オーストラリア留学を延長したい!その手段と方法

オーストラリア留学を延長するのはどんな人たち?

延長の理由は様々です。まずは語学学校へ入学しますが、もっと英語を学びたいと思うと、語学学校を延長する人も多いです。
また、英語力が身に着くと、次は進学がメインの理由となります。

専門コースが多彩なオーストラリアでは、大人の専門学校生が多く、とても学びやすい環境です。さらに、オーストラリアでの生活が自分の日常となってくると、日本へ帰国をして生活を始め直すという事が、もはや現実的なものではなくなる方も多いです。

現地でパートナー(彼氏)ができると、ずっとオーストラリアで一緒に生活したいと思うようになり、ビザ延長をする女性も多いです。

オーストラリアは留学生の生活や労働環境もとても良好な国です。
留学生も学生ビザで就労ができるため、長期間の留学が実現しやすい国です。
好条件な環境で働く事が出来ると、ずっとこのまま住み続けたいと思い滞在延長を考える人が多いでしょう。

渡航前から現地延長を考慮している

最初から専門コースまで決めずに、ひとまず語学留学で渡航し、現地で専門コースに申し込む方も多いです。
日本でやりたいことが明確な人はいいですが、渡航前の時点では、まずは英語が話せるようになりたい、という目的の方がほとんど。
なので、現地でビザ延長することを前提に、「ひとまず」1年、という具合に渡航する方は多いです。

留学延長を考える人の悩み

いろいろな理由で現地滞在を延長したいと思う事はあっても、決断まではなかなか簡単な事ではないですよね。
まずビザの問題、金銭面、環境、悩むことはあるでしょう。

さらに滞在を延長する事でその後の生活がどうなるかと不安に思う人も少なくありません。
留学を延長して、出来れば日本へ帰国せずオーストラリアに住みたいと、その方法を探す人もいます。

留学は延長したいけど、その後日本へ帰った後の生活が不安という人もいます。

卒業してすぐに渡航したので、日本での就職活動をした経験がない。年齢的に帰国を先延ばしする事でさらに就職が困難になるのではないかと不安。など、その後の仕事・生活面で悩むという事があります。

オーストラリア留学では日本では学べない事を多く学びます。留学によってどんな力を付けたいかはそれぞれ違います。
まずは、留学中にどんな実力を付けられるのかを一度しっかり考えてみる事も大事です。

現地滞在を延長するにはまずビザ取得がカギ!

オーストラリアにいる限り必ず何かしらのビザを保有していなければなりません。とにかく、ビザを取得できるかどうかが最重要です。

就学期間が終了してから滞在延長したいとなってもビザが切れてしまえば帰国しなければなりません。ビザ延長は卒業前に余裕をもって考えておく必要があります。

就学延長=ビザの延長ともいえます。

ですが、ビザには種類があり延長方法も様々です。必ずしも同じビザで延長する人ばかりではなく、別のビザを取得し直して新たな生活を始める人もいます。

ワーキングホリデービザや学生ビザは自身で申請手配できるのですが、就労ビザや永住権などを考える人にとっては滞在延長は簡単なものではありません。

就労ビザ等にはスポンサーが必要ですし、就職していたとしても自動的に取得出来るわけではなく、英語力や学歴、年齢などの条件が必須です。

しっかりと準備をして条件をクリアしていけば一生住み続ける事ももちろん可能です。

滞在延長の方法を考える人にとって、まずは、学生ビザという選択肢となるでしょう。
※31歳前まではワーキングホリデービザ申請可

延長出来る人と出来ない人

まずは、現在の自身のビザ条件をしっかり確認しましょう。

学生ビザ保有者は、学校の成績や出席率も厳重に管理されていて、それ以降のビザ取得に大きく関わってきます。
常に条件をクリアしているようにしましょう。

学びたいコースがあって滞在延長したという人は、比較的準備はスムーズかもしれません。
学校の手続きさえ完了すれば、後は学生ビザ延長申請の準備へ進めます。

学生ビザとは

学生ビザは大学生や高校生がとるもの、自分は大人だから違う、と思っている人もいるようですが、そうではありません。

社会人も、大学生や専門学生もみんな学生ビザを申請することが出来ます!

学生ビザとは、オーストラリアで留学生として生活するために取得するビザですので、3ヶ月以上の留学の場合、学生ビザを誰でも申請できます。

ビザの年齢制限

学生ビザの申請には年齢制限がありません。

日本で学生だった頃からかなり期間がたっていても全く問題ありません。
お仕事をリタイアした後に留学をされる人もいますよ。

オーストラリアで長期滞在を希望する人にとって、学生ビザが一番の手段となります。

学生ビザでの留学延長方法

<学生ビザ⇒学生ビザ>

学生ビザはオーストラリア国内で申請可能です。

留学中にビザの延長申請をして、新しいビザが取得出来ればそのまま生活を続けられる事となります。

他のビザでの滞在延長方法

31歳になる前まではワーキングホリデービザ取得可能です。
ですが、オーストラリア国内ではビザ申請が出来ません!

英語が話せるようになったらそのまま働きたいと考える人もいるでしょう、ですが、続けて滞在できませんので注意です!

<学生ビザ⇒ワーキングホリデービザ>

一時帰国してワーキングホリデービザを取得出来れば、再度オーストラリアへ入国可能。

ワーキングホリデービザは学生ビザよりも比較的申請が簡易的ですので、早い人で帰国期間1カ月以内でオーストラリアへ戻るといったケースもありますよ!

早く戻りたい!という気持ちで準備を焦らず、まずは必要な事をひとつひとつクリアにしていく事が肝心です。

一時帰国後、1年間ほど日本で働き十分な資金を用意してから再度ワーキングホリデーへ旅立つといったプランも良いでしょう。

<学生ビザ⇒観光ビザ>

オーストラリア国内から申請可能です。

観光のみを目的として滞在延長したい場合、仕事はできません。

日本から旅行に行く場合とは異なります。すでにオーストラリアにいるにも関わらず、ビザを延長して観光する理由がポイントです。 

申請には十分な資金がある事を証明するための残高証明書や、給与明細、訪問する相手の詳細や、旅行工程の予定などを提出する必要があります。

そして、必ず日本へ帰国する理由を示さなければなりません。

学生ビザでの留学延長はこれが必須

学生ビザは必ず学校に在籍していなければなりません。まずは延長後のコース(学校)選びから始めましょう。

学校(受講コース)を決める

人によってはとにかく安くどこでもイイから決めたい、という人もいるかもしれません。
学生ビザ取得可能な学校とそうでない学校がありますので、しっかり選びましょう。

在籍中の学校で、同じコースまたは新しいコースで学習を続けたい場合は手続きも進めやすいです。

別の学校への進学を検討する場合は事前準備をしっかり行いましょう。
どの都市へ行くのか、どんな分野のコースを選ぶのか、なぜその学校へ行きたいのか、詳細に考えていく必要があります。

現地では、オープンキャンパスや学校見学も可能なので、早い段階から希望の学校やコースの情報収集をしておく事をお勧めします。

自分の英語レベル

語学学校で英語を1年以上学んでいる場合、安易にそのまま同じ学校で延長する事は出来ません。

学生ビザは本当に学ぶ必要・意思があるか審査されますので、すでに十分な英語力があるにも関わらず同じコースを何度も繰り返すといったような事はビザ却下に繋がる危険性があります。

また、専門学校のコースを希望する場合、必ず入学基準の英語力(目安:IELTS5.5以上)の証明が必要となります。

英語学校であっても専門コースを扱っている学校や、比較的入学しやすい基準の専門学校もあります。

手続きの事前に必ず確認すること

ビザ申請には必要書類が多くあり、なかなか手続きが進められない事もあります。
期間には十分余裕をもって準備しましょう。

  • 現在保有している学生ビザの期限
  • 受講中のコース終了日
  • パスポートの期限
  • 一時帰国や旅行の予定があるか

ブリッジングビザとは

学生ビザの延長申請をすると、新しいビザが発給されるまで(審査中)はブリッジングビザという扱いとなります。

移民局での審査は数日~数ヶ月かかる場合も稀にあります。

その間に元の学生ビザの期限が来てしまった場合も、ブリッジングビザを保有していることでオーストラリア滞在を継続できます。

ブリッジング期間中は、元の学生ビザの条件下となりますので、留学中と同じ生活が可能です。

ただ気を付けて頂きたいのが、ブリッジング期間中は国外旅行ができません。(別のビザ申請が必要)

留学延長前に一時帰国や旅行を考えている場合は必ず事前に確認しましょう。

日本へ帰国する場合は、日本で新しい学生ビザ申請を行えば大丈夫です。

留学延長にかかる費用

学生ビザ延長申請で必要な経費

  • 学校費 入学金・受講料
  • 申請費 $630
  • OSHC(保険) 延長したい全ての期間加入
  • 生活費・滞在費(引っ越し費用)

2回目以上の延長申請

すでに学生ビザで留学延長をした事があり、延長申請が2回目以上の場合は申請時に別途$700が移民局より請求されます。

どれくらい前から考えてる?

何よりもビザ期限がありますので、それまでに十分期間をもって考える必要があります。

<モデルスケジュール>

  • 3ヶ月~2ヶ月前  学校決定・ビザ申請必要書類確認
  • 2ヶ月~1ヶ月前  学校費用支払い・入学許可証取得
  • 1ヶ月~2週間前  ビザ申請書類準備完了

学生ビザ延長申請の時期

保有中のビザが切れる前に新しいビザの申請をするわけですが、具体的には、約2週間~1週間前には申請を行います。

何カ月も前に申請する必要はありません。

その時点では、滞りなく審査され順調に発給されるよう、正確な申請書類の準備を進めましょう。

時間をかけるべきポイント

申請書類の準備といっても、何が必要か分からない人がほとんどでしょう。
漏れがあっては困りますので自身で申請経験のない人は必ずビザ申請のプロに相談しましょう。

自分で準備に時間をかけるポイントは、まず、『何をしたいか』を整理しましょう。

そして、もっとも肝心なのが『どの学校(コース)にするか』です。

オーストラリアでは日本と同じように専門学校が多く存在します。

州立専門学校(TAFE)や、私立専門学校、語学学校付属の専門コースなど多くの中から選ぶこととなりますので、それぞれの違いをみて決めるにはかなり時間を要するでしょう。

オープンキャンパスや学校見学予約を利用して興味のあるコースを実際に見てみる機会も是非活用してみて下さい。

陥りがちな失敗パターン

留学延長にはたくさんの想いがあると思います。学校選びやビザ申請、学費や生活費の確保などやる事は山積みです。

ただそうした中でもビザ期限は迫ってきます。そのため、不安や焦りが生まれとても辛い思いをする事も少なくないでしょう。

焦りや不安から、とにかくどんな学校でも良いから安く早くビザ取得できる方法を・・・。と思ってしまいがちです。

ですがこれが後々後悔に繋がります。

専門学校(コース)は英語学校のコースよりも比較的学費が安く、資格取得出来るので、どんな学校でもビザさえ取得出来れば良いと安易に決めてしまうと危険です。

確かにビザさえ取得できれば滞在延長は可能です。

ですが、専門コースという事は、ある分野において専門的な知識をローカルの人と一緒に英語で学ぶという事です。
課題提出の宿題やテストももちろんあります。

学生ビザである以上、ビザ剥奪の危険性がありますので、出席率や成績もしっかり保たなければなりません。

専門学校には、その分野でのプロを目指している学生が来ています。

もしも全く興味のない分野でプロになる気がないとなると、学ぶ事が辛くなってしまいます。
クラスメイトと話が合わず学校へ行くことが辛い、でもビザの為には続けなくてはならないとなると、ビザ延長した事が仇となってしまいます。

そうならないように、しっかりと自身のプランを考える時間を持ちましょう。

学校スタッフやエージェントに目的をしっかり話そう!

多くある学校やコースの中から自身で進む道を決めるにはやはり難しい点が多いです。

学校のカウンセラーは学びのプロ。コース内容や進学について熟知しています。

また、学校によって提携校があり進学手続きがスムーズになっています。

学びたい分野や、滞在延長したい理由をしっかり伝え、自身の希望に沿った学校やコース選びをしてくださいね!

ビザの切り替え、滞在期間の延長 関連ページ

アクティブウーマンは、サポート費用無料の女性限定のオーストラリア留学エージェントです。
オーストラリア留学ワーキングホリデーをお考えの方はぜひ、留学応援ブック留学セミナーでオーストラリアの最新情報を手に入れてください!