スタッフの独り言

クラスメートの思い出

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。
ずーっと、ずーっと暑い日が続いてましたが、昨日と今日は東京は
雨が降ってますね。

さて、唐突ですが。
カウンセリングの時に、私も実はアクティブウーマンのお客さんだったのです、と
話すと皆さん、「えー」っと驚かれます。
そうだったのです。かなり前ですが。

今日はその留学していた頃の旧友ラファエル君
についてお話したいと思います。

私はゴールドコーストのインフォーラムエデュケーションに
留学してました。当時アドバンスレベルのクラスに居たのですが
丁度その時に彼もいました。

でも別段良く話すこともなく、そんなに
親しくありませんでした。
覚えているのは、カフェテリアでのランチ時間。
彼の食事をする時の行儀の良さ、頭はモヒカンなのに
姿勢がよく、実はお坊ちゃんなのかなぁ、と思ってました。

近頃、彼のFacebookに彼がその当時頃の自分のこと、
現在の自分のことについて書いていて、ちょっと
感動したのでご紹介したいと思います。

ご本人の許可もいただいちゃいました。

「2012年に二回目の学生ビザでオーストラリアに来て、
インフォーラムで学生生活を送っていて、その当時アルバイト先まで
結構長い距離を自転車で通ってたのを思い出す。

その仕事が当時、たった一つのパートタイムジョブで仕事内容は
クリーナー、時給は17ドルだった。
電力会社の建物の清掃の仕事とはいえ、大きな建物で
自分は成人した男なのに、仕事をやり遂げられるかいつも怖くて、そして
孤独だった。

彼の通勤時と仕事をしているときの
写真はここから見れます^^

Back in 2012 when I was on my second student visa here in Australia, I was living in Ipswich, QLD. At that time I had to…

Rafael Pelegrina Pieroniさんの投稿 2018年8月8日水曜日

↑ 孤独、といいながらガッツポーズ(?)

何故、感動したのかと良いますと、
私から見て、クラスに居る時の彼は、なんだか(繰り返しますが)ヒカンスタイルの頭で、
英語も流暢で上手、自信満々に見えてました。
一度彼のレジュメを見せてもらったら、びーっしり英語で
自信満々の内容でした。

でも、そんな彼がオーストラリアでの仕事を前に
恐怖心と闘っていたなんて思いもしなかったからです。
出身国は違っても、育った環境が違っても
みんな感じることは同じなのですね。

そんな彼は、今パースに住んでいて
西オーストラリア州政府運営グループのフィットネスジムで
個人トレーナー、グループフィットネスインストラクターと
スポーツコーチの仕事をしています。
素晴らしいと思います。

ここです↓
https://www.venueswest.wa.gov.au/

そして今回彼は、業績が認められて会社から
ボブ・ディランのコンサートチケットをプレゼントされたそうです。

同じクラスにいたブラジル出身の女の子と
結婚して更に幸せそうです。
途中で帰国するか悩んだと思うけど、オーストラリアに残って
よかった、大きな夢をつかんでよかった!

ラファエルとはそんなに親しくなかったけれど、
こうして現在の彼と彼女が幸せに活躍しているのは
本当に嬉しいです。

あー、
留学してた時のクラスの雰囲気を
思い出します。。。懐かしいです。。

いつか、パースに行く機会があったら
一日トレーニングしてもらおうかな。。。?

ちょっとだけ健康志向

アクティブウーマン留学センターの土屋です。
毎日これでもか、これでもか、という位暑いですね。
こんなに暑いので、こんな歌とシーンが頭にでてきました。

アタックNo1 ※昔のアニメです。

「苦しくたって~悲しくたって~コートの中では平気なの、、」
。。。と、これでもか、これでもか、という位
コーチがボールを投げる姿が、この酷い暑さを連想させます。。??

先日、桜井のメルマガに「梅飴」について触れてましたが
今日もオフィスには違うバージョンを揃えました。
暑さ対策です~!

通勤途中の駅でも梅飴やグミのようなお菓子は
沢山揃えてありました。
そして、
今日はその駅中のコンビニでセバダという飲み物を
買ってみました。前から気になっておりました。

これです↓↓

見た目はコーヒーなのですが、焙煎した大麦、麦芽が
入っている香ばしいお茶??香ばしく、すっきりしていて
美味しかったです^^

「アグア・デ・セバダ」というスペインレバンテ地方で
作られる飲み物だそうです。セバダ=大麦のことで、大麦水?という意味なのでしょうかね。

何でもカフェインが含まれていないので
これはいいぞ、と思います。

それから最近、フランスのプルーンも買って
毎日食べてます。
5月頃にかかりつけのお医者さんに、貧血が酷いと
言われ、検便やらCTやら検査を受けたのですが、結果
どこにも血は詰まっておらず、大丈夫でした。

ですが、鉄分が不足しているので
手軽に摂れるかな、と思いまして買ってみました。

南おフランスのプルーンです♪
美味しいです^^

暑い日が続きますが、皆さまもどうぞ
体調管理に気をつけてお過ごしになってくださいね。

下家の近況

さて、うちの下家が6月で退社したのは皆さんご存じで、しかもある学校に入学した人は、

 

「あれ??下家さん?」

 

と、そこに下家がいるのでびっくりしている人も多いはず。彼女は現在、ゴールドコーストに

潜伏中で、学校のお手伝いをしつつ、ケンブリッジの勉強をしています。

 

そんな下家から以下のような近況報告が届きました。

なんでも地元のブラスバンドにはいったそうです。

 

見事にシニア!

でも、彼女いわく、こういうサークルにはいると、地元の人と関われて

とてもいい、ぜひアクティブガールたちも、いろんなことに挑戦して欲しい、

と語っていました。

 

さらにここから派生して、このバンドのメンバーのおばさまに、

編み物クラブに誘われた、ということで参加してきたそうです。

 

 

こういうのも、せっかくだからなんでもトライしてみよう、

と積極的に参加する彼女が偉いと思います。

学校の同級生とインスタ撮りまくるのは、もちろん楽しいですが、

時にはこういう世代をはるかに超えた人達とおしゃべりすると、

なんというか、癒しになりますよ。彼らは深いウィズダムを持っていますし、

あらゆる悩みを乗り越えて、もう怖いものがない、という世代です。

そういう人たちに、自分の身の上を相談すると、大きな懐で受け入れてくれますよ。

 

進化した学生寮!

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。
毎日、暑いですね!

私が住んでいるところは海に近いので、毎年この時期になると
海水浴客が町中に溢れます。オフシーズンはお年寄りの方々を多く見かけますが
夏だけは一気に町の平均年齢がぐっと若くなります^^

さて、皆さんは留学される時に、最初の滞在先について
うーーーーん、どうしようか、と考えると思います。
ホームステイ?自分でホテル予約するの?等々。

語学学校では、一般的にホームステイを手配してくれますが
実は学生寮も多くの学校で手配をしてくれます。

とはいえ、大きな都市では学校が敷地内に寮を構えるのは
立地上難しいこともあり、都会にある語学学校は通常
外部の学生寮の手配をしています。

前回、オーストラリア視察時にブリスベンで訪れた
外部の学生寮がスーパー凄いのでちょっとだけ
ご紹介したいと思います。

Iglu イグルーという名前の学生寮です。

ブリスベンにありますインパクトイングリッシュ校も
こちらの寮をご紹介しています。

オシャレです:でもジェットスター航空っぽいと思ったのは私だけでしょうか。

BBQエリアもこんな感じ:都会のど真ん中でBBQとは!

学生寮内でのアクティビティイベントカレンダー:

そしてお部屋はこんな感じです。

なんと、電気を使いすぎているお部屋は1階にある
レセプションにあるスクリーンに表示されるそう!

もう一つの学生寮は
Student One です。

こちらは、同じくブリスベンにある語学学校ブラウンズ校が
紹介しています。

こちらもオシャレですよ:

お部屋はこんな感じです:

そしてお部屋からの眺めが、、もはやホテルレベル!

両方の学生寮には、他にも映画鑑賞もできるレクレーションルームや
コインランドリー(お洗濯が終わるとメールが届くシステム!ハイテクです!)
スポーツジム、楽器を演奏できるミニスタジオなどが
あり、滞在されている学生さんは自由に使うことができます。

昨日、ブリスベンの学校へStudent One学生寮の空室状況を
尋ねてみましたら、なんと10月以降もお部屋は
ほぼ満室!

現地の学校スタッフによりますと、この学生寮の魅力は
1)シティ中心地にあるので学校へも徒歩通学、バイト先へも
アクセスがいい。

2)学生寮に管理者が常勤していて、安全であること

3)学生寮内でのイベントが頻繁に行われているので
通っている語学学校以外にも友達ができる

シティから少し離れたところでシェアハウスを探す方が
多いと思いますが、一方でこうした中心地に滞在すれば
家賃は若干高額ですが、交通費がかからないというメリットも
あるそうです。

そして過去にIgluに滞在された日本人の学生さんは
この寮に一ヶ月滞在した後もその後延長される方が
結構いらしたそうです!

こうしてみると、やはりオーストラリアは
留学大国なのだな、と思いました。

特にブリスベンはクィーンズランド州が
海外からの留学生誘致に力を入れています。
その結果、語学学校や専門学校、大学への進学もしやすく
長く滞在される学生さんも多いことになります。

そうした学生さんの滞在のオプションが
広がったのもブリスベンという都市の力なのかなぁ、と
思いました。

Timberland is my best!! ティンバーランド大好き!

暑い季節になってきたので、毎日サンダルを履いているわけですが、

久々にティンバーランドのサンダルを引っ張りだしました。

で、履いてみたらやっぱりこれいい!めっちゃ履きやすい!

最近はずっとオーストラリアで買ったビーサンだったので、

登場回数が減っていましたが、ビーサン飽きたので、また昔のブームを復活させました。

 

これ

履くとこんな感じ。

 

これ、10年くらい前にアウトレットで買ったんですが、全然きれいですよね。かなり履いてるんですよ。革製です。

ちなみにこの時に他にも2足まとめ買いしましたが、その2足はもう履き倒して、ボロボロになったので捨てました。が、その2足も本当に履きやすくて、いつも履いていました。どんなに歩いても全然足が疲れません。

ワンピースにも合うし、可愛いデザインもたくさんあるので、かなり重宝します。

元々はアウトドアのブランドなので、ソウルがしっかりしていて、本当に履き心地いいんです。

 

足の形は人それぞれ違うので、「自分のベスト」を皆さんも探してみて下さい。

私はティンバーランド is my best!です。

久々に新しいの欲しくなったので、ショップを調べたら新宿にありました。

また物色しに行こうと思います。

 

20代外国人女子が好きなコスメ

オーストラリアに住んでいる私の友人が
超コスメフリークなのですが、彼女が絶賛するコスメをシェアします。

マスカラ⇒ロレアル パラダイス (これは国ごとで微妙に異なるそうです)
アイライナー⇒excel ジェルライナー
ファンデ⇒ディオール フォーエバー
エクセルは日本のドラッグストアコスメなので、
日本にくると彼女はまとめ買いしていきます。

私に買ってくるように頼むこともあります。

ディオール・フォーエバーは、なんとあまりに気にいりすぎて
10本もまとめ買いをしたそうですよ。

 

画像元 https://www.cosme.net/product/product_id/10108917/top

 

 

ファンデーションは湿度が強い場所や、汗で夕方になると崩れるのは仕方がない、
と諦めていたそうですが、これは全く崩れない。小鼻の毛穴もずっとカバーされたまま。

ということで大絶賛。私もデパートに行ってお姉さんに
つけてもらいました

確かに崩れない。今まではbaremineralでしたが、
なくなったら次はディオールかな、と思います。

ディオールは私は粉モノのファンです。
アイブローペンシルは、もう何代もずっとディオールです。

スルシィル プードル↓

画像元 https://www.cosme-de.net/pd/products/CD02111

 

アイシャドーの粒子の細かさも個人的にはぶっちぎり、
アイライナーはドラッグストアで十分かな、と思います。
おそらく皆さんも、これはおカネをかける、これは安いのでいい、
という基準をコスメに持っていると思います。

ファンデーションは私は値段に比例するような気がします。
ぜひデパートで試しづけだけでもしてみて下さい。

私はネイルをしませんが、友人がシャネルのネイルをいつもつけているのですが、
薬局のと全然違う、ということ。

こういった、人のこだわりを聞くと参考になりますよね。
エクセルのジェルライナーは私も早速買ってみましたが、確かに良かったです。

それまではボビーブラウンの高いやつを使っていましたが、
はっきり言って違いが分からない、、
なのでこれからはエクセルにしようと思います。

 

 

<今日覚えた英語>

すする slurp

日本では麺をすすってもお行儀悪くないんだよ

Slurping noodle is not bad manner in Japan

時間感覚の違い

こんにちは。
アクティブウーマン留学センターの土屋です。
今日も暑くなりましたね。

先週からオーストラリア視察のことを
ここでご紹介してますが、今日は学校視察とはまた違った
ちょっと気になったことを書きたいと思います。

留学を経験した方には沢山海外の友達がいると思います。
遊びに出かける約束、授業時間に現れるタイミングなど
時間の感覚が日本人とちょっと違うな~と
感じた事ありませんか?

今回の出張時、メルボルンからシドニーへ移動する日は
日本人の知人と一緒にいたのですが、「土屋さん、空港にはチェックインの
2時間半前にはシティをでましょう!」、こんな感じで
私達日本人って、余裕をみて行動するのかなと思います。

シドニー滞在最終日、私はその日の17時40分発のゴールドコースト行きの
フライトに乗る予定でした。

シドニーに来るたび、私はいつもコンタクトをとって
食事+空港送迎をお願いするエジプト出身の友人がいまして
電話をかけたら快く「いいよ!いいよ!今仕事終わったら
車で行くから!」と引き受けてくれました。

シドニーのシティは東京都心と同じように
なかなかパーキングできる場所がなく、
ショッピングモールがある通りの角辺りで待ち合わせることにしました。

ですが、待てど、待てど、来ない。
30分、40分、50分、電話があり「ごめん、仕事が長引いて、今向かってる!」

その時点で15時半頃、
「ゆっくりご飯食べることもできないな。。もう、空港直行で降ろしてもらおう」と
自分の胃袋事情とスケジュールだけ気にしてました。

その後すぐ、会うことが出来てそのまま
空港へ向かいました。

「今から空港まで車を走らせても、どっかでご飯食べる
時間はないから空港へ直接いくよ」私、「OK!」

車の中で、この友人が以前やってたタクシー運転手はやめて
建設会社の経営を始めたこと、今では2人の女の子のパパ、
座りっぱなしのタクシー運転手をやめて、現在の仕事になって
体重が減ったこと。

そんな話をしつつも
私の内心は、とりえず空港に
時間内にチェックインできるかな、、と思ってました。

空港近くの道路に入った途端、「ちょっとコーヒー飲んでいかない?」と
きゅっと曲がってドーナッツショップ Krispy Kreme Donughtsで停車。

、、、え、さっき空港直行って言ったじゃん?
「だいじょぶ、だいじょぶ、間に合うよ、インシャッラー(←こんな変な日本語は言ってませんが)」
でたー、エジプシャンタイム!!!!

ルンルン♪で
自分の子供に1箱、私にもコーヒーとドーナッツを
買ってくれました。

店内のテーブルで、「お昼取れなかったからおなかペコペコでね」と
ドーナッツ1個、2個ムシャムシャと食べ、
「このドーナツショップ日本にある?美味しいよね?もぐもぐ」

私の頭の半分は、ドーナッツも良いけれど「チェックイン間に合うかな、、
チェックイン込んでたらどうしよ、いや間に合うよね」
私は結構、ちょっとソワソワ気味。

その友人も私のソワソワ感に気づいてか
「じゃ、行こうか?これ持っていって」と
残りのドーナッツが入ったボックスを手渡してくれました。

「乗っけてくれてありがとう、じゃあね」
と空港でお別れしました。

結局エジプシャンタイムでも、問題なく
チェックイン、搭乗も(ぎりぎりだったけど)できたわけでしたが
私って、なんでこう急いでたんだろう?
彼のこの時間に対する余裕はどうしてこうも違うんだろう、と
思いました。

友人はお腹が空いているのに仕事先から
真っ先に迎えに来てくれたのに、まぁ私ったら
セカセカ飛行機の時間のことばかり
気にして。

でもこの古い友人は、そんなこともひっくるめて
「いいよ、いいよ。」とにっこり笑ってくれる。

そんなこんなで、私は随分おばさんなのに
中身が子供っぽいところに
気づいて反省したのでした。

で、私は片手にKrispy Kreme Donughtsの箱を
持ったまま飛行機に乗りました。
そして、ゴールドコースト空港に迎えに来てくれていた
バイロンベイの学校のドライバーさんに
Krispy Kreme Donughtsどうぞ、とあげました。

ちょっと海外にでるだけで、自分の中に
溜まっている心の垢、に気づくことがあります。

今度、その友人が子供をつれて
日本に遊びに来たら、時間を気にせず
たくさん付き合ってあげたいな、と思います。

環境保護

アクティブウーマン留学センターの土屋です。
今日はどんより雨模様ですね。ほんとにどんよ~りです。

丁度ゴールデンウィークと重なるようにオーストラリアへ
学校視察へ行ってました。メルボルンから北はケアンズまで、短い間でしたが
各都市での滞在を楽しんできました。

滞在中、ホテルのテレビやネットなどで「スーパーでのビニール袋禁止令」についての
ニュースを良く見ました。お!っと思いましたので
今回のブログのネタにしました。

7月1日からクィーンズランド州のスーパーマーケットでは
レジ袋が廃止となるそうです。

小さいビニール袋は対象外となるので、なんだか微妙ですが。。
でも、オーストラリアで好きなところは、こういった環境破壊に繋がる対策を
直ぐ講じるところです。

実際には人の生活に不便さが生じるけれど、はっきりと「環境と野生動物保護のため」と
行動を起こすところはとても素晴らしいと思います。

クィーンズランド州政府の「エコバッグをつかいましょう」という
紹介ページに載っているエコバッグの写真がまた可愛いです。

↓↓

こちら

出張の際に、ケアンズ市内に新しくできた
水族館に行ってきました。
入り口には海で見つかったゴミで出来た魚のオブジェが飾られてました。

ビーチサンダル、歯ブラシ(!)発砲スチロール、ペットボトル、ボトルのキャップ
こうしたものが海に流れて、魚や海鳥が餌と間違えて食べてしまうことで
生態系に影響があるそうです。

近頃、レストランではこんな紙でできたストローが
使われているそうです。プラスティックに見えますが紙でできているそうです。
かわいいですよね。
(余談ですが、乗っかっているミントの葉っぱが大きいですね^^ オーストラリアなんでもデカイです)

バイロンベイ訪問時にお世話になったドライバーさんも
「マクドナルドとかKFCとかゴミを出すものが
俺たちは基本的に好きじゃないんだ」と言ってました。

オーストラリアの人達の環境保護への熱い、
私も見習いたいと思います!

雨がやっとあがりました。
暑いーと思ったら寒いーでなかなか掛布団がしまえませんね。

子供たちのものを圧縮袋に入れてしまって、よし!1つ仕事終わり!と思ったらこの寒さです、、
寒くて夜中に目が覚めたといわれてしまいました、えーん( ノД`)

さて、今日はこの季節の楽しみ「バラ(薔薇)」を鑑賞しましょう。

私はロザリアンでもあります。ロザリアン⇒バラをこよなく愛している人の事をこう呼びます。
バラは2万種類くらいあるのですが、その図鑑を見てたら夫までロザリアンになってしまい、
庭には40種類くらい植わっています。

続きを読む

ゴールデンウィークINお台場

ゴールデンウィークは3日はサンパシさんのセミナー。

オーナーのたかさんが来日して、面白い話をたくさんしてくれました。

2時間があっという間。もっと話を聞いていたかったです。

真っ黒に日焼けしたタカさんへの質問に

「オーストラリアに行ったら、全員そうなっちゃうんですか?」

という質問が面白かったです(笑

なりませんのでご安心を。

 

5日は友人が来日していたので、お台場に行きました。

お台場なんて、東京に住んでいても普段は寄り付くことがないので、

久しぶりに行きましたが、かなり新鮮でした!

やっぱり海が見える場所っていいですよねえ~。

なんだかテンションあがります。

 

外国人向けのお土産。鮨マグネット。ダイソーで買いました。

 

お台場の夜景は綺麗です。

 

普段は絶対に食べないものを食べてみたり。

 

 

↓トリックアートがかなり盛り上がりました!

 

↓不思議な受付嬢。じゅんこさん。ロボットです。