現地情報と各都市のニュース

こんにちは、みくです。

先日、ブリスベンに着物屋さんがオープンしたという記事を読みました。

その名も、Kimonoya in Brisbane.

そのお店では、着物の着付けやヘアメイク、写真撮影まで、
なんでもお手伝いしてくれるそうです。

また、髪飾りや足袋等の小物に関する相談にも乗ってくださり、
お気に入りの持ち込みや、レンタル、どちらでも可能で、
帯しか持っていないんです!という方にも対応してくださるようです。

着物初心者でも、安心してお任せできそうですね!

また、スタジオ撮影だけでなく、屋外の撮影も行っているのだとか。

オーストラリアの大自然をバックに、
綺麗な着物で写真撮影なんて、
特別な感じがして、すごく素敵ですね〜。

更に、こちらのお店では着付け教室を開催しており、
礼装や浴衣の着付けも教えているそうですよ。

私も普段着物を着ることはありませんが、
着物の繊細で華やかなデザインをみるのが大好きです。

オーストラリアでも着物文化が広まり、
着物がより身近な存在になるといいなぁなんて思います。

————————————————————

シドニーに猫カフェがオープン!

日本で「猫カフェ」と聞くと、
猫が気ままに遊んでいる、カフェ という印象ですが、
こちらの猫カフェは、どうやら日本の猫カフェとは少し違った形式のようです。

動物愛護団体が主体となり、
子猫の新しい飼い主さんを探すことが目的のカフェとなっています。

そのため、通常の「お店」という感じではなく、
8月中に4日間だけの開催だったようです。

このカフェが最初にオープンしたのは
5月のことで、パディントンでの開催でした。
その時には20匹中13匹が飼い主と出会えたそうです。

現在オーストラリアでは、飼い主が見つからないために
安楽死となってしまう猫が年間に20万匹います。

主催者の方は、これからは開催日を徐々に増やしていつかは毎日開催することを
目標としておられます。
少しでも多くの猫が、飼い主さんに出会えると良いですね。

————————————————————

メルボルン発のスキンケアブランド Aesop

PARSLEY-SEED-RANGE-CAMPAIGN-HOMEPAGE-PRIMARY-BANNER-940x370px-JP

イソップは1987年にメルボルンのヘアサロンで誕生しました。

50種類以上にも及ぶスキンケア・ヘアケア商品を揃えており、
世界中にファンがいます。
(日本にもショップがありますよ!)

イソップでは、季節に合ったスキンケア商品を開発しており、
屋内外問わず、気候の変化に合わせてお肌をお手入れし、
年間を通じてなめらかで柔らかい肌を保つための
スキンケアアプローチを提案しているそうです。

何点か下記に人気商品をご紹介しますね。

まずは、レスレクション ハンドウォッシュ

resurrection_aromatique_hand_wash_500ml-nl

手を乾燥させることなく、綺麗に洗浄します。
ラベンダーの香り。
500mL ¥4,644(税込)

次に、フェブラス フェイス クレンザー

Fabulous_Face_Cleanser_100ml_1

オリーブベースのクレンザーで、アロエの葉のエキスとチャ葉エキスが配合されています。
大変保湿効果の高い商品です。

100mL ¥3,348(税込)

最後に、CM シャンプー

calming_shampoo_200ml_2

頭皮の乾燥やかゆみなどが気になる方にお勧めのシャンプー。
頭皮の荒れやフケなどを落ち着かせてくれる商品です。

200mL ¥2,916(税込)

メルボルンにご渡航の際は、是非ショップをのぞいてみてくださいね。

————————————————————

オーストラリア 各州オリジナルの人気ビール

私自身、日本でビールを飲むことは無くあまり得意ではありませんが、
オーストラリアにいた頃は、
ルームメイトやバイト仲間に付き合って飲んでいました。

あくまで私の主観ですが、
オーストラリアのビールは日本のビールよりも癖がなく、
ビール初心者にも飲みやすいものが沢山あります。

という事で、今日はオーストラリアで人気のビールのうち、
桜井と私の一押しをご紹介します。

まずは、桜井のお勧め、XXXX!

b-9310876053095

エックスエックスエックスエックス…ではありません。
フォーエックスです。
クイーンズランド州産のビールです。

少し苦みがありますが、あまりクセが無くのど越しがすっきりしているので、
暑い日にはゴクゴク飲めてしまう一本です。
外仕事の後や、バーベキューにピッタリですね。

次に、私のお気に入りは王道のVictoria Bitterです。

vb_post_img

略称はVBです。
その名の通り、産地はビクトリア州です。

沢山種類のあるオーストラリアのビールの中でも圧倒的な売り上げを誇っており、
爽やかな苦みのあるこちらのビールは小さな居酒屋からおしゃれなバーまで、
どこの店舗でも大体注文することが出来ます。

上記に紹介した2つ以外にももちろん、おいしいビールは沢山あります。
各州のオリジナルのものや、オーストラリアならではのビールは、
ご渡航時、是非味見してみてくださいね。

————————————————————

世界で最も美しいオパール

オーストラリア アデレードにある、サウスオーストラリア博物館で
世界でもっとも美しいとされるオパールの展示が始まりました。

こちらのオパールは「ヴァージンレインボー」と呼ばれ、
約9000万円以上の価値があるとされています。
博物館の学芸員からも、史上最高の輝きと言われ、
注目を集めています。

オーストラリアのお土産といえば、オパールを
思い浮かべる方も多いかもしれませんね。

サウスオーストラリアは世界一のオパールの採掘地です。
世界中のオパールの約90%がここで採掘されているという説もあります。

また、オーストラリアは世界有数の鉱物資源の豊かな国です。

オパールだけでなく、石油や石炭などの燃料、
金やダイヤモンドまで採掘され、
オーストラリアの経済を支えています。

さて、少し話はそれてしまいましたが、
ヴァージンレインボーが一般公開されている間に
もしアデレードを訪れる機会があれば、
是非一目見てみたいですね。

————————————————————

オーストラリア留学での生活に欠かせない!2大スーパーマーケット

まず一つ目はこちら

279x66_homepage_persistent_header

そして、もう一つがこちら

Coles_2003-07

WoolworthsColesです。

オーストラリアのスーパーマーケット市場はこの二つが独占しています。
どちらも値段はあまり変わりませんが、
店舗数や売り上げでいうとウールワースの方が多いようです。

また、どちらかで何かの半額セールをやると、
数週間後に同じ商品がもう片方のお店で半額になるようですね。

どちらのお店にも、ストアブランドがあり、
(日本のイオンでいうと、トップバリュー?)
ストアブランドの商品は食品も生活用品も同様に、
他の商品に比べてかなりお安く手に入れることが出来ます。

そして恐らく、現地で一度は誰かと、
自分はウールワース派だ、コールス派だ という会話があるのではないかと思います。
どちらも同じような価格設定で、品ぞろえもあまり変わらないのに、
必ず好みが分かれるようです。
不思議ですね。

因みに私はウールワースの方が好きです…!

皆さんも、オーストラリアで生活を始めると
この2つのスーパーには何度も足を運ぶことになると思いますよ。

————————————————————

シドニーに檻の無い動物園が建設予定!

日本でも檻の無い動物園はありますが、
そのような形式の場所は、
動物園というよりも、のどかな農場のようなものが多く、
山羊や鳥、カメなどの動物にしか出会えない印象がありますよね。

しかし、今回のシドニーにできる動物園は違います。

ライオンやキリン、ゾウ、サメ、
その他オーストラリア特有の動物たちが、
こちらの動物園にやってくる予定になっています。

こちらの園に檻は無く、ガラス張りのスペースや、
高い位置に建てられた歩道橋などの建設が予定されているそうです。

小さな檻に閉じ込めてしまうことなく、
動物に大きなスペースを与えることによって、
より間近で、自然に近い姿の動物を見ることが出来そうですね。

またこちらの動物園ができることによって、
ニューサウスウェルズ州に年間4500万ドルの利益が見込まれているそうです。

今のところの完成予定は2017年の終わりごろとされています。
まだ2年ほどありますが、完成したら是非訪れてみたいですね。

この記事を書いた人

Miku Shimoie / 下家 未来
Miku Shimoie / 下家 未来
大学卒業直前で休学して渡豪、当時はアクティブウーマンのお客さんです。
滞在後半でメルボルンへ移動し、そこで出会った人と路上演奏活動をしていました。
一度海外で長期生活を送ると、旅行の行先として外国を検討するのが何でもないことのように思えて不思議ですね。 最近はもっと沢山の場所を見てみたいなと、日々色々想像しています。 趣味は楽器とカメラです。


オーストラリア留学についてのお問い合わせ


アクティブウーマン留学センターは国内唯一の女性専用オーストラリア留学エージェント。留学に行きたいけど勇気が出ない。そんな女性たちの背中を押し続けています。
メールでのお問合せはこちら
詳しい資料「留学応援ブック」のご請求はこちら


留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム