遠距離恋愛にピリオド。日本で待つ彼との別れ

 

こんにちは。
アクティブウーマンの桜井です。

 

あっという間に3月になりました!
桜の開花は17日とか。
楽しみ~~

街がピンク一色になりますね。

テニスしてても、気分いいんですよね。
屋外スポーツは、季節と共にあるのも
楽しみの一つです。

 

さて、ワクチン供給の話題が
毎日聞かれるようになりました。

オーストラリアでも接種は始まっています。

さらに今年10月までに

オーストラリアにいるすべての人々
(留学生、ワーホリを含む)に無料で
コロナワクチンを提供していく予定である

と、発表しています。

 

 

話はかわり、今日は

「恋するオーストラリア大陸」
記事をご紹介。

 

現在、ワーホリ中のまりんちゃん。

5年付き合って同棲していた日本の彼氏を
おいて、オーストラリアへやってきました。

ですが、遠距離恋愛を続けた1年後に
彼のほうからお別れを告げてきたといいます。

 

その際に彼から、

“まりんきっと日本に帰りたくないって思うと思うよ”

と、言われたそうです。

で、実際にマリンさんも、自分の気持ちが
分からなくなっていた。

彼のことは大好き。結婚も考えてた。

オーストラリア行きの背中を押してくれたことも
感謝してる。

 

でも、私はいま自分がいる場所が好き。
オーストラリアに住み続けたい。

 

 

遠距離恋愛のカップルが、
直接あわずに、別れ話をするのは
とてもつらいと思います。

 

ですが、まりんさんは、
日本に残していた自分の心が
だんだんとオーストラリアに

来てしまっていることにも
気付いていました。

5年も連れ添った彼との別れは
自分の一部を失うようにツライはず。

 

ですが、だからこそ、
マリンさんは新しい恋に落ちることが出来ました。

“失恋の傷を癒すのは新しい恋”

マリンさんはこう言います。

 

 

ずっとマリンさんにアタックし続けてくれた
という、ハンサムな今の彼氏と
大好きなビーチのそばで暮らすマリンさん。

ちなみに「マリン」は本名です。(漢字あります)

 

こんな名前を持って生まれてきた子は
やっぱり海のそばで暮らすべくして
生まれてきたと思います。

 

「朝起きて水着きて彼がつくってくれた
スムージーと果物だけ持って

家から歩いて1分たらずのサーファーズのビーチで
2人でのんびり朝食を食べるなんて
東京で必死に生きてた私が夢だった生活です。

 

うんうん。必死に生きてきた彼女は
当然、幸せを手にする権利があります。

必死に生きた、と自分で言い切れるのは
すごいことです。

 

なんでも必死に追い求める彼女だからこそ、
今の生活もゲットできたと思います。

欲しいものは追い求めるべきです。

 

 

日本にいるガールズの皆さん。

「夢だった生活」がありますか?

 

それは実現できるんです。

夢は見るものではなく、叶えるものです。

 

まりんさんと、猛烈アタックの彼氏の

写真はこちら
https://bit.ly/2MBwu68

 

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

都市の選び方、費用、ビザなど
留学までの流れが全て分かります。

さらに、家探しの注意や生理用品など、
女子情報も盛りだくさん

留学セミナー予約はこちら(オンラインです)
http://bit.ly/30rg0QB

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」
「すっきりした」という方が多いです。

カウンセリング予約はこちら
http://bit.ly/30u1GXB

この記事を書いた人

NUMATA NANAMI / 沼田 七海
NUMATA NANAMI / 沼田 七海
ブリスベンに1年間留学していました。

お客様によく目的がないのに、留学に行ってもいいのか不安ですと
ご相談をいただきます。

当時の私は目的などは特になくて、
英語が話せるようになりたいなくらいしか思っていませんでした。
それよりも、韓国人の親友がほしいと思って渡豪しました。笑

韓国人の”親友”はできませんでしたが、
大好きな”お姉ちゃん達”に出会えました。

留学先では必ずかけがえのない友人たちに
出会えるのでぜひ皆さんにも素敵な友人に
出会ってほしいと思います。


目的はなくても大丈夫です。
オーストラリアで生活してみたい。
英語が話せるようになりたいという
その気持ちさえあれば十分です^^
留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム