メルボルン女子会第2弾!

マネージャーの土屋が今週から2週間の日程でオーストラリアへ出張中です。

メルボルンに留学している女子が多いので、今年の1月に私が行った際に

女子会を開催したら、なんと30名も集まりました!

日本人女子がメルボルンで30名集まっていると、すごく目立ちます。

で、今回はスケジュールが立て込んでいて、女子会の予定はなかったのですが、

滞在中にオーストラリアの祝日にあたったため、学校視察もないし、

女子たちもきっと午前中に予定を入れていることもないだろう、という勝手な予測で、

朝食会をやることに突然決定しました。

 

直前のアナウンスだし、午前中だし、2~3人くればいいかな、くらいに思っていたら、

意外と集まりました、、

2時間くらいいたようで、メルボルン留学中のアクティブガールたちが

交流できて良かったです。私たちも送り出したお客様とこうした形で会って、

お元気な姿を確認できるのも、すごく楽しみなんですよ。

私はおそらく来年の1月に行くと思うので、また女子会しましょー。

 

それはそれは濃い1年を過ごすことが出来ました

桜井です。今日はお客様から届いた近況報告をシェアします。

ここから

昨年の3月10日に渡豪し、1年間のワーホリを終えて
今年の3月6日に無事帰国致しました!!

4ヶ月のSPC Cairnsでの学生生活。
5ヶ月のAyrでのfarm生活。
2か月半のBrisbaneでのCity生活。
2週間のCairns&Melbourne旅行。

こう書くとサラ~っとしてますが、それはそれは濃い1年を過ごすことが出来ました。

SPCでは、突然の「のんびりしたビーチライフ」に慣れず
何をすれば良いの!?と最初は戸惑いました。 「何もしない」が出来なかったんですね。笑

ですが、4ヶ月を終える頃にはすっかりケアンズのゆったりとした生活に溶け込んでいました。
クラスはIntermediateからのスタートで、すぐにUpper Intermediateになり
最終的にはAdvanceまで行くことが出来ました。

ちょうど、ヨーロピアンの学生が多い時期で 、
会話についていけず、ずっと自信が持てないでいました。

今考えると、恵まれた環境だったな~と思いますが
当時のわたしにはプレッシャーでしかありませんでした。

でも、先生方はそんなわたしを見捨てることなく温かく受け入れてくれていました。
おかげで無事に卒業することが出来、やりきった!という達成感を味わうことが出来ました。

SPCでは友人にも恵まれ、同じ卒業日の子に誘ってもらい
卒業後はAyrという小さな田舎町でファーム生活を送っていました。

5月~6月にSPC卒業をして、ファームに行った友人達が
軒並み仕事がGET出来ず、ずっと探している…
という状況だったので、自分達も仕事が貰えるのか本当に本当に不安でした。
ですが、そんな不安もつかの間。到着翌日から仕事をもらうことが出来ました!!

時には仕事がない時もありましたし、慣れない畑仕事で毎日身体がボロボロで
初めは、88日終わったら速攻で辞めてやる!と思っていたはずなのに
いつの間にか居心地が良くなってしまい、

結局シーズンエンドの12月まで同じファームで働いていました。
その心境の変化には自分でも驚きでした。笑

Ayrを出た後は、なんとなく南下しようと思いブリスベンに行きました。
ケアンズでの田舎暮らし、Ayrでの超田舎暮らしを経てのブリスベンだったので
わたしにとっては、ものすごく都会で完璧お上りさん状態!毎日ソワソワしてました。笑

そして、初めてのシェアハウス生活・初めてのシティでの仕事を経験しました。
家はすぐに見つかり、とても居心地が良く気に入っていました。

仕事は話には聞いていたものの、レジュメ配りでは何度も心が折れそうで、
1つのレジュメを配るのに何十分もかかることもありました。

仕事が決まってからもなかなか大変でしたが、
2つ目のバイト先のマネージャーがとても良い人で
ビザが2ヶ月位しか残っていないのに雇ってくれただけでなく
たくさん働きたいというワガママも受け入れてくれ
更には、わたしが日本に一時帰国する。2ndビザもまだ申請してないからいつ戻れるかも分からない。

という旨を伝えると、また戻ってきても良いよ?と言ってくれたのです!!

正直、わたしは同じ店に戻るつもりもなく
ビザもいつ降りるかもわからない状態だったので
本当に驚きましたし、それ以上に戻る場所があるという事がとても嬉しかったです。

もしわたしがマネージャーと同じ立場だったら、
そんな事出来ない…!!と思うようなことばかりする方で 2ヶ月くらいの付き合いですが、本当に尊敬しています。

日本でもそんな上司に巡り合ったことはないので
わたしって、なんて恵まれた人なんだろうと思っています。

当初の予定では、また南下して他の都市から2年目をスタートしようと考えていたのですが
そんなマネージャーの心意気に甘えさせていただくことになり
またブリスベンに戻ることになりました。

振り返ってみると、当初の予定通りに行ったことなんてある?と言うくらい
毎回わたしの想定外の方向にことが進んでいました。

良い意味での想定外の出来事続きで、次に起きることが全く予想ができず
不安になることもありましたが、それをワクワクすると捉えられるようになりました。

そこは1番の変化かな~と思います。
桜井さんも、よくメルマガで書かれていますよね。
想像出来ることよりも、想像出来ないことの方がワクワクする。的な。
その意味がようやく分かるようになりました。

心配だったビザも、国外申請は時間がかかると聞いていたのですが
申請後25分で無事に取得することが出来、なんと今日オーストラリアに向けて出発します!!

2年目は学校もファームも無いので、やらなきゃいけない事はないけれど
その分、自分の決断次第で生活がガラッと変わると思います。

当面の目標は、学校卒業後サボっていた英語の勉強を頑張ることと
英語でコミュニケーションがとれる友人を作ることです!!

そして、1年過ごしてみてオーストラリアにもっと住みたい!という思いが予想以上に強かったので
2年目が終わった後に、どうやってオーストラリアに住み続けるか。

を1年かけてじっくり模索したいと思っています。
きっとこの1年の間に何度もマインドチェンジするかと思いますが
それすらも楽しみです。

アクティブウーマンさんには、出発前から渡豪中もお世話になり感謝しています。
桜井さんのメルマガもすごく楽しみにしていて、更新がしばらくないと
何かあったのかな?どっか行ってるのかな?と心配になるくらいでした。笑

先月?先々月?に桜井さんが各都市をまわっていたのもチェック済みで
あーわたしもそこに居たのに!!すれ違い!

と、勝手に悔しがったりしていました。笑

桜井さんがSPCに行った数日前に、わたしもSPCに居たのです!
しかも、アクティブウーマンの出発前セミナーで知り合った友人の卒業祝いの為にです!!

(彼女は1年間、SPCに通っていました!)

そんな悔しい思い出もあるので、今度こそどこかでバッタリお会いできたら嬉しいな~と密かに思っています。
もしくは、またアクティブ女子会開催してください!!笑

本当は帰国してすぐに、お礼のメールを送ろうと思っていたのに
結局、出発当日になってしまいました。

2年目も健康第一で、思いっきり楽しみたいと思います!!
メルマガも引き続き楽しみにしていますし、もしかしたらまた質問などさせて頂くかもしれません。
その時はまたよろしくお願い致します。

では、行ってまいります!!

今週の花とパンとフェデラー

今週の花。アジサイがそろそろ出回ってますね。白いアジサイが好きなので、次回はアジサイを入荷予定です。

先日、埼玉の実家に行き大きな花器を貰ってきたので、今回は大物を購入。

こんな感じになりました。

 

個人的には大物のほうが豪華で好きです。

こういう大物君が、徐々に大きな花から頭が垂れてくるので、茎を短くしながら、生ける変えてアレンジしていきます。

 

赤い花瓶はちいさな一輪挿し用ですが、このお花はもうかれこれ2週間もあります。なかなか枯れません。かなり長持ち。

 

下の作品は初のなんちゃって生け花。実家の庭の花を使ったので、なんか天然の花畑っぽくなりました。剣山にぶすぶす挿す作業はものすごくクリエイティブで楽しいです。

 

 

話は変わりますが、サワードウのパンが好きです。こういう重いパン。これを焼いて塩気の効いたバターをがっつり塗って食べるのが最近の私の朝ごはん。バターは有塩で塩気があるほうが好きです。塩分大好きなもんで。ホテルに行くと朝食のバターが一番好き!です。いつも足りないので、可能な場合はお替りします。

 

これ、買いました!フェデラーのインスタで紹介されていて、欲しいな~と思ってたら、たまたま行った六本木のTSUTAYAで売っていました。さすがギロッポン。

 

 

世界で影響力のある100人で、いつもTIMEが発表しています。ジェニファーロペスも、なんだか常連の気がします。日本人は安倍晋三と孫正義が選出されていました。

世界の中で100人、って凄いですよね。

 

 

最近お気に入りの動画

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。

春だ!と思ってたら何だか夏日が訪れて
春はどこへ行ってしまったのでしょうか。。
でも今日も晴天でとても気持ちが良いですね。

金曜日にメルボルンとシドニーの学校スタッフに「もう寒くなりましたか?」と聞いたら
「それが、(秋なのに)何だか分からないのですが暑いのです。。」オーストラリアでも
何だか分からない気候になっているのですね。むむむ。

今日は、誠に勝手ながら、あまり留学と関係なく、
私が個人的に最近好きで良く動画について書きます。

Khalid Al Ameriという人で、名前も
どんなふうに発音するか???
分かりません。

初めてfacebookに出ていた動画を見たのですが
とても面白く、それから新しい動画が
アップされたらちょくちょく見てます。

Khalidさん、私好みです^^
笑うと可愛い。
また奥さんも可愛い。
仲睦まじい二人の姿がまた良い。

こちらです

Khalidさんのアメリカ仕込の英語の
発音がまた私好み。
こんな理由から追いかけて見てます。

もう一つ理由があって、彼も奥さんもイスラム教徒、
Khalidさんはアメリカで学生生活を送ったこと、そして年齢も若いので
古い習慣や考え方に縛られず、自分の文化、ルーツを面白くもっと分かりやすく
動画で毎回伝えているところです。

お勧め動画はこちら:
「どうやって白い衣装を汚さないでいるのか?」

HOW WE STAY CLEAN

The white robe that I wear every day is called a "Kandoora" and one of the most common questions I get asked is how we keep it clean, here are some tips and tricks 😂Like Khalid Al Ameri on Facebook and Instagram!Music: With You by Ikson

Khalid Al Ameriさんの投稿 2018年4月14日(土)

「WE HATED OUR WEDDING」

伝統的な結婚式よりも
もっと自分たち二人だけの
スペシャルなものにしたかった、、。今時の若いカップルの悩みは
どこでも同じですね。

WE HATED OUR WEDDING

Salama and I were talking about one of the worst days of our marriage and believe it or not one of them was actually our wedding day, we kept laughing at how it was supposed to be the most beautiful day of our lives but ended up being a day we didn't really get to enjoy.In the Arab culture weddings are a big deal and a lot is spent on making these weddings a big deal, a big deal for other people that is. Our wedding wasn't something we wanted but it was the norm in both our families, and communities, so we pretty much played by the rules and spent all this money making it happen, money we didn't need to be spending, money we could have spent on something better.If it were up to us we would have had a small wedding, on the beach somewhere, with family and friends. We would have focused on each other and what we both wanted, because a wedding day is very similar to a marriage in the sense that you should care about making each other happy first, about you both being comfortable, about you both creating a day that's perfect for each other, and not worry about what others think.Enjoy the video!!Follow Khalid Al Ameri on Facebook and Instagram for more stories and videos!

Khalid Al Ameriさんの投稿 2017年11月30日(木)

毎回短い動画ですが、遠いイスラムの人達が
ちょっと身近に感じます。

ちょこっと英語の
勉強にもなるので、良かったら
ご覧ください^^

いきなりですが、
今夜、オーストラリアへ出張へ向かいます。
月曜日からメルボルン、祝日(アンザックデー)を挟みましてシドニー、
それからバイロンベイ、ゴールドコースト、ブリスベン、ケアンズと
移動していきます。

学校へもお邪魔しますので
現地にいらっしゃる方々とお話できたらいいなと思ってます。

カウンセリング当日に全ての実行しようと決めた。

<お名前>
S・Mさま

<渡航都市> メルボルン

<学校名> メルボルンランゲージセンター

●渡航都市を選ばれた理由は?
メルボルンの明るい雰囲気にあこがれて
看護師のプログラムがある学校があったから

●留学を決定する前、特にどんなことで悩んでいましたか?
30歳という年齢と仕事が6年目ということもあり、留学した先に何があるのかなど、不明確な理由でモヤモヤと悩んでいた。結婚をして落ち着いて生活をした方が親孝行なのかと本気で悩んだ時期もあった。
カウンセリングに行って、実行する前から悩む時間が無駄だと感じ、カウンセリング当日に全ての実行しようと決めた。

●もし留学を決めていなかったら、今何をしていたと思いますか?
付き合っていた彼氏とズルズルと付き合って、結婚をせがむような女子になっていたとおもう。

●出発までに何か躊躇することはありましたか?

●アクティブウーマンを選んだ理由は?
心が強くて、生き生きした女子が写真にいたから。

●もしご友人に弊社をご紹介いただけるとしたら、なんと言って紹介されますか?
今悩んでないでまずはカウンセリングに行って自分の思いを話せば、ぴったりのプランを考えてくれる。

ブラジルなど全然知らなかった国のことが少しだけ身近になった。

・お名前
N・Hさま

・学校名
impact メルボルン

●自由形式で結構です。アルバイト、シェア、学校生活、町のことなどを
なんでもご記入下さい!

  今学校に通いながらアルバイトを探しています。メルボルンはジャパニーズレストランもたくさんあるので、前向きに頑張っています。

●留学して何か変わりましたか?

洋楽を聞いていて意味がわかるようになった。
ブラジルなど全然知らなかった国のことが少しだけ身近になった。

●もし留学していなかったら、今頃どうしていたと思いますか?

仕事をしながら夢を追いかけていたと思う。