一歩が次の一歩につながる

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

オーストラリアに来て2週間になります。
車や自転車で、いろいろなビーチを訪ねていますが、
どこも観光客で賑やかです。

 

海沿いのカフェで、朝ごはんを食べていると、
隣に5歳くらいの女の子がお母さんと座っていました。

 

じっと私のことを見ているので、微笑み返したら、
口パクで「Hi」って言って、小さく手を振ってきました。

か、かわいい、
めちゃくちゃ可愛い。

 

オーストラリアのいいところって、断然これだと思います。

とにかく、目があったら微笑む。
「ハロー」とか、「モーニング」とか、
絶対に何か言う。

 

 

以前、まだこの習慣を知らなかった頃、
子供が「じー」っとこっちを見ているので
目があったけど無視していたら、

なんとちびっ子のほうから手を振ってきました。

 

これには大反省しました。
大人からハローというべきなのに、、
ちびっ子に学びました。

 

ちなみに、日本で同じことを子供にしたら
ガン無視されました。

まあ、習慣の違いだから仕方ないですかね。

 

でも、こういうふうに、一人で歩いていても
すれ違う人に「ハロー」と言われるのは、

「ああ、オーストラリアに来たなあ」

と、しみじみすることの一つです。

 

 

先日、学校の学生さんにちょっと話を聞いたところ
以下のようにお話ししてくれました。

日本にいたら出来ないことが
たくさんできるようになった。

 

スカイダイビングもやった。
4500メートルの上空からの眺めを初めて見た
スノーケリングにも挑戦した。

英語でなんでも出来るようになった
グリーン島の船の予約も、シェアハウスの契約も
全部自分でやった

 

日本だったらやりたいと思っても、

できないことがたくさんできるようになった。

なんでもすぐやる癖がついた。

 

気がついたら、コロンビア人、チリ、台湾、いろんな国籍の
子たちと、英語でおしゃべりしてる。

あれ?いま日本人じゃない人と話してる
違う言語のみんなが一つの言語で話してる
英語ってすごい!と痛感してる

 

今は毎日、当たり前にやってることだけど、
日本に帰ったらこの日常がスペシャルになる
だから思い切り楽しむ。

 

 

彼女たちからのメッセージは以下です。

英語、英語ってはりつめないで
オーストラリアで楽しめば、自然と英語が必要になる

とにかく自分のやりたいことのためにきて
楽しむために来て欲しい

これ、本当に素晴らしいと思いました。
英語はね、ツールなんですよ。

誰かともっと深い話をしたい。
恋の話も、人生の相談もしたい。
相手の話も、もっと聞き取りたい。

だから勉強するんです。

 

必要になるから、自然と勉強するようになる。

文法や単語が分からないと、一定のところから
ずっと伸びないんですよ。

単語並べるだけになっちゃうんです。
でも、ちゃんと文法を勉強すれば
長い英語も聞き取れる。

 

勉強嫌い、という人こそ、
こっちで学校に来てください。

知りたいことがたくさん出てきて
こんなに勉強したいと思ったことない!となりますよ。

 

 

そして、どんどんバイトしてください!
バイトなしに、英語の上達はありえない!ってくらい
私はバイトは大事だと思います。

 

バイトすると、ネイティブの英語に触れるチャンスが
ぐっと増えます。
単語力は、バイト先で一気に増えます。

ネイティブの英語は、別物なんです。
とにかく早いし、使ってる単語も
TOEICテストなんかには出てこない。

 

日常会話が一番難しい。

たくさんネイティブとしゃべれば
だんだんと自信もついてきます。

あまりに英語が通じなくても、気にしない、気にしない。

 

だって、彼ら日本語しゃべれないじゃないですか。
私たちは、日本語に加えて、

さらに次の言語を学んでるわけですから
そっちのほうがすごいんです!と、私はいつも思ってます。

 

 

こっちにいると、イタリア人とか、

ブラジル人とか韓国人とか
いろんな移民の人たちが、
自分たちでお店やビジネスをやっています。

ものすごい癖の強いアクセントの英語で、
たくましく商売をして生きています。

 

そういうのを見ると、
こういう人たちも、最初は英語力ゼロから
始めたわけだし、発音うんぬんよりも
まずは聞き取り力と、そして「開き直る力」が
大事だな、
と思いました。

ネイティブじゃないんだから、
出来なくて当たり前だろが!という開き直り。

 

 

毎週のように、日本から新入生がやってきます。
オーストラリアに留学に来るのは、
もはや夢でもなんでもありません。

 

「来る」って決めるだけ、ただそれだけ。
あんまり難しく考えないで。

シンプルに一歩ずつ。一歩が次の一歩につながるから。
まとめて全部考えると、一歩が踏み出せなくなる。

 

まずはこっちに来て、楽しむことを優先しましょう。

自分へのご褒美が先。「本当に来れたじゃん、私!」って
褒めてあげてください。

 

オーストラリア訪問記はインスタにアップしてます。
https://www.instagram.com/activewoman_tokyo/

 

★ブログが直接あなたのLINEに届きます!★

登録はこちらをポチ

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム