クーガー[Cougar]ってなんでしょう?

こんにちは、ミクです。

この間、ホストファミリーをしていたという
オージーのおばあちゃんとお喋りする機会があったのですが、
面白いスラングを一つ学んだので、シェアします。

続きを読む

久しぶりに博多で留学セミナーを行いました

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。

昨日は博多で留学セミナーを行いました。久しぶりの福岡^^
すっかり都会になっとんしゃった。洒落とんしゃぁ~、とつぶやいてました。
私は遠い昔の博多しか記憶にないので、駅周辺の発展ぶり、
楽天がどーんと博多駅にビルを構えているあたり、本当に変わったなぁ、と毎回来る度に口を開けてビル群を見てます。

留学セミナー当日は暑い中、20名ほどの方がご来場してくださいました。お母様と一緒にセミナーへ参加された方もいらっしゃり、和やかなセミナーとなりました。
ご参加いただきまして本当に有難うございました。

今回、通常のセミナーとは違いオーストラリアの各都市の写真をお見せすることなく、都市のお話を進めていったのですが、まず都市の位置が分からん、ということから皆さんに日本とオーストラリアを含めた世界地図を描いてもらいました。ネット検索なしで!

皆さんが描いた地図はこちら
こちら

私もホワイトボードに描いてみましたが、似たような絵でした。。頭には世界地図はあるけど、実際描いてみるとぐちゃぐちゃでした。皆さんザワザワしながら描いてくださったのでちょっと楽しんでいただけたと思います。

話は変わりますが、今日Facebookでお友達の女性と初めて生でお会いしました。彼女は関東ご出身ですが結婚を機に博多に数年住んでいらっしゃいます。

東京、関東の生活を知る彼女から「博多・福岡の人」は元々、韓国や中国に近く外国への壁がないことも一つですが、細かいことを気にしないところが魅力と聞きました。

それは、例えば大雨や大雪で交通機関が動かず出勤時間を大幅に遅れた時の職場の人達の反応だそうです。「大変やったろ~、ナントカさんもね電車が動かんけん、職場に来れんごたぁよ。仕方なかたい。」=要約:大変だったね~、ナントカさんもね電車が動かないから職場に来れないみたいよ。仕方ないよね。

大変だ、ということを皆で共感しあって和やかに状況を受け入れるそうです。

東京ではこういう事態においては、「何となく」是が非でも、会社へ一番早く移動をするために、皆必死でぎゅうぎゅうの電車に乗り込んで、いち早く、いち早く職場に向かわなくてはならない、大雨でも人身事故でも、、。共感どころか、「タクシーかなんかで来れなかったの?」と上司に言われたりする、、。

この福岡の人の感じはちょっとオーストラリアと重なるな、と思いました。

ただ、博多の人は飲食店で並んで待つことはしないそうです。東京ではレストランの入り口で「あとどれ位待ちますか?」と店員さんに聞いたりしますが、博多っ子は「待てん、手際が悪いけん、人ば並ばせとったい。」=要約:待てない、手際が悪いから(お客さん)を並ばせている。 と次のお店をあたるそうです。

食べることは楽しみ=だからちょっとも待てない。
会社へ行くことは楽しみでない=交通機関が遅れるのは大歓迎たい。

改めて博多、福岡の魅力を感じた滞在となりました。

留学セミナーへご参加くださった方、そしてカウンセリングを受けに遠く山口県や宮崎県、長崎県からもお越しくださり本当に有難うございました!

インスタグラムでつながるアクティブガールズ

最近カウンセリングにいらっしゃる方々のお話を伺っていると、
“インスタグラムで街の写真を見て、そこに行きたいと思った”とおっしゃる方もおられます。

 

特に、バイロンベイ!!
他の街に比べてフォトジェニックだからでしょうか…?

 

最近は”インスタグラマー”と呼ばれる職業もあるくらいなので、
SNSの影響力は相当大きなものなのだと実感します。

続きを読む

お薬の持込みについて

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。

よくお問い合わせを受ける質問に「お薬の持ち込み」があります。
オーストラリアでの市販薬でももちろん代用はできますが、やはり飲み慣れたものがあったほうが安心であったりしますよね。

<入国時>

持ち込み可能な医薬品の分量は、最大3か月服用分です。

オーストラリアへの入国時には、「入国カード」へのご記入が必要となり、記入欄には
「医薬品を持ち込もうとしていますか?」とあります。

風邪薬、頭痛薬、整腸剤、虫除け等々、市販のお薬をお持ちになる場合はこの
質問にはチェック入れてくださいね。

そして医師から処方されているお薬をお持ちになる方は、掛かりつけの医師から予め、英語で書かれた処方箋を一緒にお持ちになることをお奨めします。

市販の薬と違い、病院から処方されるお薬は種類や何に対しての薬か外見では分かりにくいこと、
オーストラリア到着時にスムーズな入国手続きをするために書類を用意されてご出発ください。

詳細はこちら:オーストラリア大使館FAQ ご参考ください。
オーストラリア大使館FAQ

<日本からの郵送>

また、ご滞在中にご家族の方から追加で薬を送ってもらう場合は、郵便局や配達業者の窓口にて発送可能かどうか確認をなさってください。

郵便局の国際航空便:EMSおよび、国際小包では(個人使用の)お薬の郵送は可能であるようです。また、お薬は税関で止められることも考えられるので、専用の書類(インボイスまたは税関告知補助用紙)に記載が必要となります。

その郵送されるお薬が個人使用であることが分かる情報として英語でのご記入が必要となります。
お薬の英訳はこちらから:
内容品の英語訳

また補足ですが、梱包に関してもオーストラリア大使館サイトに下記のように記載されてました。

”ワラや竹、籐などといった、植物由来のこん包材をパッキングに使わないようにしましょう。また、卵、果物、野菜、肉製品などの包装に使われた木製の箱やダンボール箱は使用しないでください。これらのこん包材は有害な有機物の温床となることがあり、そのような箱が使われているだけで押収の対象となる可能性があります。”

段ボールなどの箱にお野菜や動物の絵が描かれているものも誤解されやすいので、避けたほうが良いそうです。

以上、お薬の持ち込み、郵送についてでした。

オーストラリアの祝日について

こんにちは、ミクです。
月曜日は州により祝日になっているので、学校はお休みです。

ところで、オーストラリアの祝日と日本の祝日って、
どちらが沢山あると思いますか?

なんだかのんびりしていそうなイメージ(?)なので、
オーストラリアの方が沢山ありそうな、そんな感じでしょうか。

続きを読む

データ通信量を抑えるスマートフォンの使い方と設定

こんにちは、ミクです。

オーストラリアの街中では意外と無料WiFiが使える場所があったりもするのですが、
残念ながらスマートフォンのインターネットプランには、
日本のような”定額制使いたい放題”のようなプランがありません。

 

プリペイドであれば、購入したところまで使えば止まってしまい、
アクティブウーマンで手配しているぱとちゃんのような後払いであれば、
使ったら使っただけの料金がかかってしまいます。

 

どちらにしてもできるだけインターネット通信を使いすぎないようにしたいものなのですが、
「あれ、そんなに使ってないのに?」と、
身に覚えのない所で実はデータ通信を発生させてしまっている方がいらっしゃいます。

 

そのようなことになってしまわない為に、
簡単にできる対策をご紹介します。

続きを読む

看護留学<体験談>

 

 

私は日本で助産師として働いた後に、オーストラリアへ留学しました。

一般英語と看護クラスのあるMelbourne Language Centre(MLC)へと来ました。

日本での助産師としての仕事は多忙な毎日ではありましたが、とても充実していました。

しかし、海外からの患者さんが増えてきていること、海外の看護についても勉強したいと思うようになり、

オーストラリアでの実際の看護について学ぶことの出来るMLCを選びました。

 

MLCでは一般英語を学びつつ、オーストラリアの看護について病院訪問や実際に看護師や栄養士など

様々な専門分野のプロフェッショナルからの講義を受けることが出来ました。

学生の時にも看護の関わる様々な分野を学びましたが、オーストラリアの看護の視点から見た話は、

どれも新鮮で興味深く、今までの経験を振り返りながら改めて自分の看護に対する思い、

興味や考えを確かめていくようでした。産科・小児科病院の訪問やアロマセラピー、

また医療栄養の話は個人的に今後の助産師としてのケアにつながる有意義な講義だったと感じています。

 

 

また、看護の講義を通して自分の生き方や健康への考え方も刺激されました。

オーストラリア人の人生を楽しむために仕事をしている姿勢はとても素敵で、

より人生を深め、楽しく、生きていけること、何が自分の人生において

大切か考える大切な時間をこの留学得られたように思います。

健康に対しても講義を聞いてから自分の食生活や生活習慣を見直すきっかけになりました。

一般英語では、取り扱うテーマが今まで考えてこなかったようなことばかりで、

あまりの教養のなさに苦戦することも多かったですが、世界に目を向けて考えることは日本にいるとつい忘れてしまうことで、

視野を広く持つことができよかったと思います。

 

また、ホームステイでは優しく温かい家族とともにオーストラリアでの自然あふれる生活を楽しむことができ、

可愛い子供達と遊ぶことができてとても幸せでしたし、家庭内で使うリアルな日常会話を学ぶ良い機会になりました。

メルボルンでの経験はどの瞬間も大切な宝物でした。

素敵な人たちや文化、街に出会えて嬉しいです。

Melbourne Language Centreで貴重な経験をたくさんできた留学期間を過ごせて私はとても幸せに思います。

 

留学したら何が変わるんだろう

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。

今日は一人のパワフルな女の子Yumiさんをご紹介したいと思います。歯科衛生士さんです。

オーストラリアのゴールドコーストにあるインフォーラムエデュケーションという語学学校に留学中に出会いました。話は変わりますが、語学学校には10代後半~20代の大学生が多く学んでいると思っていらっしゃる方が多いと思いますが、実は年齢層はさまざまなのです!

学校についてはこちら:Inforum Education

私はその時42歳でした。Yumiは20代(未だに実年齢は知りません)ワーキングホリデーで来ていたと思います。その頃、インフォーラムエデュケーション校では、卒業式には仲良しグループ内々で海に卒業した学生さんを放り投げる「仕来たり」みたいなことをしてました。

普通は女の子はこれをパスできるのですが、Yumiだけは台湾はじめ日本人の男子生徒に容赦なく砂浜へ運ばれて、砂をまぶされそのまま海へ放り込まれてました。その一部始終を私は見てニヤニヤ笑っていたのですが、こうした仲間内のイベントに誘ってくれたのは誰でもなくYumiでした。とにかく明るくて誰とでもどこへ行っても周囲に友達がいる、そんな元気な女の子でした。

オーストラリア留学を終えた後、歯ブラシを持って歯磨き指導をすることを目的に世界中を回る旅に出ました。アジア諸国、南米、アフリカ等、歯ブラシを持参して各地域の学校などで教えて回りました。
彼女の活躍については
こちら

彼女自身は元々日本で歯科衛生士として働いていて、留学前にはこんな世界中を旅しながら英語(時にスペイン語)で現地の人と交流し、歯磨き指導をするなんて考えてなかったのかもしれません。

Yumiはこの度、「旅旅しつれいします。」という番組でその活動について紹介されることになったそうです。
こちら

NHK総合2017年6月10日(土)&6月17日(土)23時25分~24時00分放送!
※ただ、現地中継番組であるのでもしかして外されてしまう可能性もあるそうです。。

今留学をお考えでいらっしゃる方には、留学したら何が変わるんだろう、
仕事を辞めていくので失うものの方が大きいのでは、と躊躇してしまうと思います。

でもそれは間違いで、違うステージ、違う道が見つかるのだと思います。

英語力も本当に変わります。

彼女のように英語を身に付けて色んな国を旅して、本当の意味での自分の人生を見つけてください。

【よくある質問】アクティブウーマンで手配できるSIMカードについて

こんにちは、ミクです。

最近はSIMフリーの携帯電話をお持ちの方も増えてきて、
それに伴いSIMカードだけの手配をご希望の方も増えました。

SIMカードのみのご依頼の場合、
ご出発前にカードを日本国内で受け取られる為、
現地空港に付いた瞬間から利用開始でき、大変便利です。

最近SIMカードに関するお問い合わせが増えてきているので、
このページさえあれば全てが解決する!というページを目指して綴っていこうと思います。

続きを読む