30年ぶりに車の運転をしました。

 

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

先週、30年ぶりに車の運転をしました。
いきなり運転すると怖いので、
ペーパードライバー講習

というものを受講しました。

 

まずは広めの道路まで行って、
車を寄せて、そこでアクセル、ブレーキ、

ウインカーなどの確認をします。

ふむふむ、と一通り車の設備を確認。

 

すると、

「はい、じゃあ早速

運転してみましょう!」

というではないですか。

 

 

え!?こ、ここで??もう??

30年運転してないのに??
ほぼ初心者ですよ??

場所は世田谷通り。

車は普通にじゃんじゃん来ます。

こう、もっと、世田谷の奥のほうの、
畑とかある道でぐるぐる練習するのかな、
と思っていたので、これは衝撃でした。

 

先生曰く

「車は経験が全てです。なのでどんどん

色々な道を運転して、慣れるしかないんです」

う、、確かに。英語も同じだ、、実践が全て。

 

日本で練習してるより海外行って、

どんどんネイティブとしゃべらないと
一生上達しない。

まあ、先生いるし、なんとかなるかな。

ゴーカートだと思えばいい。
マリオカートは運転できたし。

と覚悟を決めて運転席へ。

 

30年間、助手席にしか

座ったことがないから、
無意識にシートベルトを

探す手を左肩に伸ばす。あれ?ない?
あ、そっか。私、運転手なんだ。

 

 

もう、この時点で

「ああ、いよいよ運転、、

ついにこの時が来た」としみじみ。

で、最初はもちろん恐る恐る。
ブレーキの力加減が分からなくて、

最初はがくん、がくんと車体が揺れる。

 

「ブレーキは、踏むというより

軽く触るくらいで十分伝わっていますよ。」
という具合に、

常に横から指示をくれます。

「アクセルもって踏んで、

もっと踏んでいいです!」
「右折のハンドルは切りすぎないで。

はい!そこでストップ」

 

横から手を出してハンドル止めてくれたり、
なんだかんだ夢中で指示に従っているうちに、
気が付いたら、目黒通り、

駒沢通り、環7を走っていました。

まさか自分が環7を走る日がくるなんて(涙

 

 

で、結局2時間運転していました。

すごく楽しかった。
心地よい疲労感です。
緊張は全くしなかったです。

 

先生が常にとなりで

「悪い想像はしないこと。

怖いと思わないこと」
「車は誰でも運転できるもの」

といった、声掛けをしてくれます。

とにかく心を明るくしてくれる

言葉をたくさんかけてくれます。

 

選んだこの会社名が

「ファーストステップ」でした。
まさに、最初の一歩を踏み出した気分です。

案ずるより産むが易し

これ、渡豪を決めた29歳のときにも
全く同じことを感じたのを思い出しました。

オーストラリアに到着して生活を始めると、
「なんだ、もっと早く

来ればよかった。悩んで損した」

と思ったのを思い出しました。

 

 

決断するまでが一番緊張します。
車の講習も同じで、予約の電話を

かける前が一番緊張していました。

が、やってみると、あっという間。

 

夢中で時間がすぎていきます。

何よりも、一人じゃない。先生もいる。

これも同じ。学校で友達できる。

英語が不安でもプロがついてる。

車の運転は、私にとっては悲願です。

コンプレックスの塊でした。
怖くて、怖くて、一生車の運転は

出来ないと思い込んでいました。

 

ですが、良い先生にめぐりあえた。

楽しいと思えてほっとした。

頭で考える悪い想像は、

現実には起こりません。
頭って、やっかいな奴なんです。

勝手にいろんなことを妄想する。

 

頭を捨てて、心で生きたいものです。
そうすれば、人生はもっとラクなはずです。

自分が動けば、ちゃんと救世主が現れる。

 

★ブログが直接あなたのLINEに届きます!★

登録はこちらをポチ

 

==========

コロナ支援のための大幅学費割引
申請期限【10月末迄】

==========

15週の申し込みで2週無料(6万5千円相当)←ワーホリにおすすめ
23週の申し込みで7週無料(22万円相当)
36週以上の申し込みで14週無料(45万円相当)←学生ビザにおすすめ

学校はこちら。渡航期限なし。来年でも再来年でもOK
https://activewoman.jp/school/cains/spc-cains/

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

この記事を書いた人

NUMATA NANAMI / 沼田 七海
NUMATA NANAMI / 沼田 七海
ブリスベンに1年間留学していました。

お客様によく目的がないのに、留学に行ってもいいのか不安ですと
ご相談をいただきます。

当時の私は目的などは特になくて、
英語が話せるようになりたいなくらいしか思っていませんでした。
それよりも、韓国人の親友がほしいと思って渡豪しました。笑

韓国人の”親友”はできませんでしたが、
大好きな”お姉ちゃん達”に出会えました。

留学先では必ずかけがえのない友人たちに
出会えるのでぜひ皆さんにも素敵な友人に
出会ってほしいと思います。


目的はなくても大丈夫です。
オーストラリアで生活してみたい。
英語が話せるようになりたいという
その気持ちさえあれば十分です^^
留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム