留学生の声、メルボルンへ留学されたMさん_03

メルボルンの語学学校「インパクト イングリッシュ カレッジ(Impact English College)」に留学され、ケンブリッジ検定のコースを受講しているMさん。
その前には、ご自身でIELTS(アイエルツ)も受験されています!すごい。

その後、現地の専門学校へ進学をお決めになった、Mさんの現在の留学状況を詳しくお伺いしました。

お名前

Mさん

渡航都市

メルボルン

メルボルン

学校名

インパクト イングリッシュ カレッジ(Impact English College)

インパクト・イングリッシュ・カレッジ(メルボルン)

学校について

現在Impact Melbourne通算24週目、ケンブリッジ検定のFCEコースで勉強しながら日本食レストランでバイトをしています。
FCEコース終了後はWilliam AnglissというTAFEにbachelor修了まで4年通う予定です。

※ホスピタリティー留学のWilliam Anglissについて詳しくはこちら
オーストラリアの名門 ホスピタリティーのスペシャリストになる!

ホスピタリティー留学

留学を決めた理由

わたしは元々日本で通信制の高校に在籍しながらフリーターのような生活をしていました。

進路について考えた時に、小さい頃から持っていた留学の夢を捨てきれず、でもいきなり海外の大学に進学するのは怖くて、時間がある今ならとお試しのような気持ちでフィリピン留学2ヶ月+メルボルン留学2ヶ月を決めました。

その4ヶ月間で色々な年齢・国籍・職業の人達に出会い、自分の英語力がだんだん上がって沢山のことを話せるようになるのが楽しくて、もっとオーストラリアで生活したい、英語を勉強したいと思うようになりました。

留学生の声、メルボルンへ留学されたMさん_01

やりたい事が見つかったホスピタリティ留学

Impactの日本人カウンセラーの方との面談の時に、その事と、以前にアクティブウーマンさんのHPで見たメルボルンにあるTAFEのホスピタリティコースが気になっている事を話したところ、すぐにTAFE見学のアポを取って下さりました。
その学校(William Angliss)は、ホテルでのインターンシップを含んだカリキュラムがあることと、実際に目にした充実した設備に夢が膨らみました。

設備が良い分学費が高いこともあり、母に相談する時は不安でしたが、やりたい事が見つかったのならと、生活費を自分のバイト代で賄うことを条件に賛成してくれました。

学校生活について

最初に申し込んでいたGeneral English(Intermediate)での2ヶ月が終わった後は、高校を修了する必要があったので一度帰国して、1月からまたImpactのExtreme EnglishのExcelクラスで10週間勉強しました。

全部の文法を短い期間でやるので大変に感じることもあったけど、とても充実した毎日を過ごせました。
クラスメイトの入れ替わりがないclosed classのお陰でクラス皆と仲良くなる事ができ、韓国人女の子と2人でシドニー旅行に行ったり、別々のコースに進んだ今でも放課後に学校前で集まって話したり、予定を合わせてご飯に行ったり、週末にBBQをしたりしています。

留学生の声、メルボルンへ留学されたMさん_04

当初の予定ではその後TAFEへのPathwayのためにIELTSコースに進む予定でしたが、自分で申し込んで受けたIELTSの試験で目標スコアを取れたこともあり、実用的な英語を学べて一生ものの資格を取れると先生に勧めてもらった12週のFCEコース変更しました。

今のクラスは全員がケンブリッジ検定合格を目指しているので意欲的で、分からない単語や文法を分かるまで先生に質問したり、スピーキングでは積極的に意見を出し合っています。
毎日いっぱい新しい単語を勉強するので、ノートが凄い速さで埋まっていくのが悩みです。。(笑)

アルバイトについて

FCEクラスのスタートと同時期に始めたアルバイトは、日本食レストランでのウェイターです。
接客は殆ど英語で、同僚も韓国人や台湾人、インドネシア人、オーストラリア人など半分は日本人ではないので、英語を使える環境です。

職場には自分より英語を上手く話せる人が沢山いてとても良い刺激にも目標にもなるし、お客様との会話や質問に英語で上手く返せなくて悔しい思いをする事もいっぱいあって、それがもっと英語を勉強するモチベーションになっています。

英語での仕事と学校の両立は大変で疲れる事もあるけど、学べる事や経験出来ることが多くて、日本でただバイト先と家の往復をしていた時と比べて充実した日々を送っているなあとよく思います。

こんなに恵まれて良いのかなって思うくらい、友達、クラスメイト、先生、ルームメイト、同僚など、出会う人の殆どが良い人ばかりで、本当に毎日が楽しいです。

留学生の声、メルボルンへ留学されたMさん_02

不安なことはありませんでしたか?

これから長期間海外に滞在する事にもちろん不安はあるし、SNSで目にする同級生の皆の日常と違う事に寂しさを感じることもあるけど、少し冒険的なこの道を選んだことを後悔をする事はきっと無いと思います。

下家さんを始めとするアクティブウーマンの皆さんには急な再留学の決定やコース変更、ビザの延長など沢山ご迷惑をお掛けしていますが、いつも親身に対応してくださり本当に感謝しています。
日本人の友人から他のエージェントの悪い評判なども聞くので、アクティブウーマンを選んで本当に良かったなと思います。

留学して何か変わりましたか?

まだ完璧に変わったわけではないけど、だんだんポジティブになって自分に自信が持てるようになってきている気がします。

日本にいた頃はよく人と比べて落ち込んだり、病んで1人で泣く事も多かったけど、こっちに来てからはそんな事気にする暇も無いくらい忙しかったり、友達や同僚が小さな事でも褒めてくれるので、最初は褒められ慣れなくて戸惑ったけど少しずつ自分を誇れるようになりました。

後は、コーヒーをよく飲むようになりました!
わたしはブラックコーヒーが苦手なので日本で飲む事は殆ど無かったんですが、こっちではラテやカプチーノ、モカなどミルクと一緒に飲むのが主流(?)で、
バリスタの居るお店がそこら中にあるので文法の授業での眠気と戦うためにほぼ毎日飲んでいます(笑)

もし留学していなかったら、今頃どうしていたと思いますか?

高校を卒業してフリーターになっていたか、自分の行けるレベルの大学に行って特に興味の無いことを勉強しながら、流されるまま何となく日々を過ごしていたと思います。

もちろん海外での生活は慣れないことやわからない事も多くて楽しいばかりではないし、日本で生きる方が何倍も簡単で苦労が少なく楽だっただろうなと思う時もあります。
でも、挑戦しない簡単な人生はつまらないと思うので、1度きりの人生、わたしはラクな方じゃなくて色んな壁にぶつかって沢山成長しながら生きたいです。

 


 

3か月後には専門学校へ進学。これからが楽しみですね!私達も応援しています。

 

アクティブウーマンは女性専門のオーストラリア留学エージェントです。
女性のオーストラリア留学を全力でサポートしています。

海外留学をお考えの方や、漠然と今の自分を変えてみたいと思っている方、セミナーのご参加や、ぜひ一度カンセリングでお話をお聞かせください。