「~したい」という口癖がある人は要注意

こんにちは。アクティブウーマンの桜井です。

東京は気持ちよい秋晴れが続きますね。
最近は週末はテニスの朝練をしています。
朝7時から2時間。

 

昨日はそのあとに、さらに2時間連続して、
4時間テニスをしていました。

 

真夏の4時間はキツイですが、これくらいの気温だと
全然疲れません。

 

朝練の日は朝6時起床です。だんだん寒くなってきたので、
朝起きるときが一番の戦いです。

 

こういう時、私は何も考えないようにしています。
行きたいとか、行きたくないとか、ではなく
「行く」と決めたから行くだけです。

 

思考ではなく、行動を先にします。
起きて着替えて、歯を磨いて家を出て電車に乗って。

 

行動している間は、思考はあまり入り込めません。

 

さて、今日は「自分にとっての現実は、自分の頭で作り出せる」
という話をします。

 

「どうせダメだ」「自分なんて」「不公平だ」

こんな感じで不満をもっている人は、そういった行動を
とるようになる、と言います。

 

話し方や思考は、その瞬間だけではなく、
その人の無意識に入り込み、体の一部になって
思考や行動も変えていくと言います。
 
 
思考をコントロールすれば、
どんな気持ちになるかもコントロールできる。

 

自分が発する言葉、思考で現実は作れると言います。

 

で、この思考で気を付けないといけないのは、

 

「~したい」「~せねば」「~する目標だ」「~する予定だ」

という考え方をすると、

 

脳は

「ということは、今やらなくてもいいか」

と思ってしまうそうです。

 

新年の誓いが大抵うまくいかないのは、このせいだそうです。

 

これは言い方を以下のように変えるといいそうです。

 

「私は~だ」

と、現在形の断定的な言葉を使う。

 

「私は留学に向けて準備をしている」
「私はオーストラリアに近づいている」
「私は英語の勉強を毎日している」
 
 
こんな感じ。
 
 
英語の勉強を毎日するように絶対頑張るぞ!

では、ダメなんです。

 

毎日やってないって宣言してるだけだから。

 

 

セルフトークの威力はすさまじいです。

 

他人と悪口を言い合って慰めあうのが
いかに怖いかが良く分かります。
 
 
あなたはあなたが発する言葉で出来ている。
まさにその通りですね。

 

追伸:

「京都行きたい」

ではダメだけど、

「京都行きたい、よし、京都行こう!」

 

ここまで言えばOKですよね。
 
「留学行きたい、よし行こう!」

ここまで一気に言いましょう。
 
 
====================
★女子のための留学・ワーホリセミナー
====================

学費負担制度、オーストラリアのコロナ現状、
代表7都市の説明、留学にかかる全費用、ビザ種類、

生理用品や下着事情、生理痛になった際の婦人科へかかり方など
女子情報も含めて、留学準備に必要な知識を全てお伝えします。

留学セミナー予約はこちら(オンラインです)
http://bit.ly/30rg0QB

====================
★女性のための留学カウンセリング
====================

女性のサポート15年の実績。
お話をしながら、ぴったりなプランを一緒に決めていきます。

まだ留学行くか決めかねている方も
お気軽に相談してください。

カウンセリングは楽しいですよ!帰り道は
「わくわくした!」という方が多いです。

カウンセリング予約はこちら
http://bit.ly/30u1GXB

この記事を書いた人

河口尚子
河口尚子
北海道旭川市出身、雪山大好きの道産子です。
北海道も広いけど、世界はもっともっと広い、、、知らない世界を見てみたい!
そんな好奇心だけでアクティブガール(アクティブウーマンのお客さん)になりました。

今まで出会った事もない外国人の友達と英語で冗談を言い合ったり~
憧れが現実となりました。
白人の友達に、肌白いね~と言われた事、それが思い出です(笑)
北海道だから~と言われるけど、道産子みんな色白なわけではないのですよ。
私は完全遺伝です。

オーストラリアではレストランで働いていました。
お客さんやスタッフと毎日会話をするのが楽しくて、週6シフト!
その日の売り上げ管理まで任されるようになり、本当に良い経験です。

旅立つアクティブガールズのみなさんを応援いたします♪

趣味 旅行・スノーボード・ヨガ
好きなもの コリラックマ・焼肉・ビール


オーストラリア留学についてのお問い合わせ


アクティブウーマン留学センターは国内唯一の女性専用オーストラリア留学エージェント。留学に行きたいけど勇気が出ない。そんな女性たちの背中を押し続けています。
メールでのお問合せはこちら
詳しい資料「留学応援ブック」のご請求はこちら


留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム