ケアンズVSメルボルン対決!あなたはどっち派?

こんにちは。桜井です。

昨日追加募集した大阪カンセリングは
一瞬で埋まりました。
が、入れ違いでまたキャンセル枠が出ました。

5月25日(土)13:30~

セミナーと同日の一番の人気枠が空きました。
特にセミナーに参加予定の方で、
そのままカウンセリングを受けたい方は
ぜひこの機会にご利用下さい。

さて、昨日書いたように
今日は来週開催される
海外からのゲストスピーカーによる
お悩み解決のセミナー詳細をご紹介します。

どこも素敵で選びきれない。
海も都会も好き。
おしゃれもしたいし、のんびりもしたい。

そんな街選びに悩む人に、
特に来て頂きたい内容です。

今回は北の代表都市「ケアンズ」と、
南の代表都市「メルボルン」から、
それぞれの学校代表者がご来店下さいます。

この、南北という両極端な街だからこそ、
面白い比較だな、と思って
あえてこの2校を選抜して
セミナーをすることにしました。

ケアンズとメルボルンって、
ぜんっぜん違うんですよ。

ケアンズは常夏で冬がこない街なんです。

だからいつも半そででいられて、
ビーチまで近くて、
鳥の声がいつもどこかで聞こえている。

とにかく青い空。まっしろな雲。

そんな、のんびりした街です。
ローカルの人たちとの会話も多く、
みんなおしゃべりで、とにかく人懐こい。

目が合えば、絶対に「ハロー」って
笑いかけてくる。
手ぶらじゃ帰しませんよ(笑

対してメルボルンは、カフェの本場。
南半球のロンドン、と言ってもいいくらい
街並みはおしゃれで、活気があります。

大学も多く、ビジネス街でもありますが、
シドニーほど混んでいないので暮らしやすい。

世界で一番住みやすい街に
7年連続1位に君臨した王者の風格。

アート、音楽といった芸術の都で
歴史を感じる街並み。

また、市場も活気があり、
「メルボルンに恋をして」
という小説でも書けそうな雰囲気のある街です。

パリとか、ロンドンとか、
そんな街並みが好きな人にむいています。

そして、もう一つの隠れ選択肢があります。

ケアンズのような常夏の空気と、
パリのようなカフェや市場の活気、
その両方をもつのが実はブリスベン。

今回くる2学校は、実は2つとも、
ブリスベンに第2キャンパスを持っています。

ブリスベンって、観光地じゃないので
情報が集めづらいんです。

ブリスベンの話を私たち以上に
詳しくできるエージェントは
他にいないんじゃないかな、と思います。

個人的には、ブリスベンは
テニスの国際大会があるので
私はさらに詳しいです。

テニス観戦チケット持ってると、
電車が無料で乗れます(笑

ゴールドコーストまでも1時間。
日帰りで行ける距離なので便利な街です。

明日は、各学校の特徴を簡単に
シェアしていきますね、

街選びの不安を解決!特別来日セミナー

日程&予約
*URL2*

20名限定となりますので、
少しでも都市選びに不安がある方は
まずはお席だけでも押さえて下さい。

 

この記事を書いた人

妹尾 百合子
妹尾 百合子
エンジニア歴十ウン年。二児の母。
WEBに関する事、保険の事、ビザの事などを担当しており、アクティブウーマンを影から支えています。リモートワークスタッフです。
留学を志す全ての女性の応援しています。

ボーカリスト、ピアノ弾き、フルート吹き。
お笑い好き、ゲーム好き、園芸バラ、歴女、教育オタク、マンガオタク・・・多趣味です。


留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム