ケンブリッジ試験コース

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。

梅雨ですね。。どんよーりしています。
先日、梅と氷砂糖と瓶を購入しました。夏に向けて
梅ジュースを作ろうと思います。

オーストラリアに留学していた時は
この梅、特に梅干が恋しい時がありました。

梅干も漬けてみたいけど、、今回は梅ジュースにしようと
思います。あ、紫蘇も入れてみようかな。

さて、皆さんは「ケンブリッジ英語検定試験」をご存知でしょうか。
TOEIC試験であれば、多くの方がご存知だと思います。

ケンブリッジ英語検定は、
1858年にイギリスの名門、ケンブリッジ大学によって設立された英検でして、
イギリスやヨーロッパ各国、オーストラリアで主流の英語検定試験です。

前回のブログからの続きですが、今回のオーストラリア出張時では
二つの学校でそれぞれ開講されているケンブリッジ英語検定試験クラスに
ちょっとだけ入れてもらい、現地の学生さんとお勉強してきました。

1校目はバイロンベイにあります、Byron Bay English Language Schoolで
授業を受けました。

学校はこちら

15名ほどの学生さんのほぼ全員がヨーロピアン、日本人は私のみでした。
授業に参加したのが月曜日、学生さん達は週末旅行でフレーザー島に
行っていたそうです。

お休み明けでちょっとけだるそうな学生さん達を先生がきりっと、
授業へ入れるよう導きます。
「フレーザー島での見所は何?」について隣の人と
話してみて、と先生。

単にお喋りではなく、何を見たのか、何で見どころだと
思うのか理由も話さなくてはなりません。
私は隣の2人の学生さんの輪に入りましたが
もう、二人共マシンガンの様にべらべらべら~と島の
感想を述べます。

その学生さんの手元には分厚いファイルがあり、
中は沢山のノート、問題を解いて出来なかった箇所にハイライト付け、
そうしたものを沢山綴じてありました。

ヨーロッパの学生さん達にとってケンブリッジ英語検定試験は
就職時に必要なテストだそうです。
皆さん真剣に勉強してました。

もう一校は、場所は変わってサンシャインコーストにあります
Lexis English校です。
こちらの学校は他に、ブリスベン、パース、バイロンベイ、ヌーサにも
キャンパスがあります。

学校はこちら

Lexis English校もかれこれ10年以上ケンブリッジ英語検定試験コースに
とても力を入れている学校です。
サンシャインコーストキャンパスでも授業に
ちょっとだけお邪魔しました。

こちらのクラスも14名ほど、私以外はヨーロッパの学生さん
でした。授業ではまず文法問題の答え合わせ。

私の隣は、香りの良いヾ(´ε`*)ゝスペイン男子Angel君でした。
文法問題の答え合わせで間違うと「ああぁー、」と頭を振り
間違った箇所をマーカーで印を付けてました。

そうなんです、学生さん達を
こんなに真面目に勉強をさせてしまうのが
ケンブリッジ英語検定試験なのです。

また授業のトピックは「お金」についてでした。
関連している単語、フレーズを沢山上げなさい、と
言われます。

また香りの良いヾ(´ε`*)ゝスペイン男子Angel君と
二人で色々単語を考えました。

因みにこの
香りの良いヾ(´ε`*)ゝスペイン男子Angel君は
彼女と一緒に留学しているそうです。

丁度向かいの机に座っているのが
彼女なんだ、と教えてくれました。

両校ともあまりに学生さん達が真面目に
勉強されていたのでとても刺激を受けました。
あ~学生に戻りたい、と思いました。

オーストラリアの主要都市にある語学学校の
ほとんどがケンブリッジ英語検定試験に力を入れてます。

また面白いことに、上記のようなのんびりしたローカルタウンの
語学学校でも最高の授業を受けることができるのです。

これから語学留学をお考えの方は、「留学の目標。。。うーん」
となったら、是非基礎力を鍛えて、最後に
ケンブリッジ英語検定試験コースを目指して欲しいです。

英語力に自信が持てるように
なりますよ!

この記事を書いた人

Michiyo Tsuchiya
Michiyo Tsuchiya
東京都内の百貨店で販売のお仕事をしてました。
アメリカの調理器具販売店、ブランドブティック等々で働いていてました。
包装は早いし完璧です^^

留学に結び付いたのは
イギリスにあるBootsという小売店が日本進出した際に、帰国子女の同僚、イギリス人スタッフに囲まれて働いた経験からです。

「あ~彼等みたいに話せたらな~」

最初はアメリカのボストンの語学学校で9か月間学びました。
毎日沢山の宿題に追われて大変でしたがとても楽しい留学期間でした。                              

そして二度目の留学先はオーストラリアでした。その時はアクティブウーマンのお客さんでした。
学生ビザで滞在し、お休みの日にはローカルのシェルターと呼ばれる動物保護施設で
ボランティアをしてました。

趣味は、絵画、食器収集、デパートに勤めていたので
包装紙の匂いが何故か好きです。