祝!1年11か月ぶり!渡航者第一号が上陸!

 

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

昨日、クイーンズランド州への
アクティブガール第一号が

無事に到着しました!

1年と11カ月ぶりです。
ついに渡航が実現しました!

 

SPCケアンズに渡航した女子二人。
同時に現地入りです。

今日から1年間、

共に学ぶ同士となります。

長く待たされた中でやっと来れた。
こんな気持ちを共有できる、数少ない戦友です。

一生忘れられない思い出になると思います。

 

 

今回はシドニー経由でのケアンズ入りです。
普段はケアンズは直行便で早朝に到着ですが、
まだ経由便しかない今は、夕方以降に着きます。

SPCの場合は、学校に学食があるので
夜遅くの到着でも、ちゃんとご飯を用意して
待っていてくれるので、嬉しいです。

 

まずは無事に成田を出発できるかな、と
ドキドキしていました。

入国書類はちゃんと用意できたかな、、
成田から緊急連絡が

ありませんように、、、と祈る気持ちで。

出発日の土曜日に

何も連絡がなかったので一安心。

 

翌日の日曜の夜に、

そろそろ到着したかな、と思って
学校スタッフに電話をしたら

「お二人とも、いまちょうど

ご飯食べ終えたとこです!」

と、学食で食事をする学生さん

二人の写真が送られてきました。

 

現地に到着すれば、あとはもう

学校がサポートしてくれるので一安心。

 

 

今日からさっそく授業開始ですね。

日本人スタッフを見ると、

思わず日本語でおしゃべりしそうになりますが、
そのあたりは固く禁じられているので、
みっちり英語生活になります。

 

これを皮切りに、

どんどん学生さんが渡航します。
今月は21名の女子たちが出発します。

SPCケアンズでは、スタッフが空港にお迎えにきて
そのまま学校へ直行し、RAT検査を受けてもらいます。
RAT検査薬は持参してきてください。

 

陰性の場合はそのまま寮の相部屋で生活開始。
陽性の場合は、寮の部屋を一人で使い、

食事はスタッフが3食運んでくれます。

万が一陽性になって隔離になったとしても、
学校の敷地内でスタッフがずっと

ケアしてくれるのですごく安心です。

 

 

あと、学校には専属の日本人医師もいるので
万が一、具合が悪くなっても

すぐに診察してもらえます。

コロナ禍の留学は、「検査で陽性だった場合」
常に頭に中にいれて留学手配をしています。

 

渡航前のPCR検査で陰性証明あるはずだし、
RAT検査は感染後4日以降じゃないと
陽性反応はでないと言われているので、

到着後24時間以内に陽性になることは
非常にまれですが、

万が一、は常に準備しておかないといけません。

 

意外なのは、一番最初に

国境をあけたメルボルンが
今でも規制が厳しいこと。

州独自の申告書が、入国の際に今でも必要ですし、
到着後8日間は、毎日RAT検査の

陰性結果を学校に持っていかないといけません。

 

 

クイーンズランド州は

州境を開けるのを渋っていた割には
一度開けてしまったら今度は、

「じゃんじゃん来てください!」というスタンスです。

規制もゆるい。州独自の申告書も

一瞬でなくなりました。

ビーチエリアなので、もともと都市部のように
人口が密集していないのもあるかもしれません。

 

ある学校のオーナーさんと話していたら、
4月末にはもう、通常時の学生数の

4分の1は戻ってくるそうです。
早いですね。

フライトが通常に戻ったら、あっという間に
学生で埋まると思います。

 

 

★ブログが直接あなたのLINEに届きます!★

登録はこちらをポチ

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

この記事を書いた人

NUMATA NANAMI / 沼田 七海
NUMATA NANAMI / 沼田 七海
ブリスベンに1年間留学していました。
お客様によく目的がないのに、留学に行ってもいいのか不安ですとご相談をいただきます。

当時の私は目的などは特になくて、英語が話せるようになりたいなくらいしか思っていませんでした。それよりも、韓国人の親友がほしいと思って渡豪しました!

韓国人の”親友”はできませんでしたが、大好きな”お姉ちゃん達”に出会えました。
留学先では必ずかけがえのない友人たちに出会えるのでぜひ皆さんにも素敵な友人に出会ってほしいと思います。

目的はなくても大丈夫です。オーストラリアで生活してみたい。英語が話せるようになりたいというその気持ちさえあれば十分です。
留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム