海外生活の実現にかかる費用について解説します

オーストラリアにワーキングホリデーに行きたいけれど、どのくらいの費用がかかるのか気になりますよね。オーストラリアは物価が高いイメージがあるので、費用が多く必要なのではと心配になる方もいらっしゃるでしょう。そこで、この記事ではオーストラリアへワーキングホリデーに行くために必要な費用について紹介します。具体的な費用を把握することで、計画が立てやすくなりますよ。

オーストラリアのワーキングホリデーにかかる費用

航空券代も都市によって様々です

オーストラリアのワーキングホリデーにかかる費用は大きく分けて4つです。それぞれの詳細について解説します。

渡航費用

まずはオーストラリアへ向かうための渡航費用です。

  • 航空券代金:8~15万円
  • 海外留学保険:20万円前後
  • ワーキングホリデーのビザ申請費用:約5万円

合計30~40万円かかります。この費用はワーキングホリデーに出発するまでに日本で支払うことが多いです。

留学会社

初めて海外生活の場合、留学会社に必要な手続きを依頼するのが一般的です。ビザ申請、空港出迎え、現地滞在先の手配などを任せます。英語力が不安な場合は最初の4か月に語学学校に行くことも許可されています。

語学学校

オーストラリアのワーキングホリデーでは、最初のうちは語学学校に通いながら働いている人が多いです。なぜなら、英語力を身に付けるだけでなく、現地での知り合いを増やしてワーホリをより楽しめるからです。

語学学校に通う場合に必要な費用は次の3つです。

  • 入学金:2~3万円
  • 学費:月額約15万円
  • 教材費:週1,500円程度

英語の能力別にクラスが分けられているので、ワーホリの仲間を作って海外生活でも楽しく過ごせるきっかけになるでしょう。

生活費

オーストラリアへ渡航した後にかかる生活費は、家賃・食費・交際費・交通費などを合わせると、10~15万円です。オーストラリアに到着してすぐに働くことは難しいため、1~2か月分の生活費は予め持っておくと安心できるでしょう。オーストラリアは時給が21ドル以上の国ですから、仕事を見つけてしまえば生活費はすぐに現地でカバーできます。

初期費用として100万円は準備しておくことがおすすめです。なるべく初期費用は安くしたい、早く行きたいから貯金している時間がもったいないなどと感じるかもしれませんが、万が一の時のために余裕のある資金計画を立ててくださいね。

格安でオーストラリアのワーキングホリデーに行く方法

海沿いの地域は家賃物価も比較的抑えられます
海沿いの地域は家賃物価も比較的抑えられます

できるだけ初期費用を抑えて、オーストラリアへワーキングホリデーに行くためのコツを3つ紹介します。

滞在費の安い場所に暮らす

日本も同じですが、東京で暮らすのと沖縄で暮らすのでは生活物価が全く異なります。日本は地方で時給も異なりますが、オーストラリアの良いところは時給は全国同じでも、生活物価は地方のほうが断然安いため、実際に貯金が出来るのは地方となります。

クイーンズランド州と呼ばれるエリア、ケアンズ、ゴールドコースト、ブリスベンなどは比較的生活物価が安いです。

食事つきの寮やホームステイに住む

初期費用を抑えたい場合、やはり食費を節約するのがおススメです。

ホームステイや、食事付の学生寮に暮らすと食費の心配がないのでこれだけでかなり支出は抑えられます。

バイトの賄いを利用する

外食は時々がGOOD。自炊をして食費を抑えましょう。
外食は時々がGOOD。自炊をして食費を抑えましょう。

オーストラリアで一番高いのは外食です。そのため多くの学生は自炊していますが、さらに便利なのは飲食店でバイトをすると、余りものをただでもらってくる学生がほとんど。

また、賄いも出るのでほとんど食費がかかりません。

ワーキングホリデーを失敗しないために

せっかくワーキングホリデーに行くのに、日本に帰国してから「何をしていたんだろう」と後悔してしまったらもったいないと思いませんか。そのために失敗しないためのポイントを紹介します。

語学学校に行く

学校にも行かず、英語も出来ず、バイトも探せず、となると、部屋にこもって出費を防ぐだけの生活になってしまいます。これでは何をしに来たのか分かりません。

また、英語は働きながら友達を作って覚えればいい、という人がいますが、その友達は英語が話せないと作れません。英語は全ての基本です。たった1年しかないビザです。学校へ行くのが一番効率がいいです。そのための初期費用はしっかりと貯めて、英語が初級の人こそ学校で友達を作って、ワーホリの基盤を作ってください。

何事も楽しもう!

ワーキングホリデーは年齢制限があることからも分かるように、若い人の特権です。

だからこそ、たくさんの経験をして、逆境を乗り越えて、強くなって帰ってくるチャンスがたくさんあります。現地にいって何か選択肢が出てきたら、常に選ぶのは

「面白いほう」

この一択です。やったことがないから、、、こそやってみよう!

この精神でいれば、1年後は見違えるように、なんでも自分で対処できる性格になりますよ。

初期投資をしっかして、充実した時間を過ごしましょう!
初期投資をしっかして、充実した時間を過ごしましょう!

<関連情報>オーストラリアのワーキングホリデー情報