お弁当を買って箸をもらおうとしたら「なぜですか?」と聞かれた

こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

Kevin’s English roomというYoutubeが
面白かったので、内容をシェアします。


ケビンはアメリカ人ですが、日系なので、
見かけは完全に日本人です。
 
 
彼は日本が大好きだったので、
高校から日本へ留学してきました。

 

が、アメリカ生まれ、育ちなので
日本語は全く読み書きできません。
 

高校へは、英語枠という帰国子女枠のようなもので
入学したようです。
 
 
ですが、普通の高校生と同じように
国語や社会、数学などに参加するので、
とにかく漢字が読めなくて大変だった、といいます。

 
 
その彼が、「日本に来て恥ずかしかったこと」
というエピソードを紹介していました。
 
 
その1.クラスで教科書の音読をするときに、
読み間違えが多くて、たくさん恥をかいた。
 

「帽子を被る(かぶる)」を「ぼうしをやぶる」と読んだ。
 
 
血で血を洗う、を、「さらでさらを洗う」と読んだ。
 
 
クラス中が大爆笑で、
本当に国語の時間が嫌だった、と言います。
 

その2、コンビニでお弁当を買ったときに、
お箸を下さい、

と言ったら「なぜですか?」と言われて
「このお弁当が食べたいから」と答えたら、

店員に変な顔をされた
 
 
正解は、店員が聞いたのは「何膳(なんぜん)ですか?」
箸の数え方の単位を知らずに、「なぜですか?」と
聞かれたと思った。
 
 

その3、領収書のあて名が書けない

 
漢字が書けないから、「田中」とか簡単な感じが書けない。
 
 
「念の為、こちらに書いてもらっていいですか?」というと、
相手は「??」と不思議そうにしていた。

 
自分の見た目が日本人なだけに、余計困った。

と、こんな感じです。

 
ケビンは

恥をかく=学び

だと言っています。

 

散々間違って、恥をかいたおかげで、
今のケビンは、本当にあとから日本語を勉強したの?
と思うくらい、日本語ぺらぺらです。

 

私たちも、オーストラリアへ行けば同じことが起こります。

でも、間違えていいんですよ。
だってネイティブじゃないし。
 
 
英語はヘタでも、日本語はぺらぺらなわけだし。
 
 
恥をかいて覚えた英語は二度と忘れませんし、
そうやって日常生活の環境の中で
たくさんの表現を知っていきます。
 
 
まわりが使っている英語に耳をそばだてて、

「なるほど。そうやって言うのか」
と、真似をする。

 

これが英語を習得する第一歩だと思います。

 
これをするには、周りが英語を使っている環境に
いかないといけません。

 
例えば、私が知らなかった表現として、

「good to go」があります。
 
 
ホテルでのチェックアウト時とか、
カギを返して、いろいろチェックして、
「これで以上です。ありがとうございました」
みたいな意味で使います
 
 
カフェとかでも、クレジットカードで支払いして、

「OK, good to go」

とか、言われます。

 

これを言われたら「ありがとう、またね~」
と帰っていいということです。

 

ですが、初めて言われたときに、
店員さんに、「you are good to go」と言われて、
「??」と固まったことがあります。
 
 
グットゥーゴー??
 

首をかしげて、「もう一回言って」と聞きなおして、
相手は、「あ、この人、分からないんだな」と察して、
「Everything is OK」みたいに言い直してくれた気がします。
 
 
でも、それ以来わたしも、

「good to go?(もう行っていい?)」

と、自分で相手に聞きます。

 
なんかネイティブっぽくて好きです。

 

こんな感じで、生活の中で、
たくさんの英語を覚えていきます。
 
 
自分をとりまく全てが学びの場。
これが海外で暮らす最大のメリットだと思います。

==============
現地の学校説明会やります!@zoom
==============
コロナ補助の利用を考えている方はぜひどうぞ。
オーストラリアと中継で学校スタッフによる案内。

英語オンリールールや、毎日のアクティビティ、
学生寮での生活など。

申し込みはこちら
11月28日(土) 10:30 ★SPC学校セミナー
https://activewoman.jp/seminar/seminar.php

====================
★女性限定の留学まるわかりセミナー
====================

都市の特徴と選び方、渡航にかかる費用、ビザの選び方や
渡航までに準備することなどをご案内。

さらに、女性が家探しをする際の注意など、
女子情報も含めて、留学準備に必要な知識を全てお伝えします。

留学セミナー予約はこちら(オンラインです)
http://bit.ly/30rg0QB

====================
★女性のための留学カウンセリング
====================

女性の留学サポート15年の実績。
お話を聞きながら、ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

帰りは「わくわくした!」「すっきりした」という方が多いです。

カウンセリング予約はこちら
http://bit.ly/30u1GXB

この記事を書いた人

河口尚子
河口尚子
北海道旭川市出身、雪山大好きの道産子です。
北海道も広いけど、世界はもっともっと広い、、、知らない世界を見てみたい!
そんな好奇心だけでアクティブガール(アクティブウーマンのお客さん)になりました。

今まで出会った事もない外国人の友達と英語で冗談を言い合ったり~
憧れが現実となりました。
白人の友達に、肌白いね~と言われた事、それが思い出です(笑)
北海道だから~と言われるけど、道産子みんな色白なわけではないのですよ。
私は完全遺伝です。

オーストラリアではレストランで働いていました。
お客さんやスタッフと毎日会話をするのが楽しくて、週6シフト!
その日の売り上げ管理まで任されるようになり、本当に良い経験です。

旅立つアクティブガールズのみなさんを応援いたします♪

趣味 旅行・スノーボード・ヨガ
好きなもの コリラックマ・焼肉・ビール


オーストラリア留学についてのお問い合わせ


アクティブウーマン留学センターは国内唯一の女性専用オーストラリア留学エージェント。留学に行きたいけど勇気が出ない。そんな女性たちの背中を押し続けています。
メールでのお問合せはこちら
詳しい資料「留学応援ブック」のご請求はこちら


留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム