なぜマイ・インターンは人気なのか?

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

昨日の木曜日は文化の日。
日本は祝日でした。うちは水曜日が定休日なので
勝手に2連休でした。

テニスしたり、友達とご飯食べたり、リフレッシュ。

 

夏のような暑さで、

昨日は短パンで歩いている人もいました。
もちろん私も終日半そで。
11月なのに、おかしな気候ですね。

 

さて、私は毎週、オンラインの

英会話レッスンを受けていますが、
その先生が、

「日本人は、”マイ・インターン”で

英語の勉強している人が多いよねえ」

と言っていました。

という私もその一人。

 

 

マイ・インターンは2015年に製作された映画で、
主演をロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイが務めて
大ヒットしました。

今はネットフリックスで見ることができます。

 

それにしても、
なぜマイ・インターンは英語教材として人気なのか?

 

私がマイ・インターンで英語の勉強している理由は、
会話が日常的でパクりやすいから。

そして、社会人の会話なので、

恋愛トークに偏りすぎず聞き取りやすい。

 

ゴシップガールを使っていた頃もありましたが、
誰が誰とくっついた、離れたという内容に、もううんざり。

高校生の会話はすごく早くて聞き取りずらいし、
金持ち高校生のこの会話が
私の日常生活と一ミリもかぶらないので、
「これは使える!」と思えるフレーズがない、、

 

 

ハリーポッターは、魔法の話なので、
これまた日常生活で使える会話が少ない。

ビッグバンセオリーも、ドラマとしては面白いですが、
登場人物が物理学者のオタクなので、
出てくる単語が難しい。

Suit(スーツ)もめちゃくちゃ好きでしたが、
これも弁護士の話なので、会話を暗記して使う、

という教材目的としては難しすぎた。

 

というわけで、自分の日常生活に似ている部分があって、
会話をそのまま暗記して使えそうなフレーズが出てきて、
という内容だと、マイ・インターンはすごくいいんですよ。

なんか、大きなドラマが起こらないドラマ、というか。

 

 

さらに、ロバート・デ・ニーロの英語も聞き取りやすいです。

フレンズが英語教材として不動の人気なのは、
日常生活を描いたドラマだからじゃないかな。

丸暗記して使える場面がたくさんある。

 

ただ、私はシリーズドラマは
英語の勉強を忘れていつの間にか

次のエピソードを見ちゃうので、
教材としては使っていません。

映画のほうが、2時間で完結するので
教材としては誘惑が少ないです。

皆さんも、自分にあった教材を探してみてください!

 

★ブログが直接あなたのLINEに届きます!★

登録はこちらをポチ

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム