メルボルンの街は英国の古い街並みが残り、且つ最近建てられた近代的な建物がうまく調和したとても落ち着いた街です

アクティブウーマン留学センター

「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

  • HOME
  • サポート内容
  • 当店が選ばれる理由
  • セミナーのご案内
  • 留学費用算出
  • アクセス
  • 手続き手順

社長の桜井彰子です。
私が日本を飛び出したの
は28歳の時でした…

続きを読む

資料請求はこちら
ワーホリ・留学セミナー
渡航6か月前カウンセリング
オーストラリアで語学留学しよう
  • キックオフセミナー
  • アクティブウーマンおすすめブログ
  • なぜオーストラリア?
  • アクティブウーマンおすすめ英会話勉強法
メールマガジン登録無料
E-Mail

オーストラリアワーホリの情報が満載

  • 看護留学
女性の留学ガイド無料プレゼント
恋に落ちて・留学編
「留学応援ガイドブック」無料プレゼント中

メルボルンについて

オーストラリア留学・ワーホリ>オーストラリア>メルボルンについて

メルボルンについて

メルボルンの街は英国の古い街並みが残り、且つ最近建てられた近代的な建物がうまく調和したとても落ち着いた街です。市内には数多くの公園や庭園が点在し、市内とは思えない憩いの場をメルボルン市民は大事にしています。また街全体が基盤の目のように整然とされているので、公共機関を利用しなくても散歩気分で簡単に歩いてまわれます。またあらゆる方向にトラム(市電)が走っており、これもどこへ行くにも便利です。

東京から約10時間15分、シドニーから約1時間20分

町並みはまるでイギリスみたい!

 

広々していて開放感たっぷり~

 

語学学校もほとんど市内にあるので便利♪

 

メルボルンの”へえ~!”情報

先日、メルボルン政府観光局の真田さんがオフィスにお越しになりました。
その中で、かなり「へえ~」な話をいろいろ聞いたので、皆さんにもご紹介しますね!


1 オーストラリアにある大学の1/4がメルボルンがある

2 メルボルンの留学生の日本人人口は、なんとたったの1%!

3 ビクトリア州にある日本企業、なんと130-140社

4 トヨタのカムリはビクトリアで開発されました。

5 サイゼリアの工場は、なんとメルボルンにあります

  ミートソースとミートパテは逆輸入されてます!

  甲府のそうめんの工場もオーストラリアにあります。そうめんは逆輸入されてますし、
  オーストラリアのスーパーにもおいしい日本製?のそうめんが並んでいます。

  そしてなんと!

  山形のせんべいやさんも、オーストラリアに工場があります!
  ビクトリアでせんべいが大ブレイク!
  坂田のライスクラッカーとしてキオスクで売られていますよ

6 モナッシュ大学は世界初の人工授精を行った大学です

  慶応や東大の先生が研修で訪れる病院です

7 トラムのフランクストンラインの終点には沖縄のようなきれいなビーチがあります。


日本にいては、なかなか情報の少ないメルボルン、
留学するにはとてもいい環境ですね^^

メルボルンイメージ
メルボルンイメージ
メルボルンイメージ

メルボルンはショッピング天国!

メルボルンの魅力を満喫したいなら、迷わずストリート探訪へ。レーンウェイと呼ばれる路地裏には、ローカル御用達の小粋なカフェやショップが軒を連ねています。メルボルンは、オーストラリアのカフェ文化の聖地。熱い観戦の後は、おしゃれなオープンカフェでひと休み。個性的な雑貨やハイセンスな洋服など、宝探し気分が味わえるショッピングもぜひ楽しんで。
アクセス
メルボルンのランドマーク、フリンダース・ストリート駅の北側に、大小さまざまなストリートがあります。碁盤の目のように交差しており、旅行者でもわかりやすく、散策にも最適なエリアです。

◎バーク・ストリート Bourke Street
メインストリートの1つで、GPOや大型ショッピングスポット、由緒ある書店やカフェなど個性的な店がそろう。

◎ブランズウィック・ストリート(フィッツロイ) Brunswick Street
食やアート、音楽、デザイン、ファッショなど流行の最先端をキャッチ。

◎ガートルード・ストリート(フィッツロイ) Gertrude Street
個性豊かな職人系、若手のクリエーターによるギャラリーやブティックで、こだわりの逸品探しを。

◎ライゴン・ストリート(カールトン) Lygon Street
イタリア人街として発展した所。バールや生パスタ専門店、バリスタのいるカフェなど、リトルイタリーの雰囲気を味わって。

◎コベントリー・ストリート(サウス・メルボルン) Coventry Street
小粋なカフェやセレクトショップ、ヴィンテージを扱うインテリアショップなど、五感を刺激するお店がずらり。

乾燥にご注意!

乾燥にご注意!
メルボルンのお天気で特徴的なことは、その乾燥した空気でしょう。
1日に四季があるとよく言われ、夏でも朝・晩は冷え込むと言われますが、湿度の低さが肌寒さを感じさせているのでしょう。
冬でも気温はめったにマイナス(零下)にならない温暖な気候で、雪も市内には降りませんが、乾燥した風が高い湿度になれた日本人には、冷たく感じます。
夏には熱い北風(!)がふいて、時々35度をこえる日がありますが、同じく空気が乾燥しているので日陰に入れば過ごしやすくなります。
女性だけでなく、男性もお肌の乾燥には十分ご注意を。また、水分を十分補給することをお勧めします。
(ただし、乾燥しているとビールがおいしいので、飲みすぎにもご注意ください!!)

四季があります。
前述しましたが、一日のなかに四季があるともいわれ、日中は暖かくても、朝晩は冷え込むことがあり、服装には注意が必要です。特に季節の変わり目には長袖のカーディガンや上着など羽織れるものをご持参いただくことをお勧めします。
日本の22倍という広大な大陸のオーストラリアのなかでは、もっとも四季という季節を明確に感じることができる地域といえます。

日本とは四季が逆。
南半球にあるオーストラリアでは日本とは季節が逆です。
春:9月から11月、夏:12月から2月、秋:3月から5月、冬:6月から8月。

マーケット Markets

全豪オープンテニスに負けないほど、活気にあふれている場所がマーケットです。120年以上の歴史を持つクイーン・ビクトリア・マーケットは、7haの敷地内に1000軒以上の店が並んでいます。新鮮な食料品、ハウスウェア、日常雑貨、衣類などのほか、大型フードコートも併設。そのほか、個性的な店が集まるサウス・メルボルン・マーケット、最古の歴史を誇るプラーン・マーケットなど、ローカルと一緒にマーケット巡りを!
アクセス
◎クイーン・ビクトリア・マーケット Queen Victoria Market
 火・木曜6:00?14:00/金曜?16:00/土曜?15:00、
 日曜9:00?16:00。
 午前中には2時間のガイドツアーもある(要予約)。
 Corner Elizabeth and Victoria Sts.
 http://www.qvm.com.au

◎サウス・メルボルン・マーケット South Melbourne Market
 水・土・日曜8:00?16:00/金曜?18:00
 322-326 Coventry St., South Melbourne
 http://www.southmelbournemarket.com.au

◎プラーン・マーケット Prahran Market
 火・木・土曜 夜明け?17:00/金曜?18:00、
 日曜10:00?15:00
 163 Commercial Rd., South Yarra
 http://www.prahranmarket.com.au

万博とオーストラリアの歴史を伝える世界遺産

カールトン庭園内に建つロイヤル・エキシビション・ビルは、1880年に行われたメルボルン万博のために建設されました。19世紀に各地で開催された万博の歴史を伝える、世界で唯一現存する貴重な万博建造物。ビザンチン様式、ロマネスク様式、ルネッサンス様式を融合した壮麗な建物で、現在もイベントや展覧会などに活用されています。1901年、オーストラリア連邦結成が宣言された歴史的な場所でもあります。スポーツ観戦で熱く燃えた後は、世界遺産の感動に包まれてみては。

グレート・オーシャン・ロード The Great Ocean Road

熱戦冷めやらぬ興奮を爽快なドライブでクールダウン。サーフィンのメッカとして知られるトーキーから、海岸沿いを走る快適なドライブルートが始まります。沿道の街に立ち寄って、シーフード料理も堪能しましょう。行程の中程に差しかかると、風景は一変して温帯雨林が茂る森に出会います。さらに西へ向かい、断崖絶壁が20kmに渡って続くポートキャンベルへ。ここでは奇岩がそびえ立つ“12使徒”が見られます。特に夕暮れの風景はドラマチック。スポーツとは違った興奮をぜひ味わって!
アクセス
東の起点トーキーはメルボルンから南西へ約95km。トーキーからアランスフォードまで全長約260kmの行程。

オーストラリア屈指の産地で極上ワインに酔う。ヤラ・バレー Yarra Valley

 

スポーツ観戦だけでなく、極上ワインにも酔ってみるのはいかがでしょう。ヤラ・バレーはオーストラリア屈指のワイン産地。70以上のワイナリーが点在し、ピノ・ノワールやシャルドネから醸造される一級品のワインがそろっています。ワイナリーツアーやテイスティングで、お好みの逸品を探してみて。セラードアやレストランを併設しているワイナリーも多く、ブドウ畑が広がる絵のような美しい風景を眺めながら、豊かな食文化を堪能してください。
アクセス
メルボルンから北東へ車で約1時間。

フィリップ島 Phillip Island リトル・ペンギンがパレードする野生動物の楽園

体長30cmのリトル・ペンギンがよちよち歩く姿は「かわいい!」のひと言。ペンギン・パレードで有名なフィリップ島は、野生動物の楽園になっています。島の2750haを占める自然公園内には、ペンギン保護区のほか、コアラ保護センター、湿地帯などがあります。リトル・ペンギンをはじめ、コアラ、カンガルー、ウォンバット、エミューなど、オーストラリア固有の動物との出会い。野生動物との触れ合いは、スポーツとはひと味違った感動を与えてくれます。
アクセス
メルボルンから南東へ車で約1時間。
http://www.penguins.org.au

メルボルンの気温

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
最高 26 26 24 20 17 14 13 15 17 19 22 24
最低 14 14 13 11 8 7 6 6 8 9 11 13

資料請求・無料相談はこちら

資料請求(無料)無料メール相談
PAGETOP