現地情報

進化した学生寮!

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。
毎日、暑いですね!

私が住んでいるところは海に近いので、毎年この時期になると
海水浴客が町中に溢れます。オフシーズンはお年寄りの方々を多く見かけますが
夏だけは一気に町の平均年齢がぐっと若くなります^^

さて、皆さんは留学される時に、最初の滞在先について
うーーーーん、どうしようか、と考えると思います。
ホームステイ?自分でホテル予約するの?等々。

語学学校では、一般的にホームステイを手配してくれますが
実は学生寮も多くの学校で手配をしてくれます。

とはいえ、大きな都市では学校が敷地内に寮を構えるのは
立地上難しいこともあり、都会にある語学学校は通常
外部の学生寮の手配をしています。

前回、オーストラリア視察時にブリスベンで訪れた
外部の学生寮がスーパー凄いのでちょっとだけ
ご紹介したいと思います。

Iglu イグルーという名前の学生寮です。

ブリスベンにありますインパクトイングリッシュ校も
こちらの寮をご紹介しています。

オシャレです:でもジェットスター航空っぽいと思ったのは私だけでしょうか。

BBQエリアもこんな感じ:都会のど真ん中でBBQとは!

学生寮内でのアクティビティイベントカレンダー:

そしてお部屋はこんな感じです。

なんと、電気を使いすぎているお部屋は1階にある
レセプションにあるスクリーンに表示されるそう!

もう一つの学生寮は
Student One です。

こちらは、同じくブリスベンにある語学学校ブラウンズ校が
紹介しています。

こちらもオシャレですよ:

お部屋はこんな感じです:

そしてお部屋からの眺めが、、もはやホテルレベル!

両方の学生寮には、他にも映画鑑賞もできるレクレーションルームや
コインランドリー(お洗濯が終わるとメールが届くシステム!ハイテクです!)
スポーツジム、楽器を演奏できるミニスタジオなどが
あり、滞在されている学生さんは自由に使うことができます。

昨日、ブリスベンの学校へStudent One学生寮の空室状況を
尋ねてみましたら、なんと10月以降もお部屋は
ほぼ満室!

現地の学校スタッフによりますと、この学生寮の魅力は
1)シティ中心地にあるので学校へも徒歩通学、バイト先へも
アクセスがいい。

2)学生寮に管理者が常勤していて、安全であること

3)学生寮内でのイベントが頻繁に行われているので
通っている語学学校以外にも友達ができる

シティから少し離れたところでシェアハウスを探す方が
多いと思いますが、一方でこうした中心地に滞在すれば
家賃は若干高額ですが、交通費がかからないというメリットも
あるそうです。

そして過去にIgluに滞在された日本人の学生さんは
この寮に一ヶ月滞在した後もその後延長される方が
結構いらしたそうです!

こうしてみると、やはりオーストラリアは
留学大国なのだな、と思いました。

特にブリスベンはクィーンズランド州が
海外からの留学生誘致に力を入れています。
その結果、語学学校や専門学校、大学への進学もしやすく
長く滞在される学生さんも多いことになります。

そうした学生さんの滞在のオプションが
広がったのもブリスベンという都市の力なのかなぁ、と
思いました。

ケンブリッジ試験コース

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。

梅雨ですね。。どんよーりしています。
先日、梅と氷砂糖と瓶を購入しました。夏に向けて
梅ジュースを作ろうと思います。

オーストラリアに留学していた時は
この梅、特に梅干が恋しい時がありました。

梅干も漬けてみたいけど、、今回は梅ジュースにしようと
思います。あ、紫蘇も入れてみようかな。

さて、皆さんは「ケンブリッジ英語検定試験」をご存知でしょうか。
TOEIC試験であれば、多くの方がご存知だと思います。

ケンブリッジ英語検定は、
1858年にイギリスの名門、ケンブリッジ大学によって設立された英検でして、
イギリスやヨーロッパ各国、オーストラリアで主流の英語検定試験です。

前回のブログからの続きですが、今回のオーストラリア出張時では
二つの学校でそれぞれ開講されているケンブリッジ英語検定試験クラスに
ちょっとだけ入れてもらい、現地の学生さんとお勉強してきました。

1校目はバイロンベイにあります、Byron Bay English Language Schoolで
授業を受けました。

学校はこちら

15名ほどの学生さんのほぼ全員がヨーロピアン、日本人は私のみでした。
授業に参加したのが月曜日、学生さん達は週末旅行でフレーザー島に
行っていたそうです。

お休み明けでちょっとけだるそうな学生さん達を先生がきりっと、
授業へ入れるよう導きます。
「フレーザー島での見所は何?」について隣の人と
話してみて、と先生。

単にお喋りではなく、何を見たのか、何で見どころだと
思うのか理由も話さなくてはなりません。
私は隣の2人の学生さんの輪に入りましたが
もう、二人共マシンガンの様にべらべらべら~と島の
感想を述べます。

その学生さんの手元には分厚いファイルがあり、
中は沢山のノート、問題を解いて出来なかった箇所にハイライト付け、
そうしたものを沢山綴じてありました。

ヨーロッパの学生さん達にとってケンブリッジ英語検定試験は
就職時に必要なテストだそうです。
皆さん真剣に勉強してました。

もう一校は、場所は変わってサンシャインコーストにあります
Lexis English校です。
こちらの学校は他に、ブリスベン、パース、バイロンベイ、ヌーサにも
キャンパスがあります。

学校はこちら

Lexis English校もかれこれ10年以上ケンブリッジ英語検定試験コースに
とても力を入れている学校です。
サンシャインコーストキャンパスでも授業に
ちょっとだけお邪魔しました。

こちらのクラスも14名ほど、私以外はヨーロッパの学生さん
でした。授業ではまず文法問題の答え合わせ。

私の隣は、香りの良いヾ(´ε`*)ゝスペイン男子Angel君でした。
文法問題の答え合わせで間違うと「ああぁー、」と頭を振り
間違った箇所をマーカーで印を付けてました。

そうなんです、学生さん達を
こんなに真面目に勉強をさせてしまうのが
ケンブリッジ英語検定試験なのです。

また授業のトピックは「お金」についてでした。
関連している単語、フレーズを沢山上げなさい、と
言われます。

また香りの良いヾ(´ε`*)ゝスペイン男子Angel君と
二人で色々単語を考えました。

因みにこの
香りの良いヾ(´ε`*)ゝスペイン男子Angel君は
彼女と一緒に留学しているそうです。

丁度向かいの机に座っているのが
彼女なんだ、と教えてくれました。

両校ともあまりに学生さん達が真面目に
勉強されていたのでとても刺激を受けました。
あ~学生に戻りたい、と思いました。

オーストラリアの主要都市にある語学学校の
ほとんどがケンブリッジ英語検定試験に力を入れてます。

また面白いことに、上記のようなのんびりしたローカルタウンの
語学学校でも最高の授業を受けることができるのです。

これから語学留学をお考えの方は、「留学の目標。。。うーん」
となったら、是非基礎力を鍛えて、最後に
ケンブリッジ英語検定試験コースを目指して欲しいです。

英語力に自信が持てるように
なりますよ!

発音特訓コース

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。

今日の東京はずっと雨ですね。
台風の影響で大雨にならないと良いのですが。。

今日はちょっと学校視察のお話です。
シドニーとメルボルンにあるGreenwich English College について
お話しします。

Greenwich校は、ケンブリッジ英語検定試験コースに
力を入れている学校です。そして他の語学学校ではあまり開講されてない
ケンブリッジ英検入門テストKET対策コースが開講されています。

一般英語コースの初級から学んでから、途中でこの様なグッっと勉強する
コースに編入していくと、
受験英語を集中して学んだ日本人学生さんにとっては、
テスト対策コースなので、勉強方法にすんなり入れて
語彙力が大きく伸びると思います。

そしてこちらの学校では、もう一つ
ユニークなコースがあります。

Pronunciation in Context と呼ばれるコースです。
4週間発音トレーニングをする集中コースです。

文法はちょっと傍に置いて、耳で音を取らえて
単語一つ一つにある、アクセント、強弱を教えてもらいます。

そうすることで、ネィティブスピーカーと
同じような発音で話せるようになってきます。

特にワーキングホリデーの学生さんにとっては
自信を持って話すことに繋がるので、現地で
働く時に役立つのではないでしょうか。

下に動画があるのでチェックしてみてくださいね。

私が参加した日は、最後の週でCharlotte先生の
クラスでした。

9名の学生さんが一人一人10分間、
自分のことについてプレゼンテーションを
行いました。

プレゼンは、ここでも文法や文章の正確さは
ちょっと傍に置いて、クリアに発音しているか
自信をもって話しているか、が重要ポイント。

その発音特訓クラスの授業は
こんな感じです。

Peter Pipper picked…の一つの単語の
アクセントと発音を丁寧にチェックして
いきます。

先生も合間に冗談を言うので、授業は終始リラックスした
雰囲気でした。

英語の発音に自信がもてなかったり、発音を
どうやって習得したらいいか分からない方に
おススメのクラスです!

Greenwich English Collegeについてはこちら

メルボルンでの朝カフェ

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。

先週に引き続いてオーストラリア出張時に
訪ねた学校や出来事について書いていきたいと思います。

メルボルン滞在最終日は、4月25日の祝日アンザックデーでした。
この日は、朝メルボルンのカフェで現地に滞在中のお客さま方と
朝カフェをしました。

急なお呼びがけでしたので、2~3人位来てくださるのかは?
と思ってましたら結構大人数となり、びっくりしました。

お店の片方のテーブル日本人女子がわんさか、お店の
人も「・・・??」

現地にいらして間もない方、学校卒業してこれから
働くぞ~、ワーキングホリデーの方皆さん、現地での悩みや相談事で
お喋りに花が咲いてました。

今回イベントを現地で手伝ってくださったYukaさん、本当に有難うございました^^)
Yukaさんは、メルボルンに長くお住まいでして、現地で日本人と地元オーストラリア人とで
踊る「よさこいグループZEN」を運営されてます。

朝カフェにいらしていた数人のお客様も、メルボルンに長く住んでいる
Yukaさんに、英語の上達方法や「どうしたら学校以外の場所でオーストラリア人と
知り合うことができるのか?」ということを相談してました。

丁度その日Yukaさんはよさこいの練習に行く予定だったことから、
「よさこい踊りに来てみたら?ローカル居ますよ♪」

急遽Yukaさんの「一緒に来る?」と声がけで
朝カフェ解散後、一部の方々はよさこい踊りへ移動して行きました^^

メルボルンでこうしてご出発された
お客さまと少しの時間を共有できて、本当に楽しかったです。
そして、お客様同士で横の繋がりができて良かった、と思いました。

また機会がありましたら
いつか、朝カフェ、朝BBQ?開催したいと思います^^

今回の朝カフェはこちらのお店でした。
Manchester Press:

メルボルンランゲージセンター校

アクティブウーマン留学センターの土屋です。
これから週毎に今回の現地視察のミニ報告を
していきたいと思います^^

まずはメルボルンランゲージセンター校。

フライトキャンセルというハプニングで、メルボルン入りは
大幅に遅れましたが何とかメルボルンランゲージセンター校に
到着しました。

学校スタッフと:

メルボルンランゲージセンター校は、アクティブウーマン留学センターの
お客様では看護師の方が多く、殆どの方が半年~一年の長期留学です。

*英語習得(医療英語)を目指す方
*将来、オーストラリアで看護師免許登録を目指したい方

日本国内でも外国人の患者さんが増えてきている背景があり、
診察時などでコミュニケーションをとるのに英語が
必要だと痛感されるそうです。

多くの学生さんが英語力初級から入学されて、後半には
医療英語、IELTS試験対策コースへ編入されて
卒業を目指してます。

そして英語のコースを受講しながら
週一回「看護プログラム」を受講していくことができます。

看護プログラムは、なんと24年間ずっと開講されています。
36週間かけてメルボルンにある医療機関視察を行い、終盤には
現役の看護師さんと看護英語レッスンがあるものです。

詳しくはこちら:
こちら

また、こちらのメルボルンランゲージセンター校の
学校機関には、他に社会福祉資格を学ぶStott’s Collegeがあります。

お客様の中には、メルボルンランゲージセンター校で英語力をつけて
更に社会環境での人のサポートについて学ぶことができる
社会福祉コースへ進学されています。

学校には日本人スタッフ:みきさんという方も
いらっしゃるので日本から到着した時から、その後の
進路相談まで面倒をみてくれる頼もしい存在です。

余談ですが、空港から学校までベテランのおじさまドライバーに
送ってもらいました。
フライト遅延で病院視察が出来ないと聞いて、車で通りすがりに
「あそこの病院はね、この病院は、、」と色々説明してくれました。

車から見ただけですが、、病棟がでかい。。。
はんぱなく大きかったです。

是非、ご自身の目で確かめに行ってくださいね^^

メルボルン:まさかのフライトキャンセル

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。
GW中、2週間程オーストラリアの学校を訪ねてメルボルン、シドニー、バイロンベイ、ゴールドコースト、
ブリスベンそしてケアンズに滞在してきました。

東京→ゴールドコースト→国内線メルボルン入りする予定でしたが、
空港へ向かう成田エクスプレスで、このゴールドコーストからメルボルン行きが
欠航と連絡が入りました。

メルボルン到着後、直ぐにメルボルンランゲージセンター校に
移動して、看護プログラムの視察を行う予定でした。

と言うハプニングがあり、ゴールドコーストで4時間強ほど
過ごさなくてはなりませんでした。
空港周辺のエリアには詳しくないので、インフォメーションセンターで
地図をもらい、バスでTweed Heads 方面で途中ビーチ沿いに出たので
途中下車しまして、ビーチ散策をしてきました。

白い砂浜、透明な海水、日差しは強いものの
本当に「あ~、ゴールドコーストだぁ。」とリラックスできました。

ここですよ~

白い砂浜、、小麦粉の上を歩いているような感じ。

インフォメーションセンターでもらった地図を見て、初めて気づいたのですが、、
ゴールドコースト空港は、Queensland州とNew South wales州に跨いで
あるのですね!ということは、常に一時間の時差があるのですよね。

丁度滑走路に二つの州の境界線が走ってます。
滑走路離着陸するパイロットはどっちの時間で
やりとりするのでしょう・・・?

こうした新しい発見があり、その後無事に
メルボルンへ到着することができました。

予定から大きく遅れましたが、何とか学校に辿り着き
学校スタッフの方とも会えました。

学校の話はこの後に。。。。

環境保護

アクティブウーマン留学センターの土屋です。
今日はどんより雨模様ですね。ほんとにどんよ~りです。

丁度ゴールデンウィークと重なるようにオーストラリアへ
学校視察へ行ってました。メルボルンから北はケアンズまで、短い間でしたが
各都市での滞在を楽しんできました。

滞在中、ホテルのテレビやネットなどで「スーパーでのビニール袋禁止令」についての
ニュースを良く見ました。お!っと思いましたので
今回のブログのネタにしました。

7月1日からクィーンズランド州のスーパーマーケットでは
レジ袋が廃止となるそうです。

小さいビニール袋は対象外となるので、なんだか微妙ですが。。
でも、オーストラリアで好きなところは、こういった環境破壊に繋がる対策を
直ぐ講じるところです。

実際には人の生活に不便さが生じるけれど、はっきりと「環境と野生動物保護のため」と
行動を起こすところはとても素晴らしいと思います。

クィーンズランド州政府の「エコバッグをつかいましょう」という
紹介ページに載っているエコバッグの写真がまた可愛いです。

↓↓

こちら

出張の際に、ケアンズ市内に新しくできた
水族館に行ってきました。
入り口には海で見つかったゴミで出来た魚のオブジェが飾られてました。

ビーチサンダル、歯ブラシ(!)発砲スチロール、ペットボトル、ボトルのキャップ
こうしたものが海に流れて、魚や海鳥が餌と間違えて食べてしまうことで
生態系に影響があるそうです。

近頃、レストランではこんな紙でできたストローが
使われているそうです。プラスティックに見えますが紙でできているそうです。
かわいいですよね。
(余談ですが、乗っかっているミントの葉っぱが大きいですね^^ オーストラリアなんでもデカイです)

バイロンベイ訪問時にお世話になったドライバーさんも
「マクドナルドとかKFCとかゴミを出すものが
俺たちは基本的に好きじゃないんだ」と言ってました。

オーストラリアの人達の環境保護への熱い、
私も見習いたいと思います!

ホームステイ体験

こんにちは。
アクティブウーマンの土屋です。

4月23日からオーストラリアに滞在しています。
昨日、シドニーからここバイロンベイに到着しまして
ホームステイをしています。

バイロンベイイングリッシュランゲージスクールの
アコモデーション担当のJessikaさんのお宅に泊めてもらってます。

お部屋が可愛いのです。

ご主人Caseyさん、Bellaという名前の犬とCosmoという名前の
猫、それからSaraさんというスペインからの学生さんと
楽しく滞在をさせてもらってます。

Caseyさんは家具職人でなんと、お家の家具も
自ら作っています。

ワンコの背後、棚に入っているボックスは
開くとチェス盤になっていて、
表面は白木と黒木の寄木細工になっています。
これもCaseyさんが作られたものです。

ダンナさんが家具を作れるなんて最高ですね。
Jessikaさんご自身もドレスメーカーですが
緻密な作業の連続から体調不良となり、今は
学校業務に専念されています。

ハッピーなホームステイを送る
アドバイスは?とお聞きしたところ、

予め学校から渡しているファミリー詳細を
受け取られたら、メールやFacebookでファミリーと
コンタクトを取っておくと良いそうです。

ご家族がどんな方か、お仕事はどんなことを
しているのか聞けるし、
自分のことも相手に伝えることができます。

そして学校からの書類にファミリーの
名前が記載されていて、何て言うのかな。。?と
思ったらぜひ、対面した時に
聞いてみてください。

ホームステイ中、日々の家事をちょっとだけでも
手伝ってください、とのこと。
そうすればそこで短いけれど
英語で会話をすることができ、気持ちが通じます。

Jessikaさんのお宅には、多い時で三名学生さんが
滞在するそうです。

最後にネコのCosmoが
私の部屋に入ってきたので
記念撮影!

「コモンウェルスゲームズ」

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。

だんだんと春っぽくなってきたと思ったら、ここ最近は
肌寒い日が続いてますね。皆さんにおかれては風邪など
引かれてませんか。

冬のオリンピック・ピョンチャンではパラリンピック
が始まりましたね!

そのオリンピックのような4年に一度行なわれるイベントが、これから4月14日に
ゴールドコーストにて開催されます。

ちょっと前にもご紹介してました
「コモンウェルズゲームズ」です。

そのコモンウェルスゲームズとは?
ちょっと調べてみました。

「コモンウェルスゲームズ(Commonwealth Games)は、
イギリス連邦に属する国や地域が参加して4年ごとに開催される総合競技大会である。」

参加する国は、イギリスと関係がある国々でその数70ほど!
その中にオーストラリアやニュージーランドを含む、諸々の国が
含まれています。

メダルもこんなに素敵ですよ^^

先日、ゴールドコーストのある学校さんから
スタッフの方がいらっしゃいました。

このイベントが今年はゴールドコーストで
開催され、交通渋滞、宿泊施設、いつもは人口50万程の小さな街に
世界中から大勢のアスリート、観光客がどしどし来ることから
いったいゴールドコーストの街はどんなになってしまうのか~、と楽しみ半分
心配半分といった感じでした。

開会宣言には、なーんとチャールズ皇太子が
執り行うそうです!

今ゴールドコーストやブリスベンにいらっしゃる留学生の方は
英国王室の要人を生で見れるチャンスがあるかもしれませんね!

オージークリスマス☆

こんにちは。

アクティブウーマン留学センターの土屋です。
今夜はクリスマスイブですね!

オーストラリアに留学中のお客様たちは、初めて迎える
真夏のクリスマスを楽しんでいらっしゃると思います!

クリスマスと新年にかけて、シドニー他ブリスベン、メルボルンでは
花火が盛大に打ち上げられると思います!
皆さん、安全に楽しんできてくださいね!

で、日本でこれからオーストラリアへ行く予定、の方にとっては
オーストラリアの真夏のクリスマスって、どんなだ?

日本の気候が寒いと真夏のクリスマス、って想像しにくいですよね。
ということで、こんなクリスマスソングを見つけました。

その名もオージークリスマス!

よかったら歌詞もチェックしてみてくださいね。

Aussie Aussie Christmas – Amber Lawrence

では、皆さん
ハッピーオージークリスマス☆
オイ!オイ!オイ!