用なのか、しっかりとご確認されることをお勧めします。

ワーキングホリデービザの申請費用

オーストラリアのワーホリビザの申請費用
オーストラリアのワーホリビザの申請費用

ワーキングホリデービザの申請費用は$495です。
レートによって値段の変動はありますが、1ドル75円で計算した場合¥37,125となります。
$495は、ビザ申請時に登録するクレジットカードから、オーストラリア移民局が直接引き落とす金額になっています。

ワーキングホリデービザの申請方法について詳しくは以下のページをご確認ください

オーストラリアのワーキングホリデービザ申請方法

2年目のセカンドワーキングホリデービザ

ファーストビザの後に取得ができるセカンドビザは入国日から2年目の滞在が認められるビザです。

セカンドビザの申請条件は、年齢制限はファーストビザと変わらず18歳~30歳までとなっています。
3カ月以上政府指定の季節労働をするという条件が加わります。

セカンドワーキングホリデービザ申請条件

対象年齢18歳~30歳
申請料金$495
有効期限1年間
最大滞在期間1年間
※期限内の出入国は可能。但し出国期間も有効期限内にカウントされます。
季節労働政府指定の地域にて最低3ヶ月(88日間)以上の季節労働に従事した証明書類
オーストラリア国内で申請した場合ビザ発給日までオーストラリア国内に滞在していること
オーストラリア国内でビザ申請した場合ビザ発給日までオーストラリア国外に滞在していること
就学期間17週間(最大4ヶ月)の就学が可能
就労条件同一雇用主のもとでで最長6ヶ月間までフルタイムでの労働が可能
※季節労働の場合は6ヶ月以上可

セカンドビザについて詳しくは以下のページをご確認ください

2年目のワーキングホリデーが可能なセカンドビザとは?

3年目のサードワーキングホリデービザ

以前まではセカンドビザまででしたが、2018年11月からサードビザの取得が可能になりました。

ワーキングホリデービザでの滞在期間を最長2年間から3年間に延長するというものです。

セカンドビザの後に取得ができるサードビザは入国日から3年目の滞在が認められるビザです。
サードビザの申請条件は、年齢制限はファースト、セカンドビザと変わらず18歳~30歳までとなっています。
政府指定の季節労働期間が6カ月間となります。

サードワーキングホリデービザ申請条件

対象年齢18歳~30歳
申請料金$495
有効期限1年間
最大滞在期間1年間
※期限内の出入国は可能。但し出国期間も有効期限内にカウントされます。
季節労働政セカンドワーキングホリデー期間中に政府指定の地域にて最低6ヶ月以上の季節労働に従事した証明書類
オーストラリア国内で申請した場合ビザ発給日までオーストラリア国内に滞在していること
オーストラリア国内でビザ申請した場合ビザ発給日までオーストラリア国外に滞在していること
就学期間17週間(最大4ヶ月)の就学が可能

一定の条件を満たせば得られる3年目のサードビザとは?

ワーキングホリデービザ申請に必要なもの

ImmiAccountImmiAccountは、オーストラリア移民局が運営しているビザに関する手続きができるオンラインサービスです。
ワーキングホリデービザを申請する際に、ImmiAccountの作成が必須となります。
パスポートパスポートは渡航する前のビザを申請する際に必要となります。
そのため、パスポートをお持ちでない方はパスポート発行をして下さい。
パスポートをお持ちの方は有効期限を確認して下さい。
有効期限が半年以上残っていれば渡航はできますが、1年未満の場合はパスポートの更新をおすすめします。
ワーキングホリデービザは、お持ちのパスポート番号と紐づいているのでパスポートが変わると情報を変更する手間がかかります。パスポートの取得、申請費用、現地での更新方法
クレジットカードワーキングホリデービザの申請料金はクレジットカード決済のみとなります。クレジットカード、デビッドカード、PayPalなどで支払いすることができます。
Visa, MasterCard, American Express, Diners Club International, JCBが使用可能です。
また、本人名義でなくても大丈夫です。
パソコン2019年4月からパスポートコピーと英語で記載されている残高証明の提出が必須となりました。
そのため、ファイルのアップロードが必要ですのでネット環境が良いところで原則パソコンで申請しましょう。
メールアドレスワーキングホリデービザ申請後、移民局からPDFでファイルが送られてきます。そのため、メールアドレスが必要になります。携帯キャリアのメールアドレスだと、ファイルが見にくいのでGmail、Yahoo mail、iCloudなどのフリーメールアドレスのほうが望ましいでしょう。
お持ちでない方はネットから簡単に作成できますので、作成されることをおすすめします。

eVisa申請の流れ・手順

ImmiAcountを作成する

ビザ申請はオンラインで行います。
まずはオーストラリア移民局のサイトへアクセスし、アカウントを作成し、進めていきます。

詳しい手順は、ビザ申請方法のページをご覧ください。

ビザ申請フォームに入力する

移民局のワーキングホリデービザ申請ページで、申請します。
全て英語での入力となります。

ビザが発行される

申請内容が受付られ、問題がなければ48時間~10日以内に、登録したメールアドレスにVGN(Visa Grant Notification )が届きます。
13ケタの番号があなたのビザ番号です。
そのメールをプリントアウトしてパスポートと一緒にもっていて ください。
これは eVisa となります。パスポートにシールを貼ったり、書類などの郵便物が大使館から届くことはありません。ご注意ください。

詳しい手順は、ビザ申請方法のページをご覧ください。

ワーホリビザの注意事項

ワーキングホリデービザの有効期限はビザを取得してから1年間ではありません。
ビザを取得してから1年以内に渡航しなければいけません。渡航してからようやくカウントが始まり、渡航日から1年間がワーキングホリデービザの有効期限となります。
ビザの申請は渡航日がある程度決まってからのほうがいいでしょう。

半角で入力が必要?

