ステップ3のさらなる詳細

==================

コロナ支援で授業料を教育機関が半額負担。5月末迄受付

最大80万円が学校から補助。詳細は文末で

==================

 

こんにちは、桜井です。

 

先週、オーストラリア入国までの3ステップが発表されました。

ステップ3になると、international studentという文字が登場してきます。

つまり、皆さんのことです。

 

オーストラリアは通常生活に戻るまでのロードマップを

発表しました。ステップ1~3までです。

 

そのステップ3に「留学生の渡航」が含まれています。

この時期をモリソン首相は7月をめどに頑張る、と言っていますが、

7月末まではカンタスとジェットスターの運休が決定しています。

なので、日本は8月以降が有力なのでは?と言われています。

 

もちろん、これはまだ憶測なので、随時最新情報が

分かり次第アップしていきます。

 

 

学校の対面授業が続々と開始していますね。

ゴールドコーストのインフォーラムは5月18日より対面授業を再開します。

 

ブリスベンのインパクトは5日からすでに開始、レクシスは6月8日。

 

どんどん緩和ムードになっています。

メルボルンやシドニーは人口が多いせいもあって、

もう少し様子見をするところが多いです。

クイーンズランド州がいち早く対面を開始しています。

 

 

日本も同じですが、やはり人口の多い東京のほうが

時間がかかるように、オーストラリアも人口の多い街は

時間がかかります。

 

 

 

今日は怒りの感情についてのお話。

 

感情は、吐き出せばすっきりする、と思われがちですが、

これは違います。その時はスッキリしても、何度もまた

同じ怒りが湧いてきませんか?

 

これでは単に怒り癖がつくだけです。

 

怒りって、「結果」なんです。

なにか原因があって怒っているわけだから、

 

だから、その原因を直さないと、怒りは収まらない。

いくらでも出てきます。

 

 

だから、いつも怒っている人って、それをなんとか

抑えつけようとして、

ストレスで胃潰瘍とか心臓が悪くなったりするそうです。

 

 

なるほどね。

 

 

私はほとんど怒ることはありませんが、

確かに怒る時って、もちろん原因があるわけですよね。

 

 

怒りはその結果。原因をなおす。

これって、その通りだと思いました。

あ、これは久々に読んだアドラー心理学に書いてありました。

 

 

あとこれもついでに。

 

 

頼まれてもないのに協力するのは、お節介であり、過保護である。

 

頼まれた時に、「いいよ」というのはOKだけど、

頼まれてもないのにこちらの判断で口出しをするのは

協力ではなく、単なる自己優越、だそうです。

 

これもなるほど、です。

 

 

過干渉とは全然違う話だけど、

私は頼まれてもないのに、よく人を助けます。

 

一番品薄だったころに、

マスク送ってあげたり、トイレットペーパー送ってあげたり。

 

 

もちろん、めちゃくちゃ喜ばれますが、

確かにこれ、自分が気分いいですww

 

 

オーストラリアに行くと、みんなドアを押さえて待っててくれるけど、

あれって、自分でやってみると自分が気分いいんですよね。

 

サンキューと言われて、

「どういたしまして~、ウフフ」みたいな。

 

親切って、実は自分が一番得してると思う。

 

追伸:

 

コロナで差が出る企業の明暗。

へ~~と思ったのが、問い合わせが増えて困っているのが、なんと美容整形。

人と会わないこの時期に、二重瞼とかの手術しておけば、

顔が腫れている期間も家に居て過ごせる、とのこと。

 

でも、医者のほうは感染対策がまだ間に合わないので、

あんまり来てほしくないとか。
リモートワークが終わって出社したら、

顔が別人になっている人が会社に数人はいそうですね。

 

ちなみに段ボールの需要も増えています。

巣ごもり需要と呼ばれるこの業界。みんなが

アマゾンなどで宅配を頼むから、この業界がすごく伸びています。

 

==================

留学支援サポート。学費半額補助。受付期間2020年5月1日~5月31日

===================

今はムリ、お金がない、、と留学を諦めていた人へチャンス到来

 

いまだけコロナ救済により留学支援サポート。

授業料を学校が半額負担。

 

5月末迄受付。渡航時期の指定なし。入学期限なし。

来年でも、再来年でも大丈夫です。

 

<支援内容>

 

学費46%を学校負担。

入学金、教材費、滞在手数料を全額免除

 

<対象ビザ>

学生ビザ・ワーキングホリデービザ・観光ビザ

 

<費用例>1ドル71円の場合

 

1年留学⇒学生負担分76万円

8か月留学⇒学生負担分47万円

ワーホリ学校4か月⇒学生負担分25万円

 

 

<対象者>

5月1日~5月31日迄に学校申し込みをした方

6月末迄に入金可能な方

渡航日指定なし

入学期限なし

 

 

詳細はお問い合わせください。

https://00m.in/n9QIz

 

 

================

★オンナだらけの留学セミナー情報(byオンライン)

================

7つの街の特徴、学校と都市の決め方、

留学予算、バイトや家の探し方とコツ。

 

留学までの流れや必要な準備を全てお伝えします!

同日そのままカウンセリングで相談もOK。

 

*セミナー後にカウンセリングも受けられます。

こちらもオンラインです。

 

はじめての留学セミナー(オンラインで開催中!)

http://bit.ly/30rg0QB

 

=====================

★24時間メール相談はこちら

https://00m.in/n9QIz

 

★カウンセリング予約はこちら(オンライン)

https://00m.in/n9QIz

 

★電話問い合わせ

Tel (03) 6805 1346

月~土 10:00~19:00 (日、水、祝休み)

 

アクティブウーマン留学センター
*********************************
〒154-0002 東京都渋谷区渋谷3-25-21-102
TEL(03) 6805 1346
営業時間 10:00~19:00 日・水 定休日
*********************************

この記事を書いた人

Akiko Sakurai / 桜井 彰子
Akiko Sakurai / 桜井 彰子
29歳の時に渡豪。それまでバックパックを背負って世界中を旅していました。
訪れた国は30カ国くらい?中東は自転車で国境を超えました。
悩んでいる女性の背中を押したくて、女性専門の代理店を2005年に立ちあげました。
以来毎年600名の女性を海外へ送り出しています。

趣味はテニスで2013年から始めました。出張の時はラケットを持って行って
現地でもプレイしています。


オーストラリア留学についてのお問い合わせ


アクティブウーマン留学センターは国内唯一の女性専用オーストラリア留学エージェント。留学に行きたいけど勇気が出ない。そんな女性たちの背中を押し続けています。
メールでのお問合せはこちら
詳しい資料「留学応援ブック」のご請求はこちら


留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム