分析されたい女子たちへ

 

こんにちは。
アクティブウーマンの桜井です。

 

ゆうべはインパクトのセミナーでした。
6月末まで学費割引してます。

コロナぎりぎりの

去年2月に現地入りして
1年の語学留学を終え、

先日帰国したばかりの
Aさんが熊本県からご参加下さいました。

ブリスベンのラーメン屋さんで

バイトしたり

楽しい学生生活だったようです。

 

 

Aさんは、ご両親と一緒に
熊本から東京へカウンセリングに
いらっしゃいました。

Aさんは国境が開き次第、

また学生ビザでオーストラリアに
戻る予定ですが、

今度はメルボルンを検討しています。

 

ちなみに進学は、IELTS以外にも
ケンブリッジ検定資格証明でも

可能なところが増えました。

ケンブリッジのほうが

有効期限がないので便利です。

 

 

私たちのお客様たちは、

ビザを変えて再渡航を

する方も多いですが、

渡航当時と比べると、

英語力も興味も目標も
どんどん変わってきます。

 

Aさんはやりたいことが沢山あります。

高卒で渡豪したので、
進学をオーストラリアで検討しています。

心理学も興味があるし、
バリスタもやりたい。

それなら両方やっちゃえば?
という選択もあります。

専門コースに最初はいって、
大学への編入もできます。

 

 

話は変わりますが、最近は

「ワーホリビザで学校を申し込んだけど、
学生ビザにしようか悩んでいる」

という問い合わせも多いです。

ワーホリビザは学校はマックス4か月。
卒業後は仕事します。

 

が、学校4か月行っただけで
残りのワーホリ生活を
満喫できるのか不安、

という方も多いようです。

 

ワーホリビザは31歳までに

1回だけ使えるビザです。
たった1つの条件は年齢だけで、
1年間仕事ができるというスーパーカードです。

この最強カードを、いつ使うか。
というのが悩みどころだと思います。

 

 

ワーホリビザは、
若さと体力と好奇心、

があれば満喫できるビザです。

 

新しい環境を

ばんばん探すタイプではない、という人、

ロードトリップよりも、

暮らす経験がしたい、とか、
親友を何人か作って、バイトして
じっくりと居場所を作りたい、

 

なによりも

「日常会話ができるようになりたい」

というタイプの人も多いです。

 

 

ちなみにヨーロッパ人たちは、

中古車を運転してど田舎のファームで、

カンガルーを銃で撃って駆除するような
ヘビーなワーホリをしている人も多いです。

 

「ワイルドなことはしない」のが

日本人のワーホリ。

とくに女子ならなおさら。

となると、都市部の飲食店などで

バイトすることになります。

 

その時に英語力があってもなくても
仕事はありますが、時給が変わってきます。

 

 

オーストラリア人と

同僚として働くような店では、
週末や祝日の給料が2~3倍になります。

英語力があって、日本で社会人経験がある、
という状態で来るワーホリであれば
かなり仕事の幅が広がると思います。

 

もし、時間とお金が許すのであれば、
この「英語力」を学生ビザでやっておく、
のが、本当はベストかなと思います。

 

学生ビザだって、学校は昼で終わるし、
毎日バイトできるし。

学校がずっとあるから、

「卒業したら次はどうしよう」という
焦りもない。

 

 

あまり長くオーストラリアに

残りたいというイメージがない。

英語力は気合いでカバーできる。
フットワークが軽いし、

サバイバルも楽しめる。

こんな感じの女子は

ワーホリでも十分楽しめます。

 

が、

こういうアドバイスも、

実際に話を聞いてみないと
分からないんですよ。

 

 

そして、本人も

自分がどういうタイプか分からない。

「旅はイヤだけど、旅行は好き」
「勉強はキライだけど、

英語はしゃべりたい」

とかありますよね。

 

だからいろいろ質問して、
その人のイメージとか、本心とかを
引き出して分析していくんです。

 

勉強きらいなら、「勉強」って
その人にとってどんなイメージなんだろう。

ひょっとして高校の勉強みたいなことを
させられると思ってるのかも。

とか。

 

 

カウンセリングって、

普通は「相談」なんですけど、
私たちの場合は「分析」とか

「診断」に近いです。

 

きちんと分析できれば
アドバイスは簡単です。
ぴったりなものって、必ずありますから。

 

分析されたい女子はこちらからどうぞ。
https://activewoman.jp/counseling/

 

==========

コロナ支援のための大幅学費割引
申請期限【6月末迄】

==========

15週の申し込みで2週無料(6万5千円相当)←ワーホリにおすすめ
23週の申し込みで7週無料(22万円相当)
36週以上の申し込みで14週無料(45万円相当)←学生ビザにおすすめ

学校はこちら。渡航期限なし。来年でも再来年でもOK
https://activewoman.jp/school/cains/spc-cains/

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

 

この記事を書いた人

NUMATA NANAMI / 沼田 七海
NUMATA NANAMI / 沼田 七海
ブリスベンに1年間留学していました。

お客様によく目的がないのに、留学に行ってもいいのか不安ですと
ご相談をいただきます。

当時の私は目的などは特になくて、
英語が話せるようになりたいなくらいしか思っていませんでした。
それよりも、韓国人の親友がほしいと思って渡豪しました。笑

韓国人の”親友”はできませんでしたが、
大好きな”お姉ちゃん達”に出会えました。

留学先では必ずかけがえのない友人たちに
出会えるのでぜひ皆さんにも素敵な友人に
出会ってほしいと思います。


目的はなくても大丈夫です。
オーストラリアで生活してみたい。
英語が話せるようになりたいという
その気持ちさえあれば十分です^^
留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム