ちょっと不思議な話

世の中には不思議な力をもつ人が
たくさんいるな~と思いますが
今日は久々にヒットした話を紹介します。
長崎にある四次元喫茶(タイトルが既に怪しいですが
本当に看板にそう書いてあります)なのですが
ここのマスターのマジックがどうやら
凄いらしいのです。
いろんな人がブログに書いているので
それを抜粋すると、、
>お札が飛ぶ、誰もさわってないのに
ボルトが外れたり閉まったりする、
スプーンやフォークが触らずにぐにゃぐにゃになる、
瓶がグニャグニャにまがる、
瓶がぺちゃんこになる、
選んだトランプを当てる、
選んだ有名人を当てる、
名前を当てる、
誕生日を当てる…などなど…。

>そして、スプーン曲げなどの
“サイキック”の時間は見る人全員、
言葉が出ないほどのビックリショーであり、
目の前で10円玉が500円玉のサイズになったり、
逆に小指の爪ほどのサイズに縮んだり、
スプーンをかじって食べたり1000円札と50円玉を同化させたり、
他にも新品で中身が入った
ビール瓶をグニャグニャにねじ曲げたりと、
もうやりたい放題でした。
ルービックキューブも、
世界最短記録は5秒台のようですが、
マスターの手にかかれば1秒もかからずに
全面揃えたりと、もうどれをとっても一級品で、
他では簡単には見れない最高のマジックショーでした。

こんな感じ。
どうやらこの方、マジシャンではなくて
本物のサイキックのようなんです。
マスコミや取材は一切NGです。
だって、宝くじや万馬券が分かってしまうし
自分の未来を教えて下さい、みたいな
人が殺到して、日常生活を送れなくなります。
そして本物の人は、こういう天命を
お金儲けの手段には使いません。
本当に必要な人に伝えるだけです。
だから警察の行方不明者の捜索だけ
手伝っていて、あとは喫茶店の飲食代だけで
このマジックショーを行っているそうです。

あ、マジックはちなみに2時間近い
きちんとしたショーだそうです。

ではなぜマジックなのか?
どうやら、マジックはカモフラージュで
マスターは自分が与えられた力を使って
世の中に意識改革というメッセージを
伝えているそうです。
マッサージはショーの合間に
たくさんトークを挟むそうですが
そのトークを実際に行った方のブログから
抜粋します。


————————————————-
マスターはとてもいい人なんだとおもいました。
ショーを通じてところどころで
人生を説いたお話をさりげなく言います。

————————————————-

幸せになりたい人は
「幸せになるぞ!!」とはあまり言わないほうがいいですよ。
「幸せなんだ」って言うほうがいいです。
幸せになるぞと言えば言うほど、
潜在意識には「今は不幸だ」と言い聞かせてることになりますから。

————————————————-

忙しい忙しいと言う人は怠けてるだけなんですよ。
忙しいという字は、心を亡くすと書きます。
忙しい忙しいと言う人は心を亡くしてます。
時間は作ろうと思えば創れるものなんです。

————————————————-

宇宙にアファーメーションすればなんでも応えてくれますよ。

————————————————-

できないというのは思い込みが邪魔をしてるんです。
できると思えばできるようになりますよ。

————————————————-

くよくよしたことを考えてる時間が人生で一番無駄な時間なんです。
くよくよ考えてもなにもいいことないですよ。

————————————————-

・中庸を見る (極端に考えないで、真ん中を見るとブレない)
・物事を裏側から見てみる
・目標は完了形のイメージをする
(幸せになりたい=今は不幸 とも取れるので、
「今、幸せだ!」とイメージする)
・一日一日を大切に
・目標は数字ではなく、人が喜ぶのを目標にすれば間違いない。

以上、こんな感じです。
マスターはこういうメッセージを伝えたくて

不可能なことなんてないんだよ、
全ては固定観念なんだよ
刷り込まれた思い込みなんだよ。
ということを、ビンを曲げたり
お札を浮かせたり、コインを粉々にしたり
戻したりして見せてくれているのだと
思います。
そういうのを目の前で経験すると
私たちは「??」となり、
自分の固定観念を疑います。
あれ?コインってあんなに柔らかいっけ?
そういえばそうかも?
と脳が考え始めます。

私の友人も脳の思い込みを外すことができるので
時々それを教わります。

まだまだ私は練習中ですが
屈伸をして手がつま先に届かないのに
脳に「できる!」と強く念じると
ふにゃっと体が一瞬で曲がったりします。

それくらい、信じる力って凄いなあと
思います。だから普段からの考え癖や
口から発する言葉にも
自然と気を付けるようになります。
そういえば、昨日パースから
3年ぶりに取引先の方が
いきなりオフィスに
アポなしで現れました。
雑談の中で、その人がなんと長崎出身ということなので
その喫茶店の話をしてみると
驚いた様子で、自分も行ったことはないけれど
友人から話を聞いて、次回帰省した際には
ぜひ行こうと思っていた、
と、iPhoneに覚書で書かれたメモを見せてくれました。
そこにはその喫茶店の名前が書かれていました。

う~~ん。この偶然。
私も運を引き寄せる力があるなあとは
思いますが、これは長崎に呼ばれているのか?
と思いました。

ついでにハウステンボスにでも寄ってくるかな。

ちなみに私の友人が今日はこの
喫茶店に行きます。
2か月先まで予約がとれない店を
ピンポイントで
自分が飛行機をとった日に
数日前に電話してたまたまキャンセルが
出ました、という感じで滑りこめる人です。

そして本人も「多分大丈夫だと思ってました」
と普通に言います。
ちなみにこの人、どんな入手困難な
チケットもこんな感じで手に入れます。
いきなり当日会場に行っても
当日券まちの人たちが何百人もいる中
わざわざチケットを持っている人が
「あの~、チケットが一枚あまってるんですけど」
と、声をかけてきたこともあるそうです。

こういう話を聞くと
世の中はちゃんと自分に良くなるように
できているんだな、と思います。
あまりアレコレ難しく考えないで
直感に従っていいんだ。
わくわくするほうを選んでいいんだ、
と改めて思います。
イメージしたら人間はなんでもできる。
今、何かにつまづいている人には
少しでもヒントになればいいな。

この記事を書いた人

妹尾 百合子
妹尾 百合子
エンジニア歴十ウン年。二児の母。
WEBに関する事、保険の事、ビザの事などを担当しており、アクティブウーマンを影から支えています。リモートワークスタッフです。
留学を志す全ての女性の応援しています。

ボーカリスト、ピアノ弾き、フルート吹き。
お笑い好き、ゲーム好き、園芸バラ、歴女、教育オタク、マンガオタク・・・多趣味です。


オーストラリア留学についてのお問い合わせ


アクティブウーマン留学センターは国内唯一の女性専用オーストラリア留学エージェント。留学に行きたいけど勇気が出ない。そんな女性たちの背中を押し続けています。
メールでのお問合せはこちら
詳しい資料「留学応援ブック」のご請求はこちら


留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム