パースのワーキングホリデーの魅力や仕事、求人情報をまとめて紹介!

アジアNO1のサポート実績の無料カウンセリングをご利用ください!

オーストラリアの西海岸に位置するパースは、絶景のビーチや豊かな自然、のんびりとした雰囲気が魅力の都市です。

しかし、パースの魅力はそれだけではありません!

そこで今回は、オーストラリアのワーキングホリデーを考えている方に向けて、パースの魅力を紹介します。

仕事、滞在方法、家賃や食費などの生活費、観光スポットまで、ワーキングホリデーを充実させるための情報を詳しく解説します。

パースでのワーキングホリデーを検討している、またはこれから計画を立てようとしている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

パースでのワーキングホリデーの魅力5つ

大自然が身近でビーチが多くてアクセスしやすい

パースはオーストラリアの西海岸に位置する都市で、壮大な自然と美しいビーチに囲まれた都市です。

まず、市内にはヘイ・ストリートモールやベル・タワー、王立劇場などの観光地があり、ワーキングホリデーをしながら週末の休日を利用して訪れられます。

また、ロットネスト島やシティビーチ、スカーボロービーチなどのビーチがあり、夏にはサーフィンやバーベキューを楽しむ地元の人々で賑わっています。

各ビーチは公共交通機関でもアクセスが簡単なんです。車を持っていなくても問題なし!ワーキングホリデー中に気軽に遊びに行けて、豊かな自然を思う存分満喫できますよ。

家賃が安い

オーストラリアの都市の中でも、パースは家賃が比較的安価です。

例えば、シドニーやメルボルンの中心部と比較すると、同じ条件の物件で家賃が半分以下の場合も少なくない。

そのため、ワーキングホリデーを利用して一時的に滞在する方でも経済的な負担を軽減しながら快適な生活を送ることができます。

また、家賃の安さからシェアハウスやゲストハウスの選択肢も多く、他のワーキングホリデーの人たちも集まりやすいので、友達作りにも最適です。

温暖な気候で過ごしやすい

パースは温暖で安定した気候が魅力の一つなんですよ。

まず、パースの気候は「地中海性気候」。夏は乾燥して暖かく、冬は涼しく湿度が高いことが特徴です。

具体的に気温を見ると、夏の平均気温は25〜30℃程度、冬の平均気温も15〜20℃で過ごしやすいです。

そのため、ワーキングホリデーを利用してパースに滞在する人々は、四季を通じてアウトドアや観光を楽しめます。

他の都市よりも時給が高い

オーストラリア国内の比較として、パースは時給が高いのです!

経済活動が盛んで、仕事も多く、高い時給を維持する要因となっています。

シドニーやメルボルンなどの他の大都市と比較して、同じ業種・職種での時給が平均10-20%高いことが多いため、生活費やお小遣いを貯めやすいです。

特に鉱業の時給が高く、鉱山で働くと、時給A$50(2023年10月16日時点の日本円で4,725円)になるところもあります。

多国籍な出会い

パースは国際的な都市であり、多くの異文化が混在します。

そのため、ワーキングホリデーのビザ制度を利用して、アジア、ヨーロッパ、アジアなど、さまざまな国からの若者が集まってきます。

シェアハウスやゲストハウス、カフェやレストランの仕事を通じて、多国籍の人たちと触れ合うのが当たり前なので、たくさんの友達が出来ますよ。

世界中の人々との出会いと交流の場としてのパース。さまざまな人々との友情やネットワークを築くと、今後の人生やキャリアにおいても大きな財産となること間違いなし!

パースの基本情報について

面積と人口

パースの面積と人口は、以下の通りです。

都市

面積

人口

パース

6,418km²

約214万人

メルボルン

9,992km²

約509万人

シドニー

12,370km²

約536万人

パースの面積は、6,418km²でメルボルンやシドニーと比べると小さいです。

また人口は、メルボルンとシドニーの約4割となっていますが、オーストラリアの中でも4番目に多く、さまざまな国籍の方が住んでいます。

家賃の目安

家賃(シェアハウス)の目安は、パース市内で週A$280(26,485円)、郊外では週A$180(17,026円)となっています。

他の都市と比べると、比較的手頃な価格となっていて、パースはコストを抑えやすいです。

食費の目安

パースの食費は、外食費が高い傾向にあります。

レストランでのランチは、A$20(1,891円)〜A$28(2,648円)となっていて、日本と比べると物価は高いです。

ですが、乳製品や野菜などは、日本と同じくらいの価格となっていることから、自炊することをおすすめします。

仕事事情に関して

パースでは、日本食レストランやファームで働く方が多いです。

日本食レストランとはいえ、地元の方がよく来店するので、ホールで働きたい場合は英語を勉強しておく必要があります。

ファームでは、季節に応じた仕事が見つかることが多いです。

服装

パースは、温暖な気候ですが、服装に関しては、注意が必要です。

日本と同様に春秋は、1日でも温度差があるため長袖を着用したり、冬は気温が0℃になることがあるため、がっつり冬服が必要です。

滞在方法

パースの物価も徐々に高くなっていく傾向にあるため、シェアハウスやルームシェアを選択する方が増えており、滞在方法としてもおすすめです。

シェアハウスは、週A$170〜350・ルームシェア(二人部屋)は、週A$120〜180が目安となっており、ルームシェアの方が少し安いです。

オーストラリア留学セミナー

パースのおすすめ観光スポットを紹介!

キングス・パーク&ボタニック・ガーデン

キングス・パーク&ボタニック・ガーデンは、オーストラリアで最も大きな都市公園の一つであり、パースの中心部からアクセスしやすい絶景スポットとして知られ、豊かな自然と素晴らしい都市の眺望を楽しめます。

公園内には、西オーストラリア州固有の植物を展示するボタニック・ガーデンや、市内やスワン川の絶景を望む展望台があります。

また、散策路やピクニックエリアも充実しており、リラックスした時間を過ごすのに最適です。

パース動物園

パース動物園は、家族連れや動物好きにおすすめのスポットとして知られています。

動物園では、さまざまな動物たちを自然に近い環境で飼育しており、訪問者は動物たちの日常を間近で観察できます。

オーストラリア固有の動物、例えばコアラやカンガルー、ワラビーなどをはじめ、アフリカやアジアの動物たちも飼育されています。

そのため、パース動物園は、動物たちとの特別なひとときを楽しめる場所として、多くの観光客に愛されています。

パースを訪れた際には、絶対に外せない観光スポットといえます。

エリザベスキー

エリザベスキーは、パースの中心部に位置する活気あるウォーターフロントエリアとして知られています。

このエリアは、近年再開発され、多くのレストラン、カフェ、ショップが集まる場所となっており、スワン川の美しい景色を背景に楽しめます。

エリザベスキーには、観覧車や水上タクシーの乗り場があり、リラックスしたり、アクティビティを楽しんだりするのに最適です。

また、夜になると、ライトアップされた景色やレストランでのディナーが人気です。

パースを訪れた際には、都市の新しい観光スポットとして人気なエリザベスキーにぜひ行ってみてください。

ノースブリッジ

 ノースブリッジは、パースのカルチャーとナイトライフの中心地として知られるエリアです。

エリアには、さまざまな国の料理を提供するレストランやバー、カフェが集まり、またアートや文化を感じられるアートギャラリーや、地元のアーティストによるライブパフォーマンスを楽しめる劇場があります。

また、夜になると、多くの人々でにぎわうバーやクラブが活気を見せるので、

ノースブリッジは外せないスポットとなっています。

パースのワーキングホリデーでおすすめの仕事

パースのワーキングホリデーでは、以下の仕事がおすすめです。

・農業・フルーツピッキング:季節によってはフルーツの収穫の手伝い

・カフェ・レストランスタッフ:夏の観光シーズンにはスタッフが不足する場合が多い

・ホテル・宿泊施設のスタッフ:ホテルやホステルでの仕事が見つかる

・鉱業:パースは鉱業が盛んな地域で、特定の資格や経験があれば、鉱山での仕事もできる

・リゾート地での仕事: パース近郊のリゾート地での接客やエンターテインメントの仕事

求人・時給に関して

パースでは、さまざまな求人が存在します。

特に、農業、観光業などでの求人が多く、ワーキングホリデーのビザを持つ人々にとっても多くの雇用機会があります。

時給に関しては、他のオーストラリアの主要都市と比較しても高めで、一般的にはA$20以上が平均とされています。

・マッサージセラピスト:時給A$31.5

・ローカルレストラン:時給A$20

・鉱業の仕事:時給A$50

専門的なスキルや経験を持つ仕事では、さらに高い時給を期待できます。

また、農業やフルーツピッキングのような季節性の仕事では、効率よく稼げる時期もあります。

仕事探しにおすすめのサイト

ワーキングホリデーでパースに滞在する際に、仕事を探すための情報源としていくつかのWebサイトを利用することをおすすめします。

まず、「Gumtree」はオーストラリア全体で利用されている広告サイトで、求人情報だけでなく、シェアハウスや中古品の売買情報なども掲載されています。

Gumtree:https://www.gumtree.com.au/

 

「Seek」はオーストラリア最大の求人情報サイトで、専門職から一般職まで幅広いジャンルの仕事を探せます。

・Seek:https://www.seek.com.au/

 

さらに、ワーキングホリデー向けの情報を提供する「Backpacker Job Board」も、パースでの仕事探しに役立ちます。

・Backpacker Job Board:https://www.backpackerjobboard.com.au/

 

これらのサイトを利用して、自分のスキルや希望に合った仕事を見つけられます。

パースでのワーキングホリデーの注意点

英語力がないと仕事先を見つけにくい

パースで仕事に就くには、一定の英語力が必要です。

特にサービス業や接客業では、英語での日常的なコミュニケーション能力が求められます。

レストランやカフェでのアルバイトを考えている場合、オーダーを取る、お客様の質問に答える、同僚との連携をとるなど、基本的な英語スキルが必須です。

英語力が不足していると、求人の選択肢が限られるだけでなく、仕事のパフォーマンスにも影響が出る可能性があります。

そのため、ワーキングホリデー開始前に英語のスキルアップを目指すことをおすすめします。

選べる仕事の種類が少ない

パースでのワーキングホリデー中に選べる仕事の種類は、他の大都市に比べて限られている場合があります。

理由としてパースは、他の主要都市と比べると、経済規模や産業の種類が限られているためです。

シドニーやメルボルンでは、観光業やIT、マーケティングなど多岐にわたる業種での仕事の機会がありますが、パースでは主に農業や鉱業、サービス業が主な雇用の機会となります。

そのため、特定の業種での経験を積みたい場合や、さまざまな仕事を体験したい場合は、他の都市を検討する必要があります。

他の都市と比べると飽きてしまう場合がある

パースは他のオーストラリアの主要都市と比べると、活動やエンターテインメントの種類が限られているため、一部の人々には物足りなく感じられることがあります。

パースは、都市の規模や人口もシドニーやメルボルンと比べると小さく、イベントやアクティビティのバラエティが少ないです。

シドニーやメルボルンでは、多くの国際的なフェスティバルやイベントが開催されるのに対し、パースではその数や規模が限られています。

そのため、都市生活やさまざまなエンターテインメントを求める方には、パースが物足りなく感じられる可能性があります。

他の都市への移動費がかかる

パースから他のオーストラリアの主要都市への移動は、距離が長いため移動費が高くなることがあります。

パースは西海岸に位置しているため、東海岸の都市への移動は時間とコストがかかります。

パースからシドニーやメルボルンへの飛行時間は約4時間となり、航空券の価格もそれなりに高くなることが多いです。

ピーク時期には、移動費がさらに高騰することがあるため、金額を事前に確認しておく必要があります。

そのため、他の都市を頻繁に訪れる予定のある人は、移動費の予算をしっかりと計画しましょう。

パースでのワーキングホリデーはこんな人におすすめ

パースでのワーキングホリデーは、他の主要都市と比べてものんびりとした雰囲気が魅力で、落ち着いた環境での生活や自然を楽しみたい人に特におすすめです。

パース近郊にはコッテスロービーチやスカボロビーチなど、美しいビーチがあるため、ビーチライフを楽しめます。

自然派はキングス・パークや周辺の国立公園でのハイキングやピクニックが楽しめます。

また落ち着いた雰囲気が魅力で、のんびりとした日常を過ごせるため、大都市の騒がしさから離れたい人にもおすすめです。

パースでのワーキングホリデーは、自然や静かな環境を求める人に最適です!