ビザを申請する際は移民局のサイトから行いますが、入力するときは必ず半角英数で入力してください。全角で入力すると次へ進まない場合もあります。

ビザ申請は非常に重要なものですので、入力した内容にミスがないか確認を行ってください。
確認事項の英訳を記載してますので、そちらと照らし合わせながら回答を行ってください。
生年月日や住所、パスポート番号など間違った情報を入れてしまうと訂正に時間がかかり渡航が遅れてしまう場合もあります。

また、申請後に移民局からの追加書類や健康診断のリクエストなどのメールがくる場合もあるのでメールのチェックは行いましょう。

ワーキングホリデーに必要な費用

オーストラリアにワーキングホリデーで行く場合の留学費用の相場は135万円です。

学校17週+ホームステイ4週の場合

※金額は1ドル75円で計算した場合

費用内訳予算
学校+ホームステイ約65万円
ホームステイ退出後の生活費約30万円(10万円×3か月)
保険12か月約17万円
片道航空券約8万円
生活費(仕事が見つかるまで)約15万円
合計約135万円

 

3つの事例で解説!留学費用シミュレーション

  • 学生ビザより費用が抑えられるワーキングホリデー

    オーストラリア留学に必要な初期費用(留学前に準備する費用)は、ワーキングホリデーで行く場合、学生ビザで行く場合とでは大きく異なります。ワーキングホリデービザで1年間留学する場合について詳しく解説しています。

    ワーキングホリデービザで1年間留学する場合

ワーホリおすすめの都市

渡航都市はどんな留学生活を送りたいかで決めていきます。

特にワーキングホリデーの方は、移動が自由なので最初の渡航先は学校に通う場所になります。
その場所で学校に通い、友だちを作るので生活の基盤になります。

ケアンズ

日本から一番近いオーストラリア北の玄関口であるケアンズは、自然が多くファームへのアクセスがしやすいです。
そのため、セカンドビザやサードビザの取得を考えているワーホリメーカーの方にはおすすめの都市です。

ケアンズ留学の魅力と人気の理由はこちら

シドニー

オーストラリア最大の都市であるシドニーは、ビジネスと流行と観光の活気があります。
仕事の数も他の都市に比べてたくさんあります。

そのため、仕事がメインとなるワーホリメーカーの方にはおすすめの都市です。

ただ、シドニーは非常に家賃物価が高いので予算がなく英語力もない状態でシドニーに飛び込んでもなかなかお金が貯まらないので注意が必要です。

シドニー留学の魅力と人気の理由はこちら

メルボルン

シドニーに次ぐオーストラリア第2の都市であるメルボルンは、移民が非常に多く140か国以上の人種の人々が生活していると言われています。

そのため、多国籍の人々と話してみたいや様々な文化に触れてみたいという方にはおすすめの都市です。
そして、ワーホリメーカーの方が一度は憧れるカフェでの仕事の数が多いのもメルボルンです。

メルボルン留学の魅力と人気の理由はこちら

 

ワーホリでよくある質問

Q1.学校行ったほうがいいんですか?普通何カ月いくんですか?

必ず学校に行かないといけないという決まりはありませんが、学校に行って少しでも英語力をつけることで働くことができるアルバイト先の幅が広がります。

英語力初心者の方が学校に行かずに働くことができるのは、ジャパレス(ジャパニーズレストラン)と呼ばれる日本食レストランがほとんどです。
せっかく、オーストラリアにいるのだからローカルで働きたいという方がほとんどです。
ローカルで働ける英語力をつけるのは、やはりワーキングホリデーで通える最長の4カ月(17週間)学校に通われることをおすすめします。

Q2.英語話せるようになりますか?

はい、英語は話せるようになります。

語学学校卒業後、帰国後にはワーキングホリデーに行く前の自分の英語力からは想像できない程の英語力がついています。
ぜひ楽しみにされてください。

Q3.日本人が少ないのはどこですか?

どこの都市にも日本人留学生はいますが、バイロンベイパースは比較的日本人が少ないと言われています。
しかし、日本人が少ないからといってバイロンベイやパースに飛び込んでも英語力がないとなかなか仕事が見つからないので注意が必要です。

Q4.生活費はいくらもっていけばいいんですか?

ワーキングホリデービザで最長4カ月間(17週間)学校に通う場合は、通常1カ月間は滞在手配を学校に依頼します。

そのため、残りの3か月間分の生活費として30万ほどあると良いでしょう。
ただ、大金になるので現地で銀行口座を開設し、日本にいるご家族に送金を依頼したりインターネットバンキングで送金されることをおすすめします。

送金が完了するまでのお小遣いとして、5~6万円現金で持っていかれると良いです。

Q5.部屋はすぐ見つかりますか?

部屋はすぐに見つかります。
オーストラリアのシェアハウスの数は学生の数よりも多いと言われています。
特に都心であれば簡単に見つかります。

オーストラリアでシェアハウスを探す方法