レメディアルマッサージ

こんにちは。

アクティブウーマン留学センターの土屋です。
12月も中盤に入り、年内に留学プランを決めてしまいたい、という
お客様が増えてきたように思います。

特に今週末にかけて、オーストラリアでレメディアルマッサージの資格を取りたいという
ご相談が相次ぎました。

お一人は東北方面から、もうお二人は九州からわざわざオフィスへいらっしゃいました。
マッサージの話を聞きたい!と思い立ち飛行機で、別の方は深夜バスでいらっしゃいました。

さすがアクティブガールですね。
行動が早いです。
素晴らしいです^^

将来自分のマッサージのお店を構えるのが夢、その為にもスキルアップされたいと仰ってました。
開業は日本?オーストラリアでしょうか?
将来が楽しみですね。


ところで、レメディアルマッサージ?とは??

筋肉や骨格の問題を探り、再発しないように
治療を施すという意味合いが出てくるマッサージ技法です。

日本でのマッサージ店やエステサロン等での
リラクゼーション目的のマッサージよりもっと体調を整えることに
フォーカスした技法です。

日本では認知度が低いレメディアルマッサージですが、
イギリス、欧米、オーストラリアでは「治療法」として浸透していまして、
一般の方も気軽に利用しますし、プロのアスリートも治療+メンテナンスとして良く利用されてます。

アクティブウーマンではゴールドコーストにある
Massage Schools of Queensland という専門学校を紹介しています。

レメディアルマッサージの技術を習得できる専門学校で
弊社からはも毎年数名入学されています。

ご入学時にはある程度の英語力が必要とされますので、最初に語学学校へ行かれてから
このマッサージ校へ入学される方が殆どです。

受講期間は1年2ヶ月程、長期間ですがトレーニングに時間をかけるため
しっかり技術習得ができます。

もちろん在学中アルバイトも出来ますので、学校近くのマッサージ店や
ゴールドコーストにあるホテルのスパで働いて習得した技術を実践することも出来ます。

コースについてはこちら

因みに学校はサーフィンの大会も行なわれるバーレイヘッズという
美しいビーチタウンにあるのですよ^^

来る2019年、2020年はラグビーワールドカップ、オリンピックゲームが
日本で開催されます。

世界中からトップアスリートが大勢来日することを考えたら、こういったマッサージ技術も
人と人との「ホスピタリティ=おもてなし」に繋がるのではないでしょうか。

 activewoman.jp 
オーストラリア留学とワーキングホリデーなら
https://activewoman.jp/apply/apply_index.php
女性専門の留学エージェント。手配料0円。ワーキングホリデー、語学留学ならお任せ。応援ブック無料プレゼント。

この記事を書いた人

Michiyo Tsuchiya
Michiyo Tsuchiya
東京都内の百貨店で販売のお仕事をしてました。
アメリカの調理器具販売店、ブランドブティック等々で働いていてました。
包装は早いし完璧です^^

留学に結び付いたのは
イギリスにあるBootsという小売店が日本進出した際に、帰国子女の同僚、イギリス人スタッフに囲まれて働いた経験からです。

「あ~彼等みたいに話せたらな~」

最初はアメリカのボストンの語学学校で9か月間学びました。
毎日沢山の宿題に追われて大変でしたがとても楽しい留学期間でした。                              

そして二度目の留学先はオーストラリアでした。その時はアクティブウーマンのお客さんでした。
学生ビザで滞在し、お休みの日にはローカルのシェルターと呼ばれる動物保護施設で
ボランティアをしてました。

趣味は、絵画、食器収集、デパートに勤めていたので
包装紙の匂いが何故か好きです。


オーストラリア留学についてのお問い合わせ


アクティブウーマン留学センターは国内唯一の女性専用オーストラリア留学エージェント。留学に行きたいけど勇気が出ない。そんな女性たちの背中を押し続けています。
メールでのお問合せはこちら
詳しい資料「留学応援ブック」のご請求はこちら