Diploma of Community Services 社会福祉ディプロマコース

社会福祉士のスペシャリストを目指す。
社会的に弱い立場にある人達の状況、そして心を理解し、Quality of Lifeの維持・向上の為のサービスを提供する。

あなたは、”社会福祉士”と聞いて、どのようなお仕事を思い浮かべますか?
老齢介護を思い浮かべる方が多いのではないかと思いますが、実は介護士と社会福祉士とは全く異なる職業なのです。

社会福祉とは、経済的困窮者やホームレス、薬物中毒者や虐待を受けている児童、心身に障害のある人、高齢者…このような生活する上で何らかの支援や介助を必要としている人々に、彼らの生活の質を向上させるため、社会的に何らかのサービスを提供することを指しています。

こういった分野を専門とするスペシャリストを育てるのが、こちらのコースの大枠です。

ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE) 学校紹介

ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)
ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)

1800年代からの伝統ある私立カレッジ

ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)は、設立130年以上の歴史を持つ、伝統的な専門学校です。
Acknowledge Educationグループのうちの一校であり、各校で様々なコースを提供していますが、看護留学でもお馴染みのメルボルンランゲージセンターとの姉妹校でもあります。

教育の質も高く保たれ、スチューデントサポートにも注力している学校なので、安心して学生生活を送ることが可能、日本人スタッフも常駐しています。

長い歴史のある学校でありながら、キャンパスは2017年にオープンした綺麗な建物であり、文化と美食の中心地、メルボルンの真ん中で学ぶことが出来ます。学校の目の前には路面電車のストップ・徒歩5分の所に電車の駅もあるので、通学や放課後のアルバイトにも便利です。

社会福祉コース概要

社会福祉ディプロマコース概要 

Diploma of Community Services

こちらのコースでは、社会福祉の分野においてプロフェッショナルとして働いていくための、知識とスキルの習得を目指しています。

例えば、介護施設に入っている高齢の方がおられ、ご家族もいないとします。
その方の、日々の身の回りのお世話は介護士さんがしてくださり、身体の事やご病気に関してはお医者さんが診ます。

ただ、もしこの方がこの先認知症になったら、どうやって生活費や医療費など、お金・銀行の管理をしていくのか。
行政機関とのやりとりはどうなるのか。それまで付き合いのあった友達との接点をどう作っていくのか。

そのような分野のお仕事を引き受けているのが、社会福祉士です。

上記の例は老齢福祉の分野であり、高齢者の方が対象ですが、このコースで学ぶことはそれだけではありません。
両親が離婚してしまった子どもや、育児放棄された子ども、経済的に困っている人、ホームレスや家庭内暴力を受けた人など、社会的に弱い立場にある方たちの心情と状況を理解してアドバイスを行い、その人達が生活の質を維持・向上できるような社会的サービスを提供することを目的としています。

日本でいうソーシャルワーカーやケアマネージャーのような分野でもありますが、学ぶ内容はかなり多岐に渡り、女性支援や移民サービス、雇用サポート、更にはドラッグ中毒者や難民の方を対象とした内容も含まれています。
そういった部分まで学ぶことが出来るのは、海外・オーストラリアならではであり、意義のあるものです。

こちらのコースには400時間の実習が含まれ、それぞれの学生さんの興味のある分野で実務を学ぶことが出来るプログラムです。

コース期間は2年間、基本的に授業は夜間となりますので、お昼のアルバイトで生活費を得ながらの就学が可能です。

コース開講日と費用、入学条件

2020年料金 7月~

  • 学費:$19,000 (1年目:$10,000, 2年目:$9,000) *分割支払い可能
  • 入学金:$200
  • 教材費:$400

2020年コース開講日

4月20日 / 7月13日 / 9月28日

期間

2年間

入学条件

  1.  高校三年生以上の最終学歴があること
    卒業証明書のご提出が必要です
  2. 英語力
    IELTS5.5以上、又はそれと同等レベル。語学学校の修了証でも可能。

ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)のキャンパス写真

1800年代からの伝統ある私立カレッジ  ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)キャンパス写真1

1800年代からの伝統ある私立カレッジ  ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)キャンパス写真21800年代からの伝統ある私立カレッジ  ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)キャンパス写真3

1800年代からの伝統ある私立カレッジ  ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)キャンパス写真41800年代からの伝統ある私立カレッジ  ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)キャンパス写真5

ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)キャンパス写真6

ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)キャンパス写真7

ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)キャンパス写真8

卒業式の様子

ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)卒業式の様子1

ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)卒業式の様子2

ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)卒業式の様子3

ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)卒業式の様子4

ストッツカレッジ(STOTT’S COLLEGE)卒業式の様子5

社会福祉コースは看護師さんにも人気ですが、語学力をつけた後に、学生ビザ延長をする方にも人気があります。

社会福祉ディプロマコースを受講された学生さんの声

なぜこのコースを受講することに決めましたか?

以前語学留学をしていて、IELTSの授業が楽しく思えず、でももう少し英語のコミュニケーションを上達したいと思っていました。

このコースは福祉系なので今後看護師として仕事に復帰した際にも少しでも役に立つだろうと思ったこと、自分の興味のある分野を学ぶ方が楽しく英語の勉強ができるだろうと考え受講を希望しました。

コースが始まる前は必要な語学力に達していない状況だったので強い不安もありましたが、日本での看護師の経験が助けになるだろうと思い、私にとっては一大決心で受講を決めました。

これまで履修した科目のうち、どの科目が役に立った、または興味深かったですか?

一番初めに受講した‘Manage and promote diversity (多様性について)’が自分の価値観を変えるぐらいの内容で、受けて良かったと思いました。

今まで閉ざされていた知識が一気に開けたような思い(笑)と、皆が違って当然ということを改めて学んだような感覚でした。
例えば、年齢、出身、性別、経験、教育、宗教、文化、障害など多種多様で、人権の中で平等であるべきこと、助け合うこと、経験や知識を補い合うことができること。違った背景の人たちが集まることで、職場環境や生産業の面でも向上するということを学び、看護師にとっても大切なことではないかと思いました。

ここで学んだことを今までの自分が理解していたら、違った人間関係(いい方向に)が築けていたかもしれないなと自分を振りかえる機会にもなり、自分がしっくりときて学べた講義だったと思います。

講師も学生に考えさせるような問題提起をし、デスカッションの機会も与えてくれたので、授業の構成が自分に合っていたことも良かった点だと思います。

講師陣はどうですか?

福祉系の世界で仕事をしているので、学生の話を聞いて理解しようとしてくれる講師が多いと思います。経験に基づいて事例を話してくれることもあるし、roleplayや presentationの機会を作って、学生の実践力を高めようと計画してくれることもありました。話すのが苦手な私は初めは死ぬ思いでしたが、訓練させてもらえたと思います。私自身は英語も日本語でもSpeakingの向上が必要だと痛感していますが。講師もDiversityなので、話し方が早口、アクセントが強くて日本人には聞き取りが難しいこともあるし、授業の構成も異なります。先にDiversityを学習していたおかげで、生徒も講師陣の文化を理解してお互いにコミュニケーションを図りながら授業をつくっていたと思います。

実習について

現在1年目の実習を行っています。場所は地域の教会で、通常の教会としての活動と共に、アートプログラムや子供向けの教育プログラム、aboriginal peopleを支援するためのプログラムを提供しています。

その中で高齢者向けのアートプログラムがあり学生が主体となって計画を立てています。背景には周囲にいくつかの老人ホームがあり、家族が近くにいず一人暮らしの高齢者が多い地域であるため、高齢者が外に出て人と会ってお茶とともに話をする機会を作るために、教会の牧師さん(責任者)がプログラムを考えたようです。

私は折り紙、もう一人の学生はサシェ作りを計画しています。地域にポスターを配り、来月実施することになりました。
老人ホームにも訪問する機会があるため同行し、そこに住む方と話しをすることもできます。

水曜のモーニングティーでは教会に通う人と共にデスカッションを行っています。内容はAboriginal people, Diversity, Christianism, などで、全てのことは理解できませんが、参加者の意見を聞き、刺激を受けながら勉強しています。
(少し難しい内容なので、私の頭の中は日本語で理解して考えているので、自分の意見を言うことはできませんが)

自分はクリスチャンではなく、日本の教会活動についての知識もないので比較することはできませんが、地域における教会の役割や community servicesの活動や役割について十分に学ぶことができる、とてもいい実習環境です。

ストッツカレッジについてどう思いますか?

個人的にはストッツカレッジで学んで良かったと思っています。
細かいことを言えば不満もあって、システムの面では改善すべき点はいくつかあります。

内容の面ではDiploma で学んでいる限りでは必要な項目は網羅しているでしょうし、アセスメントも講師がチェックして学生が学んでいることを確認し実習も必要なレベルに達した所を手配しているように思います。

社会&地域福祉分野のどのエリアで働きたいと考えていますか?

現時点ではDiplomaを修了したら日本に帰国することを考えているので、看護師に戻るつもりです。