留学荷物で悩まないヒント

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

今日は留学に持っていく荷物について少し書こうと思います。

 

1年の留学の場合、特に洋服はどれくらい
持っていったらいいのか、悩みますよね。

基本的にはスーツケースは1つ、です。
これで十分。

 

必ず洗濯をするわけですし、
どこのジャングルへ行くわけでもないので
寒い、暑い、などの気温差があれば、
現地でなんでも購入できます。

 

むしろ、スーツケースの半分はカラで

渡航するくらいのほうが、いいと思います。

日本のものをぎゅうぎゅうに詰め込んで、
そのまま持って帰ってくるよりは、
半分カラで行って、帰りはオーストラリアのものを
詰め込んで帰ってきたほうがいい。

 

 

そのほうが、「あ~、これ、

オーストラリアで買ったんだよな」

と、懐かしの思い出になる。
思い出用の空白はたくさんあけておいたほうがいい。

 

旅行に行くときって、
日本で準備している時が一番ナーバスで、
あれもこれも必要かも、と思いますが、
実際に旅が始まると、何を持ってきたとか
もう忘れるんですよ。

 

私はけっこう旅慣れているので、同じパンツを4枚とか、
Tシャツは綿ではなくナイロン製とか(軽くてすぐ乾くから)
とにかく利便性重視にしているので、
パッキングの際にあまり悩みません。

現地で必要になったものは、当然現地で買えます。

 

 

余談ですが、先日沖縄に行きました。
東京で水着を用意していこうと思ったのですが、

「そういえば水着ってどこで売ってるの?」

と、ふと思いました。

 

大きなショッピングモールにいけば売っているのでしょうが、
暑いし、混んでるし、なぜか水着ってめちゃくちゃ高いし、
なんかもう買い物に行くのが面倒になりました。

 

最悪の場合は、Tシャツと短パンで泳げばいいか。
どうせすぐ乾くし。

と、こんな感じで気楽に

「観光地なんだから、

現地にいけば水着ぐらい売ってるだろう」

と、手ぶらで行きました。

 

するとやはり、現地では水着がたくさん売ってる。
しかも安い。東京の半額。

現地で2着購入し、初日から海で遊びました。

 

 

オーストラリアも同じ。
ビーチエリアには水着ショップが必ずある。
しかも安い。
わざわざ探さなくても、当たり前に水着が売っている。

サマードレスも、安くて可愛いのがたくさんある。
急におしゃれな服が必要になっても大丈夫。

 

あ、あとはね、モノがないと、

ものすごく工夫するようになるんです。

例えば、「あ、タオル持ってこなかった」となります。
プールから上がって濡れている。

 

そしたら、「乾いた布」であれば

なんでもいいわけなので、
私はTシャツで拭いちゃいます。

 

 

そういう、代替案がどんどん思いつく。
日本では絶対にやらないようなことも、
モノがないことで、アイディアマンになっていく。

 

「なんだか私、たくましくなっていくなあ、ふふふ」

と、ちょっと楽しいんですよ。

 

私にとっての旅は、

自分がどんなものを着ているかよりも、
どんなものを見るのか、食べるのか

といった、

景色や人や美味しい食べ物などの

経験との出会いがメインです。
アテンションが外に向く。

なので、あまり自分の着ているものが気にならない。

 

もちろん、「気分があがる服」というのはありますが、
欲張りすぎて、それで荷物がパンパンになって、

重くて身動きとれなくてお土産も買えない、

となると本末転倒ですから。

 

旅とは本来、気分を変えたり経験を楽しみに行くもの。
自分のファッションショーではありません。

フォーカスするものを変えるだけで、
荷造りのストレスはラクになりますよ。

 

★ブログが直接あなたのLINEに届きます!★

登録はこちらをポチ

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム