Impact(メルボルン)はスタッフの人たちや先生も優しくて大好きな学校です

メルボルンの語学学校「インパクト イングリッシュ カレッジ(Impact English College)」に留学されたM.Oさん。
現在の留学状況を詳しくお伺いしました。

メルボルンのImpactにご入学され、現在はExtreamEnglishというコースを取られています。
これからImpactへ行かれる方、ご参考になさってください!

お名前

M.Oさん

渡航都市

メルボルン

メルボルン

学校名

インパクト イングリッシュ カレッジ(Impact English College)

インパクト・イングリッシュ・カレッジ(メルボルン)

学校について

Impact English Collegeは、アクセスもよく、学校のBaristaコースの生徒が作るコーヒーが$2で飲めたり、毎週放課後や授業前にimpactivityというアクティビティも参加できて、スタッフの人たちや先生も優しくて、わたしは大好きな学校です。
(PC,free wi-fi,浄水器、冷蔵庫もあります)
English Only Policyに苦労することもありますが、慣れれば大丈夫だと思います。

日本人のスタッフの方と面談する機会もあり、学校外のワーホリの計画を一緒に考えてくれたり相談に乗ってくれたりするので、すごく助かりました。
(その部屋では日本語オッケー)
もともとはGeneral English8週で申し込みましたが、英語力の伸びの低さに悩んでいたところクラスチェンジを勧められました。
実際に変えて良かったと思います。

学校生活 1〜3週目

1〜3週目 General English(Pre- intermediate)

毎週クラスアップや帰国などで、入れ替えが激しいオープンクラスですが、メリットとしていろんな人と友達になれます。
クラスが変わっても仲良くできて、このクラスでスタートしてよかったなと思っています。

その時々の文法を使ったゲームを先生が用意してくれているので、楽しく英語を学ぶことができます。
実際のところはわかりませんが、スピーキングが重視されているかなと感じました。

私のクラスはタイ、日本、コロンビア、ブラジル、イタリア、ペルーといった形で構成されていました。
クラスによっては韓国人や台湾人もいるみたいです。

ここのGrammarは日本人はみんな簡単と言いますが、退屈と思わずスピーキングの練習と思って積極的に参加するのがいいと思います(笑)

学校生活 4〜13週

4〜13週 Foundation(Extreme)

General Englishとは異なり、10週間固定のメンバーで修了するクローズドクラスです。
まだ5週目を終えたところですが、これからより一層同じメンバーで仲良くできると思うと、さらに楽しみです。

Speakingはもちろん、Reading、Listening、Writing,Grammar、すべてに焦点を当てて総合的にスキルアップできるコースです。
ゲームなどは比較的少ないですが、意識の高い生徒が集まっているので、真剣に英語に取り組むことができると思います。

Cambridge向けのテストを毎週受けたり、英語に関する質問が飛び交ったり、よりネイティブに近い英語を教えてくれたりと、刺激的な学習ができます。

ホストファミリー(1〜13週)

学校から電車で30分ほどのところで、大きな道路に戸建ての家が立ち並んでいる静かな住宅街に住んでいます。
共働きのご夫婦と、12歳8歳の兄妹と日々英語に触れながら一緒に暮らしています。

平日は学校仕事習い事と忙しく、夕飯の時間にゆっくり話すといった生活をし、土日はファームや、キャンプ、子供たちのバスケの試合など、いろんなところに連れていってもらっています。

人によっては、ホストファミリーとうまくいっていない人もいました。
夜遅く帰ったり、部屋に閉じこもったりするのはコミュニケーションが取れずうまくいかない原因になると思い、私は極力同じ時間を共有するようにしています。

メルボルンの街について

週末の金曜日、土曜日?は1時間に一本くらい電車が走ってくれていて、夜中の3時とかでも帰れるので助かっています。
大きな美術館に無料で入れたり、教会がきれいだったり、ショッピングモールがたくさんあったりと、飽きがこない街だなと思います。

留学して何か変わりましたか?

ポジティブになりました!
コロンビアの友人がよく、「Don’t worry,be happy」といってくれるのですが、本当にその通りだと思います。

オーストラリアでの生活や、テストの結果、クラスメイトとの関わり方に一喜一憂したときに、この言葉を思い出してマイペースに生きていこうと思いました。(笑)

他人の目を気にしたり、他人となにかを比べることも少なくなりました。
留学前はもっとアジア人であることに少し劣等感のようなものを感じて出国しましたが、いまはオーストラリア人でもいろんな肌の人がいることを知り、肌の色や何人であるかなんて関係ない、十人十色とはこのことだって思えるようになりました。

もし留学していなかったら、今頃どうしていたと思いますか?

私の友人の結婚や仕事を横目に、真剣な恋愛もできず、仕事もダラダラ続け、何もせずただ時間だけがすぎてしまっていただろうなと思います。(笑)
仕事でだんだん役割を担うようになり、なかなか辞められないと嘆いていたかもしれないです。

何歳までに子供が欲しい!という夢があり、それには何歳までに結婚してて、と思ったらそう残された時間は長くないと思います。
私の友人はプロポーズを延期してもらってオーストラリアに来ていました。(笑)


 

アクティブウーマンは女性のオーストラリア留学専門の無料エージェントです。女性のオーストラリア留学を全力でサポートしています。

海外留学をお考えの方や、漠然と今の自分を変えてみたいと思っている方、セミナーのご参加や、ぜひ一度カンセリングでお話をお聞かせください。