オーストラリア留学の目的、動機と留学の種類

あなたは気がついていないかもしれませんが、 ”留学したい”というその気持ちがすでに目標なんですよ。

「海外で暮らしてみたい」「知らない世界を知りたい」

それは立派な目標です。
そこから先は、手探りで進みながら探すもの。

日本でじっとしていても天職ややりたいことは、いきなり降ってきません。
あなたは「英語を話せるようになりたい」「海外で暮らしてみたい」という目標をもったんです。まずはそこからです。
そんな気持ちをもてたことがいかにラッキーなことだということを知ってください。

「失敗したらどうしよう」という人がいます。
でも、失敗だったか成功だったかというのは、ず~っとあとになってからわかるものなんですよね。起こってもいない未来の心配を今しても仕方ないですよね?

未来の失敗を心配する時間があったら、成功する方法を考えてください。
学んだことで無駄なことはひとつもありません。勇気を出してトライしてください。
そのためのお手伝いをするのが私たちアクティブウーマンの仕事です。

留学の動機や目的

英語が話せるようになりたい

外国人の友達とスラスラ会話するのは、みんなの憧れ
外国人の友達とスラスラ会話するのは、みんなの憧れ

英語が話せるようになりたいから海外留学へ、というのが一番シンプルな理由だと思います。
海外旅行に行った際にホテルのチェックインやレストランでのオーダーならなんとか出来るけれど、込み入った話までは出来ない、という方は多いのではないでしょうか。

旅先で地元の人に話しかけられたり、同じ旅行者同士に話しかけられたりした際に、逃げ腰にならずに、日本語で話すのと同じようにすらすらとおしゃべり出来たら、旅の思い出も一層深いものに変わってくると思います。

今の自分を変えたい

思い切り挑戦して、おもいきり笑おう!留学は自分への挑戦
思い切り挑戦して、おもいきり笑おう!留学は自分への挑戦

毎日同じ暮らし。同じ時間に起きて、同じ電車に乗って、同じ仕事をして、同じ時間に帰宅して、同じテレビを見て。

こんなルーティンを繰り返している間に、あっという間に1年が過ぎた、なんてことはありませんか?

このまま何もしないで年を取っていくのは嫌だ!という理由でやっと行動を始める方も多いです。

海外で新しい暮らしが待っています。オーストラリアのカフェで週末を過ごす毎日は最高です。
海外で新しい暮らしが待っています。オーストラリアのカフェで週末を過ごす毎日は最高です。

日本で何もしないで過ごす1年と、思い切って海外へ飛び出して新しいことに挑戦しながら過ごす1年では、1年後に雲泥の差がついてきます。
経験値やサバイバル能力、心の知能指数もあがってきます。

  • 自分の枠を破りたい
  • 今の暮らしを変えたい
  • 新しいことに挑戦したい

その一つとして、もともと好きだった英語や海外というキーワードを追ってみるのも、若い方なら自然な流れだと思います。

海外で暮らしてみたい

海外生活は新鮮!マーケットでの買い物もオーストラリア留学の魅力
海外生活は新鮮!マーケットでの買い物もオーストラリア留学の魅力

日本以外の国で暮らしてみたい、という憧れは遠い夢ではありません。
学生ビザワーキングホリデービザといったビザを取得することで、希望すれば誰でも可能になりました。

オーストラリアはビザが発給されやすい国の一つであり、多くの外国人を受け入れています。
仕事も見つけやすいため、語学学校で英語を習得しながらアルバイトをして生活をしていく方がたくさん在住しています。

ローカルの市場での買い物は。オーストラリアの人々との会話のチャンス
ローカルの市場での買い物は。オーストラリアの人々との会話のチャンス

海外ドラマが身近になり、海外のライフスタイルをたくさん目にするようになった今、海外で暮らしてみたい、という憧れはとても身近なものとなりました。
そして、オーストラリア留学でそれを現実にする方がたくさんいます。

広い世界を知りたい

日本を飛び出し、世界を知ろう
日本を飛び出し、世界を知ろう

日本で暮らし、日本語環境で日本人だけとばかり接触していると、どうしても情報が偏ります。
また、テレビやSNSで配信される世界遺産や美しい海など、「広い世界を見てみたい」という欲求と好奇心は、いくつになっても誰にでもあると思います。

そんな好奇心を満たすために、海外に出てみるのはごく当然のこと。
最初は海外旅行から始まり、短期のお試し留学、そしてもっともっと海外での生活を知りたい、となると、次は留学となるのも自然な流れです。

オーストラリアは世界50か国以上の国々から留学生が集まります。
そんな人たちと同じ教室で学び、英語でそれぞれの国の話をし、郷土料理を作って紹介したり、シェアハウスで一緒に暮らしたりしていると、オーストラリアという1つの国に来たにも関わらずに、世界中の文化を知ることができます。

キャリアアップのための専門知識

 

20代のうちに将来のキャリアを考えましょう
20代のうちに将来のキャリアを考えましょう

留学をする方々の中にはこのまま仕事を続けていても将来に不安を感じる方が多いです。
あと10年たったら、同じ職場にいれるだろうか?この仕事を続けたいだろうか?

そう考えた時に20代女性なら特に、何か自分の強みになれる技術をつけておきたい、と考えるはずです。
このまま同じ職場にいたくない。でも、他に私ができることはなんだろう。

多くの女性たちが、20代で留学し、新しいキャリアにチャレンジしています。
多くの女性たちが、20代で留学し、新しいキャリアにチャレンジしています。

何をしているとワクワクするだろう?
そう考えたときに、英語を使った仕事という選択肢を選ぶ方も多いです。
自分の将来のキャリアのために英語力をつけて転職に活かしたい、と考える女性たちも多いです。
そういった方の場合は1年の語学留学でまずは英語力を磨き、現地で専門コースに進学し、さまざまな技術力をつけて帰国する方も多いです。

海外での進学

海外での大人の進学は、オーストラリアでは当たり前
海外での大人の進学は、オーストラリアでは当たり前

最初は多くの方が語学留学からスタートしますが、海外で進学を目指す方も多くいます。
大学や専門コースなど海外での進学を視野にいれてみてはいかがでしょうか。

ビザは現地で延長可能ですので、まずは1年英語力の基礎を身に付けるために英語コースに行きながら、進学担当と自分の将来について相談をしていきます。

オープンキャンパスはぜひ行ってみてください
オープンキャンパスはぜひ行ってみてください

現地でのカレッジはオープンキャンパスが開かれたり、担当者が学校へ説明に来たりして、進学先のアピールを行います。
実際にキャンパスに行ってみることで、自分の興味のある学部を選んでもいいでしょう。

また、日本と違いオーストラリアでは専門学校がとても盛んです。
専門学校は州立や私立など大学よりも遥かに多く、専門技術が細分化されています。

日本であらかじめやりたいことが決まっている方は別ですが、まだ何がやりたいか分からない場合は、英語力や自分の興味に応じて決めていくのがお薦めです。

AWの女性で多い留学目的ランキング

1位 日常会話が話せるようになりたい

英語で普通におしゃべりしたい!が留学の目的NO1
英語で普通におしゃべりしたい!が留学の目的NO1

私たちのお客様で最も多いのはこちらです。
女性たちは英語を身に付けることで何か仕事に生かしたいというよりは、純粋に英語をもっと自由に話せるようになって、旅行を楽しんだり、日本にきた外国人を助けたいなど、純粋な理由で留学を決める方がほとんどです。

そして、この純粋な理由はシンプルですが、動機として一番大事なことだと思っています。
これが根底にないと、現地で「何しに来たんだろう?」と迷子になった時に、基本を思い出せます。

2位 海外で暮らしてみたいという憧れ

旅行ではなく海外で普通に暮らしてみたい、という憧れが多いです。
旅行ではなく海外で普通に暮らしてみたい、という憧れが多いです。

これも多いです。実際は1位とセットの理由だと思います。
英語を学ぶにはやはりその言語を話している国に行ったほうが早い。
さらにそこで暮らすという憧れ。

「海外」と一口に言っても憧れる暮らしのイメージは千差万別です。
青い空と海のある街で、自転車にのって風を切りながら走る自分をイメージするのか。
パリのような喧騒で、お花屋さんやチーズ店の店員さんたちと、常連らしくおしゃべりをしながら暮らすのか。

そのどちらであっても、実現できるのがオーストラリアという国の最大の魅力です。
暮らしを選べる。好きなタイプの街で暮らす。そうやって自分の理想を叶えていきます。

3位 今の自分を変えたい

オーストラリアに行けば環境が変わり、環境が変われば自分も変わる
オーストラリアに行けば環境が変わり、環境が変われば自分も変わる

人によっては日本での生活がイヤ、自分がキライ、自分を変えたい、という理由で環境を変えたい女性たちも多いです。
実際に環境を変えれば出会う人がかわり、自分の考え方も変わります。
何かを変えたいのであれば環境を変えることが一番早い、と個人的には思いますが、それを実行する女性たちも多いです。

仕事をやめて、暮らす国を変えて、言語を変えれば、劇的に自分が変わってきます。
留学1年後、ビフォー、アフターを比べてみると、信じられないくらい生活が激変する女性たちも多いです。皆さん良い意味で本当に変化します。

オーストラリアでは景色が全て変わりますよ!
オーストラリアでは景色が全て変わりますよ!

日本にいて仕事漬けで、プチウツ病になっている女性たちも多くいるのが現代社会です。
そんな女性たちは現状を逃げ出すことに抵抗があるようですが、逃げるが勝ち、という言葉もあるくらいですから、とどまることが必ず良いとも限りません。
現状を変えるのは自分の権利ですから、どんどん変えていきましょう。

4位 海外で働きたい

同じ仕事でも、海外で英語で、となれば成長につながります
同じ仕事でも、海外で英語で、となれば成長につながります

海外で働いてみたい。これも海外暮らしと同じくらい憧れだと思います。
働くといってもアルバイトからオフィスワークまで、種類は様々ですが英語力や自分の専門技術や知識に応じで可能性は無限にあります。
簡単に現実化できるアルバイト、学生ビザやワーキングホリデービザでのアルバイトでしたら簡単に叶えられます。

それより少し難易度が上がると、日本で自分がやっていたようにオフィスに勤務してのオフィスワークや専門性のある仕事になってくると思います。
こういった就労ももちろん可能です。海外で専門コースを卒業し現地で就職を希望する女性たちもいます。

5位 永住したい

外国人のパートナーを見付けて永住する女性も多いです。

永住を目指して渡航する留学生もいます。オーストラリアに永住者として生活し、働くにはいくつかの種類のビザがあります(3つのビザカテゴリが特に一般的です)。
ビザ申請の要件はいくつかありますが、50歳未満で、十分な英語力があることが必須条件です。

ビザの種類には「サブクラス186」というものがあり、オーストラリア雇用主のスポンサーが必要となります。

次にスキルドインディペンデントビザ(サブクラス189)と呼ばれるもの。
これは指定された職業Skilled Occupation List(SOL)と呼ばれるリストに記載されている必要があり、資格や必要な経験があることの証明書が求められます。

SOLは随時更新されるので、これを取得するために専門コースを専攻する場合は必ず移民弁護士に確認することが望ましいです。

最後は地方ビザ(サブクラス887)と呼ばれるもの。
このビザは、オーストラリアに住んでいて、国の特定の地域で2年以上滞在し、1年以上フルタイムで働いた人を対象としています。そのため、居住したことと、雇用の証明が必要になります。

5位 資格をとりたい

資格はオーストラリアにはたくさんあります。
資格はオーストラリアにはたくさんあります。

何か手に職を、と留学を決める方も多いです。
オーストラリアで取得できる資格は様々で、技術系でしたら、リメディアルマッサージ、ホテルマネージメント、ホスピタリティ看護師社会福祉、調理師、パティシエなどが人気です。

調理専門コースの巨大厨房
調理専門コースの巨大厨房

技術系以外の専門知識ですと、英語力の資格証明であるケンブリッジ検定試験やIELTSが根強い人気です。
ケンブリッジ検定試験はFCE、CAEといったレベルによって分けられ、より難易度が上がるほど英語力の高さが求められます。
何がしたいか分からないけれど、せっかく留学するなら何を資格を持ち帰りたい、という方には大変おすすめな資格です。

これは永久に更新が不要な資格で、一生履歴書に掲載することができる証明書です。
ケンブリッジ検定はヨーロッパでは非常にポピュラーな試験で、これを取得しているだけで就職の合格率が全く変わり、給与にも響いてきます。

学校の中に作られた「ホテルの部屋セット」。ここでホテルマンになるための練習をします。
学校の中に作られた「ホテルの部屋セット」。ここでホテルマンになるための練習をします。

そのためケンブリッジ検定試験準備コースはヨーロッパ人のほうが多く見受けられる傾向があります。

昨今は日本の学生にも知られるようになり、大学受験の際の英語力の査定として認められてきていることもあり、ケンブリッジ検定合格を目指して英語を学ぶ長期留学生も増えてきています。

6位 進学したい

進学先も様々な種類があるのがオーストラリア留学の魅力
進学先も様々な種類があるのがオーストラリア留学の魅力

オーストラリアで進学を目指す女性たちに多いのは大学よりも専門コースです。
社会人女性たちは上述したような理由でまずは英語を話すことを目的に渡航します。

そして、現地でさらにやりたいことを見付けて進学を希望する方が多いです。
社会福祉コースビジネス専門コースマッサージが人気専門コーストップ3です。
ヨガ留学をされる方もいます。

すでに留学経験がある方で、IELTS6.0前後の英語力がある場合は、英語コースを受講せずにそのまま専門コースへ願書を出すことも可能です。
その場合はIELTSスコアの提出、もしくは学校の提示するレベルテストを受験してパスする必要があります。
専門学校によっては日本の学校の卒業証明の提出が必要な場合もあります。

オーストラリア留学の種類・タイプ

オーストラリア留学にはどのような種類の留学方法があるのでしょうか?

語学留学はもちろん、幅広い専門技術を身につける留学までいろいろな留学の形があります。
あなたに合う留学タイプを選んでください。

留学にはどんなタイプがあるのでしょうか。
留学にはどんなタイプがあるのでしょうか。

語学留学

留学で一番一般的なものです。
進学や資格などやりたいことがあったとしても、また、現地で仕事がしたい、アルバイトがしたいとなっても、必ず必要になるのが英語力です。
語学学校では半数以上がこの語学留学を目的とした学生で構成されています。

短期留学 (1週間〜)

短期留学でも、十分に海外の生活を楽しめます。アクティビティもたくさん
短期留学でも、十分に海外の生活を楽しめます。アクティビティもたくさん

ETAと呼ばれる短期観光ビザでの留学も可能です。
ETAは3か月の滞在期間が許可されており、その間に観光だけではなく就学も可能です。
そのため、長期の留学が時間的に難しい方などは短期留学をしてみても良いでしょう。

また、学生さんなどは春休み、夏休みを利用して、1~2週間の短期留学をされる方が多いです。
社会人の方も、会社を辞めるのは難しけれど、ゴールデンウィークや正月休みを利用して渡航することも可能です。

ただし、オーストラリアはクリスマスはほぼ全ての語学学校が閉まります。
そのためクリスマスを海外で過ごすついでに語学留学を計画されても学校がクローズしているので注意して下さい。

長期留学 (学生ビザ、ワーホリビザ)

学生ビザやワーホリビザで長期留学、滞在される方もたくさんいます。
学生ビザは半年~1年が一般的ですが、1年半のビザが出る学校もあります。
ワーキングホリデーでは1年のビザが出ますので、最初の4か月は学校に通い、そのあとにアルバイトをしながらお金を貯めて、好きな街を旅行しながら過ごす方も多いです。

花を買い、公園で本を読む。そんな日常生活を楽しめるは旅行ではなく長期の語学留学やワーホリならでは。

3つの事例で解説!留学費用シミュレーション

専門留学

オーストラリアには私立と州立の専門学校があります。
TAFE(Technical and Further Education)と呼ばれる州立の専門学校は各州で運営されています。
TAFEにはオーストラリア人向けと、外国人向けのコースがあり、外国人と自国民では料金が異なります。

また、全てのTAFEで外国人向けのコースが開催されているわけではないので、やりたいことが決まったら、自分の行きたいTAFEで外国人向けのコースが用意されているのかを確認する必要があります。

専門留学で資格取得はオーストラリアではとても人気です。
専門留学で資格取得はオーストラリアではとても人気です。

私立の専門学校と、州立の専門学校との違いですが、主にサービスの違いといえるでしょう。

私立は日本人スタッフが在籍して生活サポートをしてくれたり、補習クラスを母国語でやってくれたり、滞在先の手配をしてくれたりと、サポートが手厚い場合が多いです。
費用もそれほど変わらないか、安いため私立の専門コースを選ぶ方も多いです。

リメディアルマッサージ留学

オーストラリアといえばリメディアルマッサージ

オーストラリアではRemedial Massageはとてもポピュラー。技術を習得するとお仕事はたくさんあります。
オーストラリアで主流なリミディアル・マッサージ(RemedialMassage)の技術を学びます。
リラクゼーション、解剖学、生理学、リフレクソロジー、スポーツマッサージ、指圧など幅広い技術の習得を目指します。
Diplomaを取得すると、民間医療保険が使えるクリニックを開業することが出来ますので、就職の際に仕事の幅が広がり、コース終了後は、豪州政府認定のDiplomaが取得できます。

学校内にはステューデントクリニックがあり、ここで学内実習として実際に患者さんに施術をします。
また、ほとんど全員の学生がアルバイトをしながら学校へ通っているので学費以外の生活費は現地でまかなっています。一回の施術で25-60ドルもの収入があるそうですよ。

リメディアルマッサージ留学について詳しく知る

看護留学

看護留学は看護師さんには人気の進学
看護留学は看護師さんには人気の進学

日本で正看護師免許を持っている場合はオーストラリアの看護学部を卒業しなくても、免許の書き替えが可能です。
そのため海外看護師を目指す方もいますが、それよりも多いのは、海外看護視察の行える留学です。

看護師免許取得はお金も時間も英語力も必要で、何年もかかる根気のいる道のりです。
多くの看護師さんたちは、海外に移住して看護師になるというよりも、英語を習得して日本で外国人患者さんを助けたい、という理由で看護留学をされる方がほとんどです。
そのため英語コースと病院やホスピスなどを視察するプログラムが人気です。

看護留学について詳しく知る

ヨガ留学

ヨガ留学もオーストラリアでは人気
ヨガ留学もオーストラリアでは人気

今後、ヨガをご自身のキャリアとして真剣に考えていかれたい方の為の、ヨガ講師資格取得コースがあります。
コースは日本語通訳つきで気軽に参加できるものから、しっかりと学生ビザを取得して現地に滞在しながら1年学ぶものと2種類があります。

1年コース修了で、Certificate IV Yoga Teachingを取得。
こちらは世界レベルのヨガ講師資格に値し、全米ヨガアライアンス、ヨガオーストラリアの認定を受けていると同時に、オーストラリアの職業訓練認定組織の認定資格でもあります。
世界的に認められたオーストラリアの職業訓練校資格を取得することにより、国内外で認められる資格、そして勿論資格でなくスキルを身に着けることのできる、質の高いコースです。

英語が苦手な方は、バイロンベイのヨガセンターで日本人スタッフのサポートのもと、通訳つきで学びます。
年に一度の開催となり、英語力に関係なくどなたでも参加できるコースです。ビーチに近いプール付きの合宿所で、約2週間にわたってヨガのポーズや、瞑想、呼吸、骨格など様々なことを学びます。ヨガの先生として教えるための知識もここで学ぶことができます。

ヨガ留学について詳しく知る

社会福祉(ソーシャルワーカー)留学

人の話を聞いて、解決策を導くプロです。2年間のコースなのでしっかりとオーストラリアに滞在したい方におすすめ。看護師さんやセラピストの方にも向いています。
人の話を聞いて、解決策を導くプロです。2年間のコースなのでしっかりとオーストラリアに滞在したい方におすすめ。看護師さんやセラピストの方にも向いています。

社会福祉士のスペシャリストを目指す留学として人気です。
社会的に弱い立場にある人達の状況、そして心を理解し、Quality of Lifeの維持・向上の為のサービスを提供します。

あなたは、”社会福祉士”と聞いて、どのようなお仕事を思い浮かべますか?
老齢介護を思い浮かべる方が多いのではないかと思いますが、実は介護士と社会福祉士とは全く異なる職業なのです。

社会福祉とは、経済的困窮者やホームレス、薬物中毒者や虐待を受けている児童、心身に障害のある人、高齢者…このような生活する上で何らかの支援や介助を必要としている人々に、彼らの生活の質を向上させるため、社会的に何らかのサービスを提供することを指しています。
こういった分野を専門とするスペシャリストを育てるのが、こちらのコースの大枠です。

社会福祉(ソーシャルワーカー)留学について詳しく知る

ホスピタリティ留学

名門学校で世界に通じる調理師を目指す
名門学校で世界に通じる調理師を目指す

オーストラリアの名門でホスピタリティのスペシャリストになるための留学です。
オーストラリアは世界的な観光大国ですから、ホテルやレストランが軒をつらねます。
ホスピタリティはホテルのプロを目指したり、調理、パティシエ、サービス、ツーリズムなど、あらゆる接客と観光、おもてなしを学びプロとなるための留学です。

専門学校ではホスピタリティ、観光、飲食業界関連で即戦力となる技術を身につけるトレーニングを提供しています。なかでもウイリアムアングリスはヨーロッパの学生の中では名前の知れた名門校。

ホスピタリティ留学について詳しく知る

学校の中には学生のトレーニング用レストランがあり、ここで地元の住民たちを格安で招待し、本格的な練習をします。

メインキャンパスは2012年以降3年連続して世界一住みよい街として選ばれたメルボルンのシティにあり、学校全体の学生数は年間2万4千人を超え、そのうち1,500人ほどの海外留学生が学んでいます。

またシドニーのシティにあるサリーヒルズには、2014年より新キャンパスがオープンしています。
ほかにも中国、マレーシア、タイ、シンガーポールにも提携キャンパスもあります。
知名度が高いため、この学校の卒業生は就職先に困りません。「ウィリアムを出ているのであれば」という認識は専門家の間では定評があります。

大学留学

英語を習得したら次は大学進学の道も選べます。
英語を習得したら次は大学進学の道も選べます。

オーストラリアには43の大学があり、各州または準州に少なくとも1つの大学のメインキャンパスがあります。
ほとんどの大学には複数のキャンパスがあり、複数の州や準州にまたがっており、オーストラリアのどこで勉強したいかを選択できます。

大学進学に必要な書類は多数ありますが、一般的には次のものが必要になります。

英語が母国語でない場合は、英語能力試験を受験する必要があります。
最も一般的なのはIELTSです。そして、ビザ申請をするには、次のものが必要となります。

  • 登録の確認(CoE)
  • パスポート
  • 英語能力試験結果
  • 資金証明(往復航空運賃、授業料、および年間合計AU $ 18,610(US $ 14,300)をカバーするのに十分な資金)
進学は新しい未来への第一歩
進学は新しい未来への第一歩

大学進学は日本で決めて行くこともできますが、現地でまずは英語学校に通いながら、オープンキャンパスで大学を見学し、行きたい学部を決めて願書を提出しても大丈夫です。
いずれにしても大きな選択となりますので、カウンセラーとしっかりと決めていきます。

アクティブウーマンは、サポート費用無料の女性限定のオーストラリア留学エージェントです。
オーストラリア留学ワーキングホリデーをお考えの方はぜひ、留学応援ブック留学セミナーでオーストラリアの最新情報を手に入れてください!