こんな物も買える! オーストラリアにある日本製品

こんにちは、みくです。

時々お客様から、
オーストラリア留学する際に絶対持って行っておいた方が良いものってありますか?」
というご質問を頂きます。

オーストラリアには、日本からの輸入品や日系企業も沢山進出しておりますので、
オーストラリアで買えないものはほとんどないのではないかと思います。

都市にもよりますが、
ダイソー、無印良品、ユニクロ、モスバーガーなどなど…
日本と同じものを購入していただく事が出来ます。

日本食も沢山販売されています。
醤油や調理酒等であれば、アジア系の食料品店に行かなくても、
普通のスーパーマーケットで売っているくらいです。

さて、やっと本題に入りますが、
今日のブログでは、「オーストラリアで、こんなものも買えるの!?」という
日本の商品を紹介したいと思います。

①プレミアムモルツ&ヱビスビール

オーストラリアにもたくさん地元ビールは販売されていますが、
時々日本のビールが恋しくなる方もいるのかもしれませんね。

日本食料品店や日本食レストランでは、
プレミアムモルツやヱビスビールを手に入れることが出来るようです。

地元のビールが沢山あるのに、
日本のビールが売れるのか? と疑問に思ったことがありましたが、
私が働いていたレストランでは、かなりの人気でした。

「このビールは旨いぞ~!飲んでみろよ!!」

と、オージーのお客様同士でお勧めされているのを見たことがあります。

密かな人気があるのかもしれませんね。

以下余談です…

ヱビスビールには通常、
ヱビス様が鯛を1匹抱えたラベルが貼られていますが、
稀に2匹いるラベルがあるようです。

これは、私が働いていたお店のシンガポール人オーナーが教えてくれました。
「ミク、日本人なのに知らないんだね!!」
と、言われた記憶があります…。

②たこ焼きの素(と、たこ焼き器)

こちらもアジア系の食料品店に販売されています。

たこ焼きの素が売られているという事は、
たこ焼き器もどこかで手に入るのだろうか? 
と、疑問に思った記憶があります。

実際にたこ焼き器が販売されているのを見たことはありませんが、
たこ焼き器がある家を見たことがあるので、
きっとどこかで手に入れられるのだと思います。

③今治産 高級タオル

私が一番驚いたのはこれです。
愛媛県今治産のタオル…!!!

サウスメルボルンマーケットの近くにある、
お洒落な雑貨屋さんストリートのようなところで
売っていました。

以上私が現地で見つけた、意外な日本の商品でした。

ただ一つだけご注意いただきたいのは、お薬についてです。

日本の薬局で売っている市販薬は、
オーストラリアで購入することはできません。

絶対にこれでないと、という常備薬がある方は、
日本から準備していくようにしましょう。

また、お薬は3か月以上持ち込むことが出来ないので、
それ以上必要な場合は日本からご家族に送ってもらってくださいね。

————————————————————

本日弊社の土屋と話していたことなのですが、
日本人は何を購入するにしてもクオリティにうるさく、常に選択肢であふれています。

選択肢があり過ぎるからこそ、より良いものを得るために悩み、
物を持ちすぎてしまう傾向にありますが、
オーストラリアでは違います。

余計なオプションがなく、シンプルです。

オーストラリアの物を使って暮らしているうちに、
必ずそれに慣れてきます。

慣れてくると、日本にいた時よりも少ないもので生活することが
出来るようになるのではないかと思います。

私はもともと毎日すっぴんですが、
オーストラリアにいると段々化粧も薄くなるそうですよ。

この記事を書いた人

Miku Shimoie / 下家 未来
Miku Shimoie / 下家 未来
大学卒業直前で休学して渡豪、当時はアクティブウーマンのお客さんです。
滞在後半でメルボルンへ移動し、そこで出会った人と路上演奏活動をしていました。
一度海外で長期生活を送ると、旅行の行先として外国を検討するのが何でもないことのように思えて不思議ですね。 最近はもっと沢山の場所を見てみたいなと、日々色々想像しています。 趣味は楽器とカメラです。


オーストラリア留学についてのお問い合わせ


アクティブウーマン留学センターは国内唯一の女性専用オーストラリア留学エージェント。留学に行きたいけど勇気が出ない。そんな女性たちの背中を押し続けています。
メールでのお問合せはこちら
詳しい資料「留学応援ブック」のご請求はこちら


留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム