ここがすごい!!Greenwich校のケンブリッジコース

こんにちは、ミクです。 久しぶりにブログを更新します。
先日、オフィスにGreenwich校のMioさんがお越しくださいました。

その時、Greenwich校のケンブリッジコースが他の学校とどう違うか、
Mioさんから詳しく教えて頂いたので、ちょっとシェアします。

(今回写真を取り忘れたので、いつかの写真です)

すごいポイント① KETから開講

 

まず、ケンブリッジのレベルは5つにわかれており、
低い順に KET→PET→FCE→CAE→CPE となっております。

多くの語学学校でケンブリッジコースの開講がありますが、
FCEとCAEコースのみ、という学校は多いはずです。

より幅広く開講している学校でもPETが追加される程度ですが、
何とGreenwichではKETから開講されています。

学生ビザで長期留学をされる場合、
最終目標としてケンブリッジ合格を設定される方も多数いらっしゃると思います。

多くの方が目標とされるFCEコースは、
試験対策コースの授業に参加する時点で中上級程度の英語力が必要となるため、
受講期間の最後に設定するような形になるかと思いますが、
例えばGreenwichのKETであればPre-Intermediateという、
初中級程度の英語力からクラスに参加することが出来ます。

より早くケンブリッジ検定というものに慣れたり、
試験自体がどんなものか経験してみたい、
一般英語では何となく物足りないような…もっとガッツリ勉強したい!という方には、
KETのコースに入るのもすごく良い選択なのではないかと思います。

すごいポイント② FCEが2種類ある

(GreenwichはSydneyとMelbourneにあります^^)

 

Greenwichでは、FCEというレベルが更に2つに別れています。

よく、ClosedとFoundationコースに間違われるようですが、
どちらもClosedコースです。

Closedコースとは、受講週数が予め決まっていて、
クラスのメンバーも終了まで変わらない固定のクラスです。

では何が違うのかというと、レベルです。

例えばコース参加時点で既にある程度スピーキング力のある学生さんと、
そうでない学生さんが同じクラスに入ってしまった場合、
ペアテストの練習をする時などに喋れる学生さんがどんどん発言し、
そうでない学生さんがそれをプレッシャーