英語力は夜にのびる

ケアンズに「サンパシフィック・カレッジ(SPC)」という、
3食つき全寮制の語学学校があります。

ドーナツやパンケーキ、コーヒー、ココア、
ジュースが2種類に卵料理にシリアルなど
もうホテル並みのご飯を出すので、みんな
寮から出たくなくなる学校です。

そして、土日授業ありませんが
朝食が美味しいので、みんな結構ちゃんと起きてきます(笑

この学校が今年1月にブリスベンキャンパスを
オープンさせました。

2都市にキャンパスをオープンさせたことで
学生さん都市間を移動できるというメリットができました。

ずっとケアンズにいてもいいですが、
英語のステージによってブリスベンへ移動してもいいと思っています。

先日、1年間の語学留学でSPCへ行ったアクティブガールズ二人が
揃ってブリスベンへ移動しました。

ケアンズとブリスベン好対照な街です。

ケアンズっきり言って何もない。
バス30分に一本しかこないし、
近所にコンビニが1つあるだけ。
まわりビーチ。

ブリスベン徒歩2分以内にカフェが10件、
タイレストランやメキシカン、フードコートが2か所に
ユニクロ。バス1分おきにじゃんじゃん出ています。

彼女たち、「何にもない場所から、なんでもある場所へやってきた」
と笑っているそうです。

ケアンズでそれぞれ8か月、10か月過ごした
女子たちが、そんなおしゃれな都会に移動してきて、「二つの街のどっちがいい?」
と訪ねたところ、二人とも口をそろえて

「ケアンズ!!」

これ意外でした。
20代の若い女子が口をそろえて
「何もないケアンズ」がいいと

理由を聞くとよく分かりました。

ケアンズ全寮制なので、授業が終わった後も
寮の部屋の中でもずっと英語

ブリスベンでシェアウスに暮らす二人
り日本語で話してしまうそうです。

「これがケアンズだったら、今ごろ英語だよね」

とよく話すそうです。

結局町の学校で、日本語を話す時間が多くなる。
これって結局、学校の日本人比率の問題でありませんよね。

そして、ケアンズ校で夜の授業もあったし、
宿題も多いので、夜まで勉強する癖がついています。

ブリスベンに移動してきても、
教室に残って勉強しているそうです。

余談ですが、ブリスベン校で遅刻15分まで認められていますが、
ケアンズ1分!1分たったらクラスに入れません。

ケアンズが厳しいわけでなく、ブリスベンバスで通学する子が多いので、
バスが遅延した場合を考慮して、最大20分までの遅刻認めているそうです。

ケアンズ当然通学「30秒」の寮にいますから
遅刻1分まで!
そして、ほとんど遅刻する子もいないのですが、
遅刻してクラスに入れないとどうなるか。

遊びにいく場所もないので、熱い外でひたすら授業が終わるのを待っています。
暇なんです。

中でみんな冷房の効いたクラスルームで楽しそう。
早くクラスに入りたい、という気持ちにさせます。
分かります。この学校にいるとクラスルームのほうが
楽しそうなんです。

これがブリスベンだとしたら。
街のど真ん中、渋谷でいえばヒカリエに学校があるような立地です。
クラスを締め出されたら、当然遊びにいっちゃいます。

ケアンズがいい!という理由。
それ英語しか話さないという環境。
そこに集中できるという環境。
地域に守られているという安心感。
先生との距離、スタッフとの距離。

ケアンズでバスに乗れば大きなショッピングセンターが
ありますが、徒歩圏にコンビニのような
野菜やらお菓子やらミルクやらを売る店が
ひとつしかありません。

ちなみにここのレジのおばちゃんまで、母国語を話している学生がいると、
注意してくるそうです。
ご近所さんみんなが、学生の英語を伸ばすために
英語オンリーポリシーを見張っています(笑

徒歩10分のビーチで、ローカルしかいないので
ビールを飲みながらバーベキューしたり、
小さなビーチbarで波の音を聞きながら、
素足で砂浜の冷たさを感じて
のんびりと地平線を眺める。

釣りをする人達に話しかける。
犬の散歩をする人にローと笑いかけてみる。

星空がくっきり。
月の光を頼りにビーチを散歩。

なにもない生活、何もないからよく見える。
風、鳥の声、潮の満ち引き。
流れ星、満月、新月。

なにもないから外に出よう。
なにもないから誰かに声をかけよう。
日が昇ったから起きよう。

そんな生活東京でやったことがない。
だから新鮮で面白い。たくさんの発見と刺激。
自然発見の宝庫。
お店でものを買うよりも面白い。

田舎の人親切で人懐こい。
日本でも同じですよね。
外国人目立つから、あの子、この子とみんなが顔を覚える。
そして声をかける。
だから英語がめきめき伸びる。

ブリスベンに移動した二人曰く、
英語が圧倒的に伸びるのケアンズだそうです。

それも、夜に一番伸びる。
ドミトリーで英語でおしゃべりするからです。
英語でしか話せない、という環境がとにかく英語を上達させます。

初級のうちにケアンズでみっちり英語オンリー。
ブリスベン中級、上級になると威を発揮します。

まわりが店だらけなので、中級以上のがあれば仕事すぐに見つかります。
図書館でカンバセーションクラブがやっていて
土日も夕方4時まで開いています。

大学や専門学校が多いので、アカデミック。
自主的に勉強できるようになった学生に
学べる環境が整っています。

今の自分がどのレベルか、に応じて
都市を変えられるの、とても合理的だと思います。

1年の語学留学を検討している方や
英語が全くの初心者の方にとにかくお薦めしたい学校です。

何よりも学食のご飯が本当にホテル並みなんです!
そして、学校のポリシーが、

「生徒が卒業後に、”卒業して寂しい”と言ってもらえるような学校を
目指したい。高い授業料を払って、社会人の場合仕事を辞めてくるわけだから、
その元をしっかりととって欲しい」

素晴らしいと思います。
去年の夏に「Japan」のスペルがかけない学生さんの手配をしました。

京都の通信制高校の生徒です。
本当に英語初心者でしたが、彼女「授業が楽しい!」と言ってくれました。

お金を貯めて今度長期で留学したい、という夢を持って帰ってくれました。
同じく進路で悩む学生の手配をしたら、お母さんが御礼に来てくれて、
元の明るい子に戻った、と言ってくれました。

あちらでたくさんの大人と出会うことで
たくさん刺激をうけたようです。日本で自分価値がないと思い込み、
挑戦する勇気を失い、居場所がなかったけどまたやる気が出たそうです。

20代が多い学校ですが、大人の学生が多いからこそ
若い学生の世話をしてくれます。
みんな学生さんが優しいなあ、といつも思います。

ちなみに50代の男性も2年くらい通っていました。
彼と視察の際に学校で出会いました。

日本で開業医でしたが、自分の医院をたたんで留学しました。
ケアンズで医者になる!という志をかかげて。
留学時英語初心者でした。医者の登録長い道のりです。

オーストラリアの免許書き換えの試験のために
この学校でずっと学生をしていましたが、先日やっと試験に受かりました。
2年間も収入がない中、家族もよくサポートしました。

2年もいるので私もすっかり仲良くなり、
彼の小学生の次男私のテニスの練習相手です。
すっごく上手です。ケアンズに行くといつもこの次男を誘って
テニスの練習相手になってもらっています。子供なのでママが送ってきます。
現地校に通っているので英語もぺらぺら。
羨ましいです。

いろいろな年齢、国籍、事情を持った学生がいます。
語学学校面白い場所です。

日本で会うことがない面白い人たちの宝庫です。
そして、あなたもそんな人たちの一人ですよ。

サンパシフィックを詳しく見る
https://activewoman.jp/aus/school02/school01.php

 

毎日こんなビーチのそばで暮らせますよ

この記事を書いた人

Akiko Sakurai / 桜井 彰子
Akiko Sakurai / 桜井 彰子
29歳の時に渡豪。それまでバックパックを背負って世界中を旅していました。
訪れた国は30カ国くらい?中東は自転車で国境を超えました。
悩んでいる女性の背中を押したくて、女性専門の代理店を2005年に立ちあげました。
以来毎年600名の女性を海外へ送り出しています。

趣味はテニスで2013年から始めました。出張の時はラケットを持って行って
現地でもプレイしています。

留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム