国際恋愛の注意点

オーストラリアをはじめ、女子が海外に留学したい理由のトップ10の中には、

  •  英語を話せるようになりたい
  •  海外生活をしてみたい
  •  日本にいてはできないようなことを経験したい

というものがあります。

私たちアクティブウーマンにいらっしゃる留学前の女性たちの話を聞いていると、この理由が圧倒的に多く、大多数を占めています。

しかし、実は裏の理由ランキングなるものが!
それで圧倒的に多いのが・・・

  • 外国人の彼氏が欲しい
  • 外国人と結婚したい

の2つです。

背が高くて、ジェントルマンなオーストラリアの男性はやっぱり魅力的。
英語力アップも大事ですが、そこはやっぱり女子。
あわよくば日本では経験できない「かっこいいオージーとの恋愛」もしてみたいのが本音。うまく行けばゴールイン!なんて。

そんなオーストラリア留学の本音ランキング1位でもある、国際結婚の素敵なところ、苦労するところの「ホントのところはどうなの?」をご紹介していきますね。

幸せなカップルのほうが多いですが、注意事項もしっかりと把握しておいてください
幸せなカップルのほうが多いですが、注意事項もしっかりと把握しておいてください

言語の違い

こどもをバイリンガルに育てるチャンス!
こどもをバイリンガルに育てるチャンス!

ハーフのことどもは生まれながらにして2ヶ国の文化・言語・価値観を学ぶ環境が整っています。これはとても大きなポイントであるようです。

もちろんハーフのこどもが全員バイリンガルになるというわけではありませんが、同じ言語を母国語とする両親に育てられるよりも何倍も、バイリンガルになる可能性を持っています。

しかし、実際国際結婚をしている友人によると、バイリンガルに育てるのは本当に根気がいるそうです。
(そして、ハーフだというだけで2か国語が話せて当たり前だと思われてしまうようですね。)

例えばオーストラリアで生活している場合、保育園に通い始めると子どもは英語だけの環境で生活をはじめ、日本語を使わなくなってきます。

母親が日本語で話しかけても、英語でしか返事しないようになってきます。
そんな時心を鬼にし、日本語で話しかけてくるまで返事をしないというような厳しい対応をしていかないと、バイリンガルに育たないそうです。難しいですよね。

細かい話が伝わらない…

言語の違いからくるすれ違いもあります
言語の違いからくるすれ違いもあります

国際結婚をするカップルのうち、どちらかがどちらかの国の言語を流暢に話すことができるカップルは意外と少ないようです。

どれくらい相手とのコミュニケーションを問題なく行うことができるかはカップルそれぞれですが、言いたいことがうまく伝わらないことがお互いのストレスとなってしまうことは多いようです。

 

喧嘩をしても、お互い何を言っているのかわからず、解決どころか逆に互いのイライラを掻き立ててしまったなんてエピソードも。

 

ただ逆に、伝わらないこと前提に生活しているカップルによると、全部説明する必要がないことが当たり前になっており、それが楽なのだそうです。

とらえ方によってはストレスにも、気楽な点にもなるのですね。

文化の違い

一緒に生活を始めると、文化の違いも徐々に分かってきます。
一緒に生活を始めると、文化の違いも徐々に分かってきます。

オーストラリア人をはじめ、海外の男性たちは常にレディーファーストで、愛情表現はいつもストレートです。素敵ですよね。

そして、日本人男性に比べると家事や育児に積極的であるようです。

 

しかし!

それと同時にあまり”専業主婦”というものを認知しておらず、夫と同等の収入を求めてくる場合もあります。家事も育児も、仕事も平等なのですね。

 

日本人女性とオーストラリア人の彼の間では、あまり起こりえないかもしれませんが…時に日本人の感覚では受け入れられないような宗教観や風習を持った国だってあります。

 

結婚式の風習が違う 等、幸せな場面での違いなら許せるかもしれません。

 

しかし病気になった時、とても飲み物とは思えないような不味いドリンクを出されたり、怪しげな民間療法で対応されたという体験談もあります。

いつでも的確な医療を受け、適切な薬を処方してもらえる環境にある私たちからは考え難い現実です。

体調を崩したりして、辛いときにそんなことが起こると、この国で一生生きていくなんて無理だなんて感じてしまいそうですね。

生まれた国の違い

国が違うえば常識も違う。それを乗り越えていきましょう
国が違うえば常識も違う。それを乗り越えていきましょう

国際結婚をする場合、どちらかがどちらかの生まれ育った国で生活することになりますよね。
お互い日本人でも、実家が離れた土地にある場合、帰省も小旅行のようなものですよね。
それがさらに海を超えることとなると、ただの帰省も家族にとって非日常的な出来事となります。

友人の話によると、孫ができることによって親同士の付き合いも深くなり、英語の「え」の字も知らなかった日本の両親が英語を学び始めたのだとか。
何となく家族が一つにまとまり、より結びつきが強くなったのだそうです。

それぞれの国によって法律や手続きがすべて違うため、結婚するのにも、ビザの手続きをするのにも、日本人同士の結婚では全く必要ないような手続きがたくさんあります。

相手と一緒に日本に住む場合、日本語のあやふやな相手のためにすべて自分が請け負わなくてはならないことだってあります。

国によっては永住権が出るまで何か月間も必要であったり、手続きが完了するまで国外へ出られないなどの不自由もあるようです。

レディーファーストで、いつまでも奥さんを女性として扱い、女性の社会進出について日本人男性よりも広い目を持っているという理由から、国外の方と結婚したい女性が増えています。

付き合っているうちにパートナービザを得て、プロポーズをされて永住権なんてこともよくある話です。恋も英語力も永住権も。

全ては行動力のある人だけが得ることができるものです。あまりうじうじ考えず、行動しましょう!キラキラしていて、好きなことに全力で動けるエネルギーを持った女性を、男性も放って起きませんよ。

ラテン系は意外と紳士?

情熱的な南アメリカの男性はどんな生活でしょうか?
情熱的な南アメリカの男性はどんな生活でしょうか?

続いては付き合う男性の注意点です。
オーストラリアへ留学すると、たくさんの国籍の学生さんたちと出会います。

当然、外国人男性と接する機会も増えますよね。
アジア人ばかりの日本では見慣れない、南米、ヨーロッパ、中東からの男性や、同じアジアでも、台湾、韓国、タイ、マレーシアなど 異文化圏出身の男性と知り合う機会が増えていきます。

目・肌・髪の色や堀の深い顔立ち…。
違うのは見た目だけではなく、女性の扱い方も違います。

また、恋愛は大いに結構ですが、勉強の妨げとなったり、あなたの大切な人生を狂わせてしまうような、無責任な男性もたくさんいます。

「自分は大丈夫!」「彼に限ってそんなこと!」 と思われず、記事を読んでいただければ幸いです。

語学学校に通うと、日本から見て地球の反対側の国・ブラジル人の生徒さんにも出会うことができます。
ブラジル人の方はカトリックであることが多いので、セクシーなドレスを着て露出の多い女性でも、実は処女であることも珍しくありません。
男性も、カトリックである場合は絶対に女性の嫌がることをしません。
少々押しが強くても、はっきりと拒否をすれば、手を出してくることはありません。

また、露出の多い恰好をした女性に見慣れているので、セクシーな女性を見ただけでは過剰に反応したりもしませんよ。
日本人女性にとって、ラテン系の男性は強い味方になることが多いようです。

こんな韓国人男性には注意!

友達と恋人では態度が変わる人もたくさんいます。
友達と恋人では態度が変わる人もたくさんいます。

もちろん、韓国人男性がみんなそうだという訳ではありませんが、ここでは語学学校スタッフより報告のある、実話をご紹介させていただきます。

韓国人の方があまりきちんとした性教育を受けていないため、避妊方法を知らない男性が多く「中で出された!」と泣いて、学校カウンセラーへ助けを求めに来る女性が少なくないようです。

韓国人男性は押しが強く、それに負けてベッドインしてしまう日本人女性も多いので、トラブルが後を絶ちません。
はっきりと断るか、避妊するように言いましょう。

避妊を拒むということは無責任で、女性を尊敬していない証拠です。
そのような相手とはどんなに盛り上がっていても中断してくださいね。

ある産婦人科医によると、最近は聞いたこともないような性病を移される留学生も多いようです。
おかしな性病をうつされて、最悪帰国しなければいけないことになれば、それこそ、恥ずかしいことです。

大人の女性として責任と節度のある恋愛をしてください。

白人男性に思わずくらくら…?

外見だけで判断しないように気を付けてください

金色の髪に綺麗な青い目!日本人女性はなぜか白人男性に目がありません…。

そんな、素敵な彼からデートのお誘い。
何度かデートして深く知り合うようになります。

まるで映画のように甘い気分にひたって 「私、きっと彼と結婚するんだわ…?」 と思ったそんなとき、「お金を貸して欲しいんだ」と言われます。

「夢を叶えるためにビジネスをはじめたい」 とか 「キャリアアップのために学校で勉強したい」 とかさまざまな理由をつけてお金を借りたい事情を説明してきます。

そして 「すべては君と結婚して、一緒に幸せになるためなんだ」 という結論。
「結婚=オーストラリアに永住!」というイメージに、日本人女性はとたんに判断力を失います。

「彼の夢を叶えるためなら!」 「将来結婚するなら、彼には成功してほしい」そう思い、大金を貸してしまいます。

その後はもちろん連絡がとれなくなります。 万が一街中であっても、ひどい態度を取られます。

金の切れ目が縁の切れ目、とはよくいったものですね。
日本人女性の心理をまんまとあやつった詐欺です。

どんなに素敵な彼でも、「お金を貸してほしい」 そんな話になった時は慎重になってくださいね。

留学生同士の恋

年ごろの男女が集まる学校では恋愛に発展しやすいです
年ごろの男女が集まる学校では恋愛に発展しやすいです

留学生同士の場合、現地ではお互いにシェアハウス暮らしのため、すぐに「一緒に暮らそう」という話になり、どちらかの家に転がり込みます。
その後、あっという間に学校に来なくなる生徒も少なくないようです。

高い授業料を払ってせっかく学校へきたのに、これでは意味がありませんよね。
しかも学生ビザの場合、80%以上の出席率がないと強制的に国外退去になります。
専門学校などは授業も難しいので、数日休むとついていけなくなります。こういうリスクがみえなくなるのが恋愛です。

留学生同士の恋は、お互いに寂しくてその場しのぎの恋愛であることも多く、より注意が必要です。
ある日本人の女の子は、先にビザが切れた韓国人の彼のあとを追って韓国まで行きましたが、別人のように冷たくされたそうです。

自分の目標を見失わないでくださいね。
一緒に夜中まで遊んで学校を平気で休ませるような彼氏は、あなたのことをまったく考えていない、自分勝手な男だということに気づいてください。

エクスチェンジレッスン 相手選びは慎重に!

まじめに言語を勉強する目的で会いましょう
まじめに言語を勉強する目的で会いましょう

エクスチェンジレッスンとは日本語に興味がある現地の人に日本語を教えてあげるかわりに、英語を教えてもらうというものです。
お互いにプロではないので無料であること、そして地元の人と友達になれるということで人気があります。

語学学校がアレンジしているエクスチェンジは安心安全ですが、無料掲示版などで探すときには注意してくださいね。
「女性に限る」なんて書いてあったらまず怪しいと思ってください。

相手は日本語なんて習う気はさらさらなく、単なる下心で気軽にデートできる相手を探しているだけだという場合があります。

掲示板等を見慣れているに人は 「またこのおじさんか!」 とすぐに判断できますが、そうでない人には見わけがつかない場合もあります。

少しでも「おかしいな」と思った場合は、学校カウンセラーや友達に確認しましょう。
外国人男性との恋愛は、文化の違いを超えて理解しあおうとするため必死で英語を学ぶはずです。
お互いに歩み寄って世界のボーダーを超えた付き合いができるといいですね。