「渋谷」と「湘南」、どっちが好き?

 

こんにちは。
アクティブウーマンの桜井です。

 

梅雨ですが、

あんまり雨降らないですね、、

 

さて、コロナ補助金が

いろいろありますが、
SPC、インパクトという

2大学校の大きな補助金が

6月末が申請期限となります。

 

最大14週間分(約45万円)の

学費が免除されます。

 

ちなみに先日から

豪ドルがめちゃ安くなってます!
1ドル85円台です。

 

 

SPCは

クイーンズランド州の優良学校
インパクトは

ビクトリア州の優良学校

個人的には、

南北の横綱レベルの学校だと思います。

 

英語学校は、大学と違って

「なにをしたいかで学校を選ぶ」

というわけではありません。

だって、英語しかやってないから。

 

だから、英語が

できるようになりたい人は
どこの学校を選んでも、

英語は勉強できます。

英語の勉強したかったのに、

やってないの??という
英語学校はありません。

 

 

そういう意味で、

私たちは先に

「住みたい都市」を
決めてもらいます。

渋谷で暮らすか、

湘南で暮らすかは、
街の空気もライフスタイルも

見える景色も、全然違います。

 

私は年に数回、

湘南へ行きます。

テニスをするためです。

 

自宅から1時間半ほど

かかりますが、
駅をおりるとすぐに海で、
上半身裸で、

サーフボードかかえて

自転車に乗っている人がいて、
なんだかもう、

まったく渋谷と違います。

これが越後湯沢とか、

長野とかになると
さらに変わります。

 

 

こんな感じで、

どこに住むかで
ライフスタイルと、

出会う人が変わります。

 

その街を選ぶ人は、

その街を好きで

選んでいるので、
似たような価値観の人と

出会います。

 

都会が好きで、

ショッピングや

夜遊びが好きなら
新宿や渋谷に

近い街を選ぶでしょう。

 

海が好きで、

人混みを避けた

のんびりした生活を好むなら、

湘南や鵠沼のほうを選ぶでしょう。

 

山が好きなら、

長野や秩父のほうかもしれません。

 

 

街が決まったら次は学校です。

全ての学校が

英語を教えているのなら、
「優良学校」ってなんなの?

 

それは、英語を教える

その環境づくりです。

学生が勉強したくなる

環境を学校が

作っているか?です。

 

英語の授業さえやってれば、

あとは学生の

自己責任、努力次第、

といえばそれまでですが、
人間は意志が弱くて、

なまけものです。

 

 

ご自由にどうぞ
出席さえしてれば、

寝ててもいいよ

と、言われたら、

寝てしまいます。

 

ずっとスマホを

いじっている人や、
電話がかかると教室を

出ていってしまう人もいます。

 

そして、

こんな学生に囲まれたら、
先生だってやる気をなくします。

先生も人間ですから。

「どーせ俺の授業、

誰も聞いてないし」

となります。

 

学生のモチベーションをあげて、
やる気にさせるには、

学校にも努力が必要です。

 

 

英語って楽しい!

学校って楽しい。

積極的に、英語を

勉強したくなる環境づくり。
これが学校の仕事だと思います。

卒業式がくるのが悲しい、

と思わせて大成功です。
学校は一番楽しい

場所であるべきです。

 

SPCを申し込んだお客様が
「親に確認してから進めたい」
ということでした。

その方はお父さんが

英語ができる方なのですが
SPCのことを調べて

「いい学校だね」

言ってくださいました。

 

 

また、お父さんの

同僚のオージーの方に
「ケアンズはすごく

いいところだよ」と聞いて、
すごく前向きに、

わくわくしているそうです。

 

ケアンズはオージーに

とってはリゾートです。

都会での疲れを

癒しにくる場所で
まさに沖縄とか

そういう南国みたいな感じです。

 

 

SPCは全寮制なので、
世界各国から来た

学生と相部屋で暮らします。

同じ空間で

ご飯を食べて、寝て、勉強して。

英語しか共通語がないわけですから、
ここでかなり鍛えられます。

 

 

「学生」といっても、

ほぼ20代の大人の寮ですから、
学食には時々ワインがでたりして
楽しい学校ですよ。

 

大人の留学は、
様々な年代だからこそ、

新しい刺激がたくさんです。

 

SPCについては

オンライン学校説明会

開催しているので
気になる方はぜひご出席ください。

オーストラリアから学校スタッフが
直接説明してくれます。

 

==========

コロナ支援のための大幅学費割引
申請期限【6月末迄】

==========

15週の申し込みで2週無料(6万5千円相当)←ワーホリにおすすめ
23週の申し込みで7週無料(22万円相当)
36週以上の申し込みで14週無料(45万円相当)←学生ビザにおすすめ

学校はこちら。渡航期限なし。来年でも再来年でもOK
https://activewoman.jp/school/cains/spc-cains/

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

この記事を書いた人

NUMATA NANAMI / 沼田 七海
ブリスベンに1年間留学していました。

お客様によく目的がないのに、留学に行ってもいいのか不安ですと
ご相談をいただきます。

当時の私は目的などは特になくて、
英語が話せるようになりたいなくらいしか思っていませんでした。
それよりも、韓国人の親友がほしいと思って渡豪しました。笑

韓国人の”親友”はできませんでしたが、
大好きな”お姉ちゃん達”に出会えました。

留学先では必ずかけがえのない友人たちに
出会えるのでぜひ皆さんにも素敵な友人に
出会ってほしいと思います。


目的はなくても大丈夫です。
オーストラリアで生活してみたい。
英語が話せるようになりたいという
その気持ちさえあれば十分です^^
留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム