留学準備

留学中の住民税などについて

今日はみんなが気になる出発前の公的手続きについてお話します。

 

海外転出届(住民票)について

オーストラリアの海外留学生保険

転出届は、出発の2週間前から、住民票を置いている役所で提出することが出来ます。
場所によっては出来ないところもあるかもしれませんが、
郵送での提出も可能だそうです。

こちらを提出することは、法律で義務付けられているわけではなく、
あくまでも任意となっているので、出さずに出発することも可能です。

それでは、海外転出届を出すとどうなるのか。
こちらについてはこれ以降で説明させて頂きます。

国民健康保険

海外転出届を出すと、国民健康保険料を支払う義務がなくなります。

国民健康保険は、住民票が日本に無いと加入できない保険なので、
転出届を出した時点で、国民健康保険からは脱退したことになります。

住民税

オーストラリアの海外留学生保険

住民税は、基本的には1月1日の時点で日本に住民票を置いている人に対し、
各市区町村が課税するものであり、
前年度に所得のあった方が支払う必要のある税金です。

転出届を出した後でも、
前年度に収入があった方は住民税を支払う必要がありますが、
1年間オーストラリアに滞在している間は日本での所得がなかったことになるので、
基本的にはその1年間に対して住民税を支払う必要はありません。

ただし、市町村によって若干規定が違うようですが、
ワーキングホリデーの場合は目的が休暇の為、学生ビザは免除だけれども

ワーキングホリデーの場合は日本に住民票がなくても住民税を支払う必要があると定めているところもあります。

一度住民票を置いている役所に確認してみましょう。

国民年金

転出届を出すと、国民年金の強制加入義務は無くなります。
そのため、必ずしも支払いを続けなくてはならない訳ではなくなります。

将来年金を受け取るには、
納付した期間と免除期間の合計が25年以上ある必要がありますよね。

転出届を出している期間は、この免除期間に含まれ、
25年間のうちの受給資格期間としてカウントされます。

ただ、25年間払い続けた方と、25年のうちにいくらか免除となった期間がある人では、
将来受けることができる金額が異なります。

そのため、転出届を出したいけど、年金保険料の支払いを続けたいという人は、
そのような手続きをすることが可能だそうですので、
最寄りの年金事務所にご相談ください。

又は、帰国から2年間以内であれば追納することも可能だそうです。
こちらも最寄りの年金事務所にご相談されてみてください。

 

こちらのサイトにも詳しく掲載しています。

https://activewoman.jp/junbi08.php

オーストラリア留学お役立ちページと空港送迎の様子

 

アクティブウーマンでは毎月最後の木曜日に、
キックオフセミナーという出発前準備セミナーを行っています。

 

ただ、遠方にお住まいで東京まで来るのは難しい!という方もいらっしゃるかと思いますので、
そのセミナーでご紹介しているお役立ちページについて、こちらにまとめてご紹介します。

 

現地情報掲示板

こちらには、現地でのお仕事やお部屋、不用品の売買、旅行情報などについて、
沢山の情報が掲載されています。

 

現地で必ずお世話になるページなので、
出発前にも、ちょっと覗いてみてくださいね。

 

日豪プレス

Gumtree

↑この二つはオーストラリア全体で使えます。

その他、例えばメルボルンのDENGON NETや、パースのエキスパースのように、
各都市限定のページもあります。是非検索してみてください。

因みに、セブ島の情報ページはこちら!

セブポット

 

お荷物について

オーストラリアへ持って行ってもいい物、ダメなもの。
その分類についてはこのページをご参考ください。

オーストラリア大使館検疫
オーストラリア大使館検疫FAQ

コンタクトレンズは、通販でも買えます。
Quicklens

現地でスーツケースが要らなくなったら、送り返すことも可能!
CUBE IT!

ドライヤーは海外対応のものを事前購入できます。
⇒ 商品の一例 https://goo.gl/EFpoQT

その他、荷物の準備に困ったら、こちら!

【永久保存版】女子のオーストラリア留学におすすめの持ち物・不要なもの

出発後の手続き

在留届は、現地に3ヵ月以上滞在する人に提出義務があります。
到着後余裕ができたら早めに申請しましょう。

在留届

 

現地でお仕事をされる方は、このタックスファイルナンバー取得が必須です。
届くまで1ヵ月くらいかかるので、こちらも早めに申請しましょう。

タックスファイルナンバー

出発前 英語の勉強

どちらも、ネイティブの感覚で日常会話で役立つフレーズを分かりやすく教えてくれていて、
アクティブウーマンもイチオシです。

Hapa 英会話
バイリンガール英会話

 

*オフライン辞書のご紹介

iPhoneユーザーの方にはこちらがお勧め!
QuickDict

アンドロイド用も、こんなところから探すこともできます。
WiFiが無いところでも使える、オフライン辞書がお勧めです。

http://nextstep-canada.com/prepare/dictionary-app/

http://android.app-liv.jp/education/reference/1073/

 

 

空港送迎の様子

空港では、こんな表示になっています。
【Domestic】 意味はご存知ですか?
答えは、国内線という意味です!

待合室の様子

 

 

この様に、両替所やATMもありますが、
両替えは日本で済ませてくるようにしましょう。

 

【Arrival】到着 という意味です。
ここから到着した人たちが続々と出てきます。

 

到着ゲートを出ると、このような感じで、
お名前や学校名が書かれたボードを持ったドライバーさんが立っています。

 

ドライバーさんに会えたら、その後は学生寮やホームステイ先まで向かうだけです。

 

空港到着時の注意点

空港に到着された後大切なこと、それはドライバーさんと行き違いになってしまわない事、この一点です。

ドライバーさんをお待たせしたり、「いないのかな?」と思われ帰られたりされないようにするため、
下記の3つについてご注意ください。

①両替は日本で済ませてくる

現地空港にも両替所はありますが、
両替えはある程度日本で済ませておきましょう。

後日、市内でレートの良い両替所を探して両替することもできますよ。

②携帯電話のSIMカード購入などは後回しにする

こちらも、後日市内で購入しましょう。

ちなみに、アクティブウーマンで手配しているぱとちゃんのSIMなら、
日本にいる間に入手できますよ。

③メイクはしない

時々、空港に付いた瞬間パウダールーム等でばっちりお化粧をされる方がいらっしゃいます。。
ただこれも、ドライバーさんとすれ違ってしまう原因の1つになってしまうので、
到着後はそのまま到着ゲートを出ましょう。

 

因みに、学校初日の持ち物や集合時刻については、
こちらのページをご参考ください。

http://active-woman.net/shiryo/start_guide.html

 

以上、準備のお役立ちページと送迎についてでした。

準備を進めていかれる上で何かお困りのことがありましたら、
お気軽にご連絡くださいね。

パスポートの更新、いつすれば良い?

こんにちは、みくです。

この自分のパスポートを確認したところ、
更新まで1年を切っていることに気が付きました。

次更新するときには、
浴衣を着た写真でも使ってみようかなと、企んでいるところです。

続きを読む

カウンセリングの様子

初めてのカウンセリングはドキドキしますよね。
人生をかけた選択が決定するかもしれない。
今日で人生が変わるかもしれない。

そんな世紀の日です。

続きを読む

留学準備の12のヒント集・e-book無料プレゼント!

こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

留学準備をしている人向けに、たくさんの情報を掲載したe-bookを作りました。
数年前に作成したものですが、さらに内容を編集しました。

オーストラリア都市情報や、モチベーション維持の方法
ホームシックの対策、語学学校での生活など
ガイドブックには乗らない細かい情報まで掲載しました。

オーストラリア留学を予定している方はぜひ以下のフォームから
無料プレゼントを受け取って下さいね。

オーストラリア留学準備のe-book無料プレゼントはこちら

オーストラリアのコンセント

こんにちは。

出発前にご準備をされているお客様とメールでやり取りをしていて、
オーストラリアと日本で電圧が違うことは
ご存知である方が多いのですが、
コンセントの形が違うということが意外な盲点となっているような気がします。

それに対応するため、変換プラグが必要となるのですが
先日買い物をしていると、なんと、ダイソーで発見しました。

photo

電気屋さんでなくても購入できるんですね。それも100円で!

コンセントの変換プラグは日本から持って行ってくださいね。

遠方の方でも安心!スカイプor電話カウンセリング

こんにちは。
日本はやっと春らしくなってきましたね。
お気に入りの春服を着られて嬉しいです。

 

さて、今日は弊社のカウンセリングについてお話しさせていただきます。
日々メールの返信をしておりますと、

「遠くに住んでいるのでカウンセリングを受けに行けません…!」

という方が沢山おられます。

 

続きを読む