帰国時のPCR検査が廃止の方向で検討へ

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

日本入国時のPCR検査が廃止になる方向で
検討が始まりました!

さらに、外国人の上限数も引き上げの調整に入るそうです。

 

やっと、です。

これはオーストラリア帰国組のみならず
世界中へ観光へ出かけた日本人から
大クレームが入っていました。

 

帰国の際にPCR検査あると面倒なんです。

検査している場所も減ってきているので
事前登録して、わざわざ遠くの試験場に行かないといけないし。
なにより費用が本当に高い。何万円もする。

家族で旅行すると、これだけで10万円以上する。

 

日常生活回復まで、一歩ずつ近づいています。

コロナを振り返ると、
まあ、大変な時代だったわけですが、
健康で生きていられた私たちは、コロナからの教訓も
たくさんあったと思います。

コロナのおかげで、生活が変わった人もたくさんいます。

 

 

私の知人は長野県に住んで会社経営をしていますが、
コロナ前は月10日ペースで東京へ通っていたそうです。

対面でお客さんと会うために、
恵比寿にオフィスを借りていました。

「バスのように、新幹線に乗っていた」と言います。

 

ですが、コロナになって、オンラインが主流になって
全く東京へ行かなくなったので、
地元の長野にオフィスを借りた。
なんと家賃は5分の1、部屋の広さは3倍。

 

さらに彼女は馬術をするのですが、
自分の馬まで買ってしまいました。

「コロナのおかげで、馬が買えたようなものです」

と、言います。

 

東京での家賃、往復の交通費、

もろもろ東京での浪費した分を
全て節約できたから、馬を買えた。

東京で会う彼女は、オーダーメイドの服を着て、
いつもハイテンションで、面白い女性でした。

 

 

ですが、泥だらけの長靴をはいて、

もくもくと馬の糞の掃除をしている彼女は
「こういうのが一番落ち着く」と言います。

 

実際、東京で会う彼女とは別人のようでした。
なんというか、もう自分のやりたいことだけやる!
誰にも媚びない、みたいな。

ハイパーで面白い印象だった東京での印象と違い、
とても静かでした。本当にキャラが変わったというか。

 

でも、あれが無理をしない、
本来の彼女の姿なのかもな、と思いました。

私たちも、コロナでだいぶ仕事の常識が変わりました。

 

 

何よりも、ズームカウンセリングが当たり前になったので、
お客様が全国区になった。
よりボーダレスというか、体がどこにあっても
関係ない世界になった。

 

もちろん対面に勝るものはないので、
渋谷のオフィスで直接話が聞きたい、という方もいますし、
一度対面して、それ以降はズームで、という方もいます。

 

コロナが終われば、また大阪や名古屋にも行きたいです。
こんな感じで、あちこちにオフィスを持たなくてもいいのかな、と思います。

コロナで2年、留学を延期された方々がたくさんいます。
みんな今年は圧縮された思いを解き放つべく
一気に海外へ旅立っています。

 

私にとっても、
この2年は、閉じ込められた感が強かったです。
東京へ閉じ込められたと思いました。

出たい、出たい!

と、心が叫んでいました。

 

 

とんでもない経験でしたが、そのおかげで

「本当は何をやりたいのか」
「どこへ行きたいのか」

を、しみじみと考える時間になりました。

立ち止まって考えてみる、というのは
誰にとっても必要な時間だと思います。

 

人によっては、体を壊すという表現で、
強制的に止まることになる人もいます。

そういうのも、全部お知らせです。気づきです。

コロナが終わっても、その気づきにフタをしないで、
しっかりと本来の自分と向き合って欲しいです。

 

★ブログが直接あなたのLINEに届きます!★

登録はこちらをポチ

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム