それはそれは濃い1年を過ごすことが出来ました

桜井です。今日はお客様から届いた近況報告をシェアします。

ここから

昨年の3月10日に渡豪し、1年間のワーホリを終えて
今年の3月6日に無事帰国致しました!!

4ヶ月のSPC Cairnsでの学生生活。
5ヶ月のAyrでのfarm生活。
2か月半のBrisbaneでのCity生活。
2週間のCairns&Melbourne旅行。

こう書くとサラ~っとしてますが、それはそれは濃い1年を過ごすことが出来ました。

SPCでは、突然の「のんびりしたビーチライフ」に慣れず
何をすれば良いの!?と最初は戸惑いました。 「何もしない」が出来なかったんですね。笑

ですが、4ヶ月を終える頃にはすっかりケアンズのゆったりとした生活に溶け込んでいました。
クラスはIntermediateからのスタートで、すぐにUpper Intermediateになり
最終的にはAdvanceまで行くことが出来ました。

ちょうど、ヨーロピアンの学生が多い時期で 、
会話についていけず、ずっと自信が持てないでいました。

今考えると、恵まれた環境だったな~と思いますが
当時のわたしにはプレッシャーでしかありませんでした。

でも、先生方はそんなわたしを見捨てることなく温かく受け入れてくれていました。
おかげで無事に卒業することが出来、やりきった!という達成感を味わうことが出来ました。

SPCでは友人にも恵まれ、同じ卒業日の子に誘ってもらい
卒業後はAyrという小さな田舎町でファーム生活を送っていました。

5月~6月にSPC卒業をして、ファームに行った友人達が
軒並み仕事がGET出来ず、ずっと探している…
という状況だったので、自分達も仕事が貰えるのか本当に本当に不安でした。
ですが、そんな不安もつかの間。到着翌日から仕事をもらうことが出来ました!!

時には仕事がない時もありましたし、慣れない畑仕事で毎日身体がボロボロで
初めは、88日終わったら速攻で辞めてやる!と思っていたはずなのに
いつの間にか居心地が良くなってしまい、

結局シーズンエンドの12月まで同じファームで働いていました。
その心境の変化には自分でも驚きでした。笑

Ayrを出た後は、なんとなく南下しようと思いブリスベンに行きました。
ケアンズでの田舎暮らし、Ayrでの超田舎暮らしを経てのブリスベンだったので
わたしにとっては、ものすごく都会で完璧お上りさん状態!毎日ソワソワしてました。笑

そして、初めてのシェアハウス生活・初めてのシティでの仕事を経験しました。
家はすぐに見つかり、とても居心地が良く気に入っていました。

仕事は話には聞いていたものの、レジュメ配りでは何度も心が折れそうで、
1つのレジュメを配るのに何十分もかかることもありました。

仕事が決まってからもなかなか大変でしたが、
2つ目のバイト先のマネージャーがとても良い人で
ビザが2ヶ月位しか残っていないのに雇ってくれただけでなく
たくさん働きたいというワガママも受け入れてくれ
更には、わたしが日本に一時帰国する。2ndビザもまだ申請してないからいつ戻れるかも分からない。

という旨を伝えると、また戻ってきても良いよ?と言ってくれたのです!!

正直、わたしは同じ店に戻るつもりもなく
ビザもいつ降りるかもわからない状態だったので
本当に驚きましたし、それ以上に戻る場所があるという事がとても嬉しかったです。

もしわたしがマネージャーと同じ立場だったら、
そんな事出来ない…!!と思うようなことばかりする方で 2ヶ月くらいの付き合いですが、本当に尊敬しています。

日本でもそんな上司に巡り合ったことはないので
わたしって、なんて恵まれた人なんだろうと思っています。

当初の予定では、また南下して他の都市から2年目をスタートしようと考えていたのですが
そんなマネージャーの心意気に甘えさせていただくことになり
またブリスベンに戻ることになりました。

振り返ってみると、当初の予定通りに行ったことなんてある?と言うくらい
毎回わたしの想定外の方向にことが進んでいました。

良い意味での想定外の出来事続きで、次に起きることが全く予想ができず
不安になることもありましたが、それをワクワクすると捉えられるようになりました。

そこは1番の変化かな~と思います。
桜井さんも、よくメルマガで書かれていますよね。
想像出来ることよりも、想像出来ないことの方がワクワクする。的な。
その意味がようやく分かるようになりました。

心配だったビザも、国外申請は時間がかかると聞いていたのですが
申請後25分で無事に取得することが出来、なんと今日オーストラリアに向けて出発します!!

2年目は学校もファームも無いので、やらなきゃいけない事はないけれど
その分、自分の決断次第で生活がガラッと変わると思います。

当面の目標は、学校卒業後サボっていた英語の勉強を頑張ることと
英語でコミュニケーションがとれる友人を作ることです!!

そして、1年過ごしてみてオーストラリアにもっと住みたい!という思いが予想以上に強かったので
2年目が終わった後に、どうやってオーストラリアに住み続けるか。

を1年かけてじっくり模索したいと思っています。
きっとこの1年の間に何度もマインドチェンジするかと思いますが
それすらも楽しみです。

アクティブウーマンさんには、出発前から渡豪中もお世話になり感謝しています。
桜井さんのメルマガもすごく楽しみにしていて、更新がしばらくないと
何かあったのかな?どっか行ってるのかな?と心配になるくらいでした。笑

先月?先々月?に桜井さんが各都市をまわっていたのもチェック済みで
あーわたしもそこに居たのに!!すれ違い!

と、勝手に悔しがったりしていました。笑

桜井さんがSPCに行った数日前に、わたしもSPCに居たのです!
しかも、アクティブウーマンの出発前セミナーで知り合った友人の卒業祝いの為にです!!

(彼女は1年間、SPCに通っていました!)

そんな悔しい思い出もあるので、今度こそどこかでバッタリお会いできたら嬉しいな~と密かに思っています。
もしくは、またアクティブ女子会開催してください!!笑

本当は帰国してすぐに、お礼のメールを送ろうと思っていたのに
結局、出発当日になってしまいました。

2年目も健康第一で、思いっきり楽しみたいと思います!!
メルマガも引き続き楽しみにしていますし、もしかしたらまた質問などさせて頂くかもしれません。
その時はまたよろしくお願い致します。

では、行ってまいります!!

この記事を書いた人

Akiko Sakurai / 桜井 彰子
Akiko Sakurai / 桜井 彰子
29歳の時に渡豪。それまでバックパックを背負って世界中を旅していました。
訪れた国は30カ国くらい?中東は自転車で国境を超えました。
悩んでいる女性の背中を押したくて、女性専門の代理店を2005年に立ちあげました。
以来毎年600名の女性を海外へ送り出しています。

趣味はテニスで2013年から始めました。出張の時はラケットを持って行って
現地でもプレイしています。


オーストラリア留学についてのお問い合わせ


アクティブウーマン留学センターは国内唯一の女性専用オーストラリア留学エージェント。留学に行きたいけど勇気が出ない。そんな女性たちの背中を押し続けています。
メールでのお問合せはこちら
詳しい資料「留学応援ブック」のご請求はこちら


留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム