ケアンズ留学を検討する場合、周りの環境を知ることが大切です。

まずは、ケアンズ留学がおすすめとされる理由を紹介します。

常夏の温暖な気温で過ごせる

ケアンズは、常夏の温暖な気候で年間の平均最高気温が29度と高いです。

夏は25?30度の温かい気温で、冬は17?25度の涼しい気温の中で快適に過ごせます。

夏には、年間総雨量の約2,000mm相当の雨が降りますが、年間を通してみれば晴れの日の割合が多く、外でのマリンレジャーやアクティビティをいつでも楽しめます。

大自然を堪能できる

ケアンズでは、緑と海の割合が多く、大自然を堪能できます。

世界で最大のサンゴ礁地帯の綺麗な海が広がるグレートバリアリーフや世界遺産の熱帯雨林である緑が豊富なキュランダなどがあり、自然を身近に感じながら過ごすことが可能です。

さまざまな動植物とも触れられる「ケアンズワイルドライフドーム」や、海沿いに延々と伸びる「エスプラネード ボードウォーク」があり、海を見ながら散歩したり、多くの自然のアクティビティが楽しめます。

オーストラリアの中では日本から一番近い玄関口にある

オーストラリア北東部の位置にあるケアンズは、オーストラリアの中では、日本から一番近い玄関口にあります。

成田や大阪からケアンズに行く場合であれば、直行便なら7時間30分で渡航することが可能です。

ケアンズは成田空港からほぼ真っすぐに南下した場所のため、日本の時差は1時間程度で、短期留学の際にも体調のことを気にせず通えます。寒さが苦手な方にもおすすめです。

ケアンズ留学のメリット6つ

ケアンズではリゾート気分を味わえます。
ケアンズではリゾート気分を味わえます。

ケアンズは、大自然や都市の環境面からリゾート地として多くの留学生に人気の場所です。

オーストラリア留学を検討する方は、ケアンズのメリットを把握しておきましょう。

治安が良く初の留学でも安心できる環境

治安が良くてのんびりと過ごせます。
治安が良くてのんびりと過ごせます。

ケアンズは、主要都市の中でも特に治安が良いです。のんびりした土地柄で、ローカルの人たちが多く、近隣の人たち同士の知り合いが多いためです。初の留学でも安心できる環境といえます。
ですが、日本での生活と注意点は同じです。
深夜の暗い道は一人で歩かず、街での飲酒で酔っぱらって外で寝たりする風景は、海外ではまずみません。あくまで海外であることを、しっかりと認識しておきましょう。

生活費が安く留学の費用を抑えられる

ケアンズでは、オーストラリアの他の主要都市と比べると物価が安く、生活費を安く抑えられます。

品目オーストラリア(豪ドル)日本(円)に換算:$=75円
$3.20約240円
ジュース$3約225円
たまご(12個)$4約300円
牛ミンチ(500g)$7約520円

上記のようにケアンズでは、オーストラリアの中では安く購入できる商品が多いです。

その他のお肉や野菜、フルーツ、飲料水なども安くで購入できます。

また水や食品などは、コンビニで買うのは観光客だけで、ローカルは大型スーパーでまとめ買いしますので、全体的に日本よりも安く生活できます。なんでも大型なので、ルームメイトと食材をシェアすれば、食費を安く抑えられます。

英語力がなくても安心できるアットホームな環境

アットホームな環境で学べます。
アットホームな環境で学べます。

ケアンズは、日本人の観光客や留学生の比率が高いため、英語力がなくても安心できるアットホームな環境で過ごせます。

特に英語力があまりなく、話すことが難しい段階の方でも日本人が集まるコミュニティや日本語のサイトから日本語で知りたい情報を入手することが可能です。

現地の方もフレンドリーで親しみやすい方が多いため、少しの英語しか知らなくても、不安なく過ごせます。

日本食を探しに回る必要もなく、アジアンスーパーや日本食レストランなどがそろっているため、滞在中の和食には困りません。日本から何も持っていかなくても大丈夫です。

ダイビング・マリンスポーツが楽しめる

ダイビング・マリンスポーツを堪能できます。
ダイビング・マリンスポーツを堪能できます。

ケアンズでは、ダイビング・マリンスポーツが楽しめることから観光客に人気です。

自然が豊かな場所のため、体験ダイビングやシュノーケリング、スタンドアップパドル、フィッシング、クルーズなどさまざまな方法で楽しめます。

アクティビティが好きな方はケアンズでのダイビング・マリンスポーツをぜひ経験してみてください。週末2回あれば、ダイビングのライセンスを取得することができます。日本語のダイビングレッスンもあります。

観光系のアルバイトができる

自然が豊富で観光客が多いケアンズは、観光系のアルバイトの種類も多く、日本人の方に対して接客する仕事も多くあります。

そのため、英語力がなくてもアルバイトができる可能性が高いです。

主にお土産屋さんやホテル、飲食店でのアルバイトが経験できます。

ケアンズでの観光系アルバイトは、ホスピタリティに関する仕事に就労したい方にとって良い経験となるため、おすすめです。

交通機関はバスの移動が便利

ケアンズでは路線バスでの移動がおすすめ。
ケアンズでは路線バスでの移動がおすすめ。

ケアンズで主に利用されている交通機関は路線バスです。電車はありません。

移動は、クイーンズランド州政府機関「TransLink」が運営するSunnis社の路線バスがメインとなり、利用しやすくて便利です。

路線バスのルートは、地域ごとに分けられており、1?10・20の11通りあります。

利用したルート数によって運賃が決まることとなっており、支払いは現金のみです。

利用方法は以下の通りです。

1.バスの運賃を支払う現金を用意する
2.乗車したら運転手に行き先を伝える
3.運賃を用意した現金で支払う
4.目的地周辺にきたらSTOPボタンを押す

上記のようにバスに乗ったら先に行き先を伝えて、先に運賃を支払うこととなっています。

学生割引も利用可能

条件を満たしていれば、高等教育機関の学生(大学・専門学校など)でも学生割引が適用され、安くで路線バスを利用できます。

学生割引の条件としては以下の通りです。
・クイーンズランド州に住んでいること(ケアンズも含まれます)
・12週間以上のフルタイムのコースを受けていること
・乗車時にクイーンズランド州の学生証の提示※
・AQF(Australian Qualification Framework)の枠組みである教育機関に在籍(語学学校は条件外)

※乗車時に学生証を提示できなかった場合は過料が科せられます。
参考:https://translink.com.au/tickets-and-fares/concessions

ケアンズ留学のデメリット3つ

ケアンズ留学でのデメリットを紹介します。

市内中心には日本人観光客が多い

ケアンズの市内中心部には日本人観光客をよく見るので、日本語が聴こえてきます。

そのため、学校は日本人が少ない郊外へ行く、日本人同士でも日本語を使わないルールを作ったり、英語オンリールールを作るといいでしょう。

都会と比べて娯楽施設が少ない

ケアンズの中心部は都会と比べて娯楽施設が少ないことが特徴です。
ケアンズにくる人たちは、海や山などの自然を満喫しにやってくるからです。

ですが、ケアンズ中心部は体育館でいえばマッチ箱程度のエリア。そこから南北にビーチが延々と続きます。ケアンズはとても広いリゾートエリアです。

ケアンズが小さくて飽きる、という人は、市内中心部から出ないツーリストです。
留学生たちは、郊外に拠点を置きますので、「ケアンズが狭い」という印象は
ありません。むしろ、とても広大なエリアであることを知っています。

何年住んでも飽きない街ですよ。朝日や夕日は毎日見ても感動できます。

語学学校が少ない

大都市と比べて学校の数が少ないです。ですが、たくさんあっても結局選ぶのは1つ。2つしかない学校は、どちらも特徴が異なり、しっかり英語を学べる優秀学校です。

質の良い学校が2つだけあれば、それで十分だと思います。
有名学校がありますので、ケアンズ郊外を選んで都会から来る人もたくさんいます。

ケアンズ留学でおすすめの語学学校を2校紹介!

ケアンズの語学学校は日本人スタッフが在籍しているため安心です。
ケアンズの語学学校は日本人スタッフが在籍しているため安心です。

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ・アンド・ビジネス(Cains Colledge of English & Business)

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ・アンド・ビジネスは、ケアンズの語学学校でシティセンターの真ん中に立地していて、通学が便利なロケーションにあります。

専門学校が併設されており、バリスタの資格が取得できたり、チャイルドケアがあったりと様々なコースを選べます。日本人スタッフも常駐しており、アットホームな環境です。

学校の基本情報は以下の通りです。

参加できる年齢16歳〜
クラスの人数最大で18人
最短受講期間1週間
平均生徒数約130人
授業料(一般英語コース)1〜12週間 $330/週
受講期間1週〜
入学金$250
ホームステイの料金(1週間)$250
手数料$250

その他の諸経費が必要な場合もあるため、学校の詳細情報を調べておきましょう。

エスピーシー・ケアンズ(SPC Cains )

エスピーシー・ケアンズはケアンズ郊外にあり、広大な敷地に温水プールや寮、カフェ、バスケットコート・ジムなどが完備されています。オーストラリアで唯一の3食つきの学校で、特に英語初心者には絶大な人気です。他の街に暮らしたいワーホリの人も、ひとまずここに英語の訓練に4か月やってくるほど。

ケアンズ郊外にあるため、すぐ近くにビーチが広がっていて、リゾート気分も味わえます。

学校の基本情報は以下の通りです。

参加できる年齢16歳〜(寮は18歳以上から)
クラスの人数最大で18人・平均15人
最短受講期間1週間
平均生徒数約150人
授業料(一般英語コース)1〜12週間 $380/週
受講期間1週〜
入学金$250
学生寮の料金(1週間)$245(4人部屋)
手数料$250

その他の学校情報はこちら

ケアンズ留学で必要な費用を紹介

ケアンズではオーストラリアの他の都市と比べて安く過ごせるのが魅力です。
ケアンズではオーストラリアの他の都市と比べて安く過ごせるのが魅力です。

ケアンズ留学で必要な生活費用を一つずつ紹介します。

主な生活費

主な生活費で必要となるのは、家賃と食費です。

家賃相場は1人の部屋で月5?6万円ほどで、シェアハウスの場合は約3?4万円します。

食費に関しては、外食に限って日本よりも高額になるため、できるだけ自炊をしましょう。

牛肉や米などを安くで購入できる食品をそろえれば、食費を抑えられます。

1週間の学費の目安

ケアンズの語学学校に通う場合、1週間の授業料は3万円前後となっています。

コースやレッスンの数などカリキュラムによって学費が変わってくるため、必ずカウンセラーに費用の確認をしてください。

移動の費用

ケアンズから他都市までの移動ですが、オーストラリアは国内線が安いため、100ドル程度で移動が可能です。飛行機はバス代わりに使えます。

ケアンズ留学生活での基本情報

ケアンズの海は透明度が高いです。
ケアンズの海は透明度が高いです。

ケアンズ留学生活を満喫したい方に持っておくと便利なものや現地のおすすめの仕事を紹介します。

持っておくと便利なもの

留学する際に持っておくと便利なものを紹介します。

日焼け止め

ケアンズは常夏の都市で、1年中日差しが強いです。

焼けたくない人は日傘や、長袖、日焼け止めを常備すると良いでしょう、

水着やビーチサンダル

ケアンズでは、海岸沿いでのアクティビティが多いため、水着やビーチサンダルがあると便利です。ビーチサンダルや水着は現地でも安いものがたくさん買えます。

おすすめの仕事

ケアンズは観光業のため飲食店やホテルが多く、日本人留学生でも仕事が探しやすいです。
1年を通して、ずっと観光客がいます。
おすすめの仕事としては、ツアーガイド・ナイトマーケット・お土産屋さん・ダイビングショップなどがあります。

また、南国のため農業も盛ん。1年中ずっとバナナの収穫もしています。乗馬の仕事もできます。

ケアンズ留学の注意点

ケアンズ留学では、天気の面で注意しておくと快適に1年過ごせます。

夏の日差しが強い

ケアンズは日本と違って温暖で過ごしやすい常夏の街ですが、年間を通して紫外線が強く、肌が焼けるため、日焼け止めやサングラスがあると便利です。

11月〜3月にかけて平均最高気温も30度を超えますが、日本の夏よりは過ごしやすいです。

急な大雨に注意

ケアンズは熱帯性気候に属しており、12?4月の雨季には急な大雨が降ることもあります。

ですが、日本の梅雨のように1日中雨が降り続くことはありません。夕方になると山のむこうに黒い雲が見えてくるので、「あ、降るな」と分かります。そんな時にはすぐに洗濯ものを取り込みましょう。すぐにやむので、傘を持ち歩く人はほとんどいません。

写真で見るケアンズの魅力

屋外プール(Cairns Esplanade Lagoon)。誰でも自由に入れます。
屋外プール(Cairns Esplanade Lagoon)。誰でも自由に入れます。

ケアンズはハワイのような大自然!ダイナミックな自然の中で過ごすのんびりした癒やしの時間。空を彩るカラフルなオウムたち。
夜は流れ星を見ながらビーチを散歩。そんなライフスタイルを送れるケアンズの魅力を写真でご紹介します。

島にはいくつかのクルーズ船があり、ツーリストにも人気です
島にはいくつかのクルーズ船があり、ツーリストにも人気です
透明度の高い海と、空の青さは最高です。クルーズのランチもとてもおいしいです。
透明度の高い海と、空の青さは最高です。クルーズのランチもとてもおいしいです。
透明度抜群の海はケアンズならでは。
透明度抜群の海はケアンズならでは。
早朝の気球もケアンズならではのアトラクション
早朝の気球もケアンズならではのアトラクション
 バンジージャンプも勇気があれば挑戦してみてください
バンジージャンプも勇気があれば挑戦してみてください
スカイダイビングもできます
スカイダイビングもできます
ローカルの市場はいつも活気があります。果物がとても安い!
ローカルの市場はいつも活気があります。果物がとても安い!
忙しかった日本の生活を忘れて、スローペースで留学生活できるのがケアンズの魅力
忙しかった日本の生活を忘れて、スローペースで留学生活できるのがケアンズの魅力
静かなビーチが近いので、授業のあとや週末に、毎日気軽に散歩できます。
静かなビーチが近いので、授業のあとや週末に、毎日気軽に散歩できます。
ビーチを眺めながら大人の休日を過ごせるケアンズ郊外
ビーチを眺めながら大人の休日を過ごせるケアンズ郊外
こんなブランコもあります。ケアンズの夕日を眺めながら童心に戻れるのはビーチエリアならでは。
こんなブランコもあります。ケアンズの夕日を眺めながら童心に戻れるのはビーチエリアならでは。
ケアンズのビーチレストランは最高にロマンティック!
ケアンズのビーチレストランは最高にロマンティック!
ハンモックでのんびり、なんていうライフスタイルもケアンズならでは
ハンモックでのんびり、なんていうライフスタイルもケアンズならでは
ケアンズのビーチ沿いには必ずこういう公園があります
ケアンズのビーチ沿いには必ずこういう公園があります
ケアンズでは、ビーチは市民の憩いの場。散歩やジョギングしている人を必ずみかけます。
ケアンズでは、ビーチは市民の憩いの場。散歩やジョギングしている人を必ずみかけます。
オーストラリアの定番、BBQ!公園にある設備は無料で誰でも使えます
オーストラリアの定番、BBQ!公園にある設備は無料で誰でも使えます
ケアンズならビーチを自転車で走れます!
ケアンズならビーチを自転車で走れます!
ヨットクラブを眺めながら、シャンパンを飲む週末もケアンズなら手に入ります
ヨットクラブを眺めながら、シャンパンを飲む週末もケアンズなら手に入ります
海ぞいのカフェで海を眺めながら、ぼ~~とするのも素敵
海ぞいのカフェで海を眺めながら、ぼ~~とするのも素敵
ケアンズのナイトライフやバーやクラブもあって充実
ケアンズのナイトライフやバーやクラブもあって充実
ケアンズのローカルエリアでは、子供と一緒に遊ぶこんな風景がよく見られます
ケアンズのローカルエリアでは、子供と一緒に遊ぶこんな風景がよく見られます
フィッツロイ島にいってダイビング。帰りの船をレモネードを飲みながら待っているところ。
フィッツロイ島にいってダイビング。帰りの船をレモネードを飲みながら待っているところ。
オーストラリアの牡蠣も絶品ですよ!レモンをぎゅっと絞って頂きます。
オーストラリアの牡蠣も絶品ですよ!レモンをぎゅっと絞って頂きます。
豪邸が多いケアンズ近郊
豪邸が多いケアンズ近郊
夕方は、ビーチウォークをする地元オージーたちがいます。ローカルと知り合いになれるチャンス!
夕方は、ビーチウォークをする地元オージーたちがいます。ローカルと知り合いになれるチャンス!
ケワラビーチリゾートにあるビーチバーは地元の人に人気の健康的なバー。金曜には釜焼きのピザも楽しめます。
ケワラビーチリゾートにあるビーチバーは地元の人に人気の健康的なバー。金曜には釜焼きのピザも楽しめます。
ハンググライダーをするとこんな景色も一望できる。ケアンズのビーチ。
ハンググライダーをするとこんな景色も一望できる。ケアンズのビーチ。
フィッシュ&チップスはオーストラリアに行ったらぜひ試して!
フィッシュ&チップスはオーストラリアに行ったらぜひ試して!
高級リゾートであるポートダグラス。きれいな海ですね~
高級リゾートであるポートダグラス。きれいな海ですね~
こういう渓谷で週末を過ごすのもおすすめです。
こういう渓谷で週末を過ごすのもおすすめです。
ポートダグラスへ向かう途中。きれいな海ですね~
ポートダグラスへ向かう途中。きれいな海ですね~
こういう海への抜け道が、歩いているとたくさんあります。
こういう海への抜け道が、歩いているとたくさんあります。
熱帯雨林など大自然を身近に感じられる
熱帯雨林など大自然を身近に感じられる
道を抜けるとこんな感じの海と出会えます
道を抜けるとこんな感じの海と出会えます
夕日や朝日を眺めるのもいいですよ。東京では見られない景色です。
夕日や朝日を眺めるのもいいですよ。東京では見られない景色です。