オーストラリア留学、航空券の手配完璧マニュアル

オーストラリア留学に向け、航空券の手配について詳しくご説明します。
航空券の種類や、費用、購入タイミングや注意ポイント、また多く寄せられる質問についてもQA形式でお応えしています。

このページを読むことで留学前に知っておくべき航空券に関する情報がわかります。

Contents

オーストラリアの直行便がある航空会社

直行便でオーストラリアまで行ける航空会社?
直行便でオーストラリアまで行ける航空会社?

オーストラリア留学に向け、行先の都市や出発日が決まったら、次は航空券の購入です。
オーストラリア行きの飛行機であれば、日本からも沢山の直行便が出ています。
そのため多くの都市に乗り換えなしで行くことができます。便利ですね。

直行便であれば、主な取扱航空会社は「カンタス航空」か、その子会社である「ジェットスター航空」です。

下記のようなカンタス航空やジェットスターの公式ホームページから直接購入することもできます。
どうしても自分で購入されるのが不安な方は、旅行代理店さんに依頼するのも良いかと思います。

カンタス航空公式ページはこちら
ジェットスター公式ページはこちら

航空券の支払方法は?

航空券の支払方法は?
航空券の支払方法は?

インターネットで航空券を購入する場合、決済はクレジットカードになります。
ただ、クレジットカード自体は自分名義のカードでなくても問題ないので、まだクレジットカード作っていない!という方はご家族の方などに借りて購入することも可能です。

航空券は、一度購入すると変更に手数料がかかってしまいます。
出発の直前になればなるほど、変更手数料も上がってしまうので、ご注意ください。
航空券を購入するのは、必ず日にちが確定してからです。

利用できる航空券の種類

航空券には種類があります。
航空券には種類があります。

ビザが決まり、渡航日が決まったら航空券の予約をしていきます。

航空券にもいくつか種類があります。
片道航空券、FIX航空券、OPEN航空券、FIX/Open航空券の4種類です。
それぞれの特徴と違いを比較していきます。

片道航空券

片道航空券
片道航空券

片道航空券は、復路なし往路のみの一般的な片道チケットです。
往復の航空券を買う方が多く片道航空券は割高になっています。
しかし、多くの方がオーストラリア国内や他国を旅行してから帰国します。
そのため、復路の航空券は帰国日が決まったら現地で購入する方が多いです。

また、観光ビザで渡航する場合は片道航空券だと入国が認められない場合もありますので、注意してください。

FIX航空券

FIX航空券
FIX航空券

格安航空券は、このFIX航空券にあたります。

FIX航空券とは、航空券の予約の際に往復路便あらかじめ予約しないといけない航空券です。
FIX航空券は、予算を抑えて航空券を購入することが出来ますが一度設定すると日程変更ができないので注意が必要です。
短期間の旅行や帰国日が出発前から決まっている場合は問題ないでしょう。

Open航空券

Open航空券
Open航空券

Open航空券はFIX航空券と似ていますが、少し異なります。

Open航空券とは、航空券の予約の際に往復路便あらかじめ予約しないといけませんが、期間内であれば現地で日程や搭乗便の変更可能となっています。
往路便の日程が決まっていなくても、期間内であれば変更可能なので非常に便利な航空券です。
しかし、便利な分、FIX航空券よりは割高になっています。

Fix/Open航空券

FIX/Open航空券
FIX/Open航空券

FIX/Open航空券は、Open航空券と似ていますが、少し異なります。

FIX/Open航空券は航空券の予約の際に往復路便あらかじめ予約をいれますが、現地で復路の日程や搭乗便の変更が可能です。
予約完了後、往路は変更不可・復路は変更可能となっています。
また航空会社によって現地での変更の際に手数料が発生する場合もあります。

航空券の費用

オーストラリアまでの航空券はいくら?
オーストラリアまでの航空券はいくら?

オーストラリアまでの渡航費は時期や渡航先によって異なりますが、約5~8万円が相場です。

アクティブウーマンおすすめの航空券

アクティブウーマンおすすめの航空券とは?
アクティブウーマンおすすめの航空券とは?

弊社アクティブウーマンでは、「サザンクロストラベル」という新宿の旅行代理店と提携していますので、お見積もりのメールをお送りすることが出来ます。
お見積もりのご確認を頂き、良ければそのままお支払⇒ご購入を頂く事が可能です。

最初に学校のお申し込みをしていき、その時に航空券のご案内が必要かどうかをお伺い致します。
もしその際に「不要」とされた方も、あとからでもご依頼可能です。
お気軽にお問い合わせ・ご依頼ください。

航空券を購入するタイミングとポイント

航空券を購入するタイミングとポイントとは
航空券を購入するタイミングとポイントとは

ETAS、ワーキングホリデービザの方の場合の購入タイミング

ご出発日が確定した時点で、購入していただければ大丈夫です。
ご購入後は変更に費用が掛かってしまいますので、渡航日を決定されてからご購入下さい。

学生ビザの方の場合の購入タイミング

学生ビザの申請から発給まで、最長2ヶ月かかることもあり、
申請内容によりましては、ビザ発給自体を拒否されることもございます。
その為、航空券は学生ビザが発給された後でご購入をお願い致します。

航空券購入時の注意事項

航空券を購入時の注意点とは
航空券を購入時の注意点とは

航空券予約時に忘れてはいけないのがパスポートです。
ご自身で直接航空会社に申し込みを行う場合は任意かもしれませんが、旅行代理店さんに依頼される時などにはパスポートの提出が必要になります。

何故なら、パスポートに記載されている通りのお名前の綴りで航空券を購入する必要があるからです。
既にパスポートを取得している方は有効期限を確認してください。
まだ取得されていない方は新規取得を早めに行っておきましょう。

パスポートの取得、申請費用、現地での更新方法

オーストラリア航空券についてよくある質問

航空券に関しての質問をQ&A形式でご案内します。
航空券に関しての質問をQ&A形式でご案内します。

アクティブウーマンに航空券の手配を依頼できますか?

はい、可能です。
弊社アクティブウーマンでは、サザンクロストラベル社と業務提携しております。
お見積りは旅行代理店からご案内させて頂きます。

旅行代理店に依頼しましたが、サザンクロストラベルからのメールが来ていません?

迷惑メールフォルダに入ってしまっている可能性がございますので、先ずはそちらをご確認ください。

※もし迷惑メールフォルダに入っていた場合、購入期限が過ぎている可能性が有りますので、その際にはそのメールにご返信いただく形で、お客様よりサザンクロストラベルへ再見積もりをご依頼ください。
※迷惑メールフォルダにも入っていなかった場合再度お送りするようサザンクロストラベルへ申し伝えますので、遠慮なくご相談・お問い合わせください。

まだ渡航日程が決まっていないのですが、すぐ航空券の支払いが必要ですか??

いいえ、必要ありません。
航空券のお支払いは、予約が確定してからとなります。

後に日程を変更される場合、変更手数料等がかかってしまいますので、フライトのご予約は日程確定後にお願い致します。

※サザンクロストラベルのメールには、“3日以内にお振込みください”というような文言が入っていますが、まだその時点で日程がお決まりでない場合には、一度お振込み等何もせず、見送っていただいて大丈夫です。
その後日程が確定しましたら、お客様よりその日程にて、サザンクロストラベルへ再見積もりのご依頼をお願い致します。

旅行代理店から航空券の見積もりをもらいましたが、やっぱり別で買っても良いですか?

はい。もちろん問題ありません。

別で航空券を買いましたが、サザンクロスへの連絡は必要ですか?

特に連絡の必要はございませんが、もちろんご連絡頂いても大丈夫です。
ただ、ご連絡を頂いていない方の場合、「ご購入はお済でしょうか」というようなお伺いのメールがサザンクロストラベルから届くかと思います。
何卒ご了承ください。

一度見積もりを見送ったのですが、また見積もりをお願いできますか?

はい、大丈夫です。
その場合には、最初に届いているメールへご返信を頂く形で、再度お見積もりが必要な旨、直接サザンクロスへご連絡ください。

航空券は自分で買うのと、旅行代理店に依頼するのとどう違うのですか?

旅行代理店によって航空券料金は異なると思います。
サザンクロストラベルでご購入いただく場合、ご出発前や渡航中、万が一フライトがキャンセルされた場合など様々な安心サポートをお受けいただけます。
例えば以下のようなサポートです。

  • ご出発前にeチケットを印刷してお届け
  • 空港の案内地図等を同封
  • 出国・入国カードを事前にお渡し
  • 万が一の欠航・遅延等の際もサポート(直接航空会社とのやり取り不要)

初めての海外旅行手配をされる方で、自分でやるのは不安!という方にはサザンクロストラベルでのご購入がお勧めです。

過去に台風などで空港へ行ったらいきなりキャンセルになっていた、という方がおり、日本の航空会社に何度も電話したけれど、全く繋がらずに困ったという方がおりました。
その際、別のお客様はサザンクロスでご購入していましたが、すぐにオーストラリアの航空会社に直接電話をし、代替えフライトをいち早く確保してくれたという経緯もありました。
旅行代理店は航空券のプロです。普通の方が知らない専用の連絡先もありますので、トラブルの際に頼れる味方になります。

見積もりをいただいたのですが、出発地を変更することはできますか?

サザンクロストラベルでは、アクティブウーマンへ学校のお申込みを頂いた際にご記入いただいたご住所に基づき、出発空港を選んでおります。
例えば関東在住の方であれば成田空港、関西の方なら関西空港等。
その為、もし出発時には違う住所にいる、違う空港からの出発を希望しているという場合には、その旨直接サザンクロストラベルへ御連絡頂ければ大丈夫です。

到着日は入学何日前くらいにすればよいですか?

基本的には、ご入学直前の金曜日にご出発、土曜日ご到着をお勧めしております。

ただ、土曜到着で良い便が無い場合、土曜出発、日曜到着でも大丈夫です。
もし平日のご到着とされたい場合には、一度弊社にご相談ください。
サンパシフィックカレッジの学生寮や、ラングポーツのホームステイ等、学校によっては平日到着不可の場合もございます。

現地への到着時刻は何時頃が良いですか?

ご到着時刻は基本的に何時でも大丈夫です。
ご到着時刻に合わせて送迎を手配いたしますので、ご安心くださいませ。

ケアンズ空港やゴールドコースト空港をご利用の方の場合、早朝5時~6時代にご到着の方が殆どですが、こちらも特に問題ございません。
※インフォーラム校の場合、9:01pm-5:59amのご到着で通常$132の料金が$275となります。
※ラングポーツ校の場合、10.00pm- 6.00amのご到着で、$35の追加料金がかかります。

荷物の重量は20kgまでですか?

お荷物は、ご予約される航空会社や予約内容により異なります。

例えば、カンタス航空やキャセイパシフィック航空、日本航空など、フルサービス航空をご利用の方の場合、基本料金に30kg~の荷物枠が含まれています。
ジェットスター航空などのLCCをご利用なさる場合、ご購入時の初期設定は20kgになっております。
ただ、いずれの場合にもお荷物枠のみ追加購入することが出来、ご希望に合わせて枠を増やすことが出来ますので、お荷物が多くなりそうだと思われた場合、事前に荷物枠を購入されておいた方が、空港で超過料金をお支払いなさるよりも費用を抑えられます。

乗り換えるより、直行便の方がいいですか?

はい。
もしフライトに慣れていらっしゃらない方の場合、直行便が飛んでいる路線であれば、直行便の方をお勧めいたします。
海外やオーストラリア国内の乗り継ぎは英語になりますので、初めての海外の方は直行便が安心でしょう。

航空券が安い時期、高い時期はありますか?

特に、時期によっては高い、安いという事はございません。

例えばゴールデンウィークの頭の日であったり、お盆休みのスタート日であったり、ホリデー時期の開始日には値段が上がる傾向にありますが、だからと言って5月や8月の航空券料金が1ヵ月を通して高いわけではございません。

残席数によりお値段が変わりますので、お日にちが決まり次第早めに購入されることで、安い席を抑えることが出来ます。

航空券の予約は完了したのですが、この後どうしたらいいですか?

ご予約を完了されましたら、次はフライトにあわせて空港送迎をします。
学校へ以下のようなフライト詳細を知らせると、ドライバーの手配をしてくれます。
あとは到着したら、自分のネームボードをもったドライバーさんが待っていますので、滞在先までお送り致します。

学校へ伝えるフライト情報

  • ご出発日:
  • ご出発場所:
  • ご出発時刻:
  • 航空会社:

【経由地(ある場合)】

  • 便名(JQ〇〇など)
  • ご到着日
  • ご到着時刻(am/pm)
  • ご到着場所

【最終到着地】

  • 便名(JQ〇〇など)
  • ご到着日
  • ご到着時刻(am/pm)
  • ご到着場所
  • ご到着ターミナル:(国内線 or 国際線)

航空券はいつまでに予約すればよいですか?

学生ビザの方の場合、上記ビザ発給のタイミングによるご都合もございますが、可能であればご出発2ヶ月前までに購入なさると安心でしょう。
多くの語学学校は、航空券の情報を頂いてからの送迎・ご滞在先手配となります。
また、あまりにギリギリですと格安航空券の価格がどんどんあがります。
残席数が少なくなるほど、価格があがりますので注意しましょう。

サーフボード等、大きなものは持っていけますか?

フライトのご予約をされる時に、追加料金をお支払されることにより、大きなお荷物もお預けいただく事が可能です。
詳細は航空会社によりますが、例えばジェットスター航空の場合、1辺の長さが1mを超えるものは追加料金の対象となります。
下記、ご参考ください。

ジェットスター航空:サイズの大きな手荷物 について
カンタス航空;スポーツ用品の輸送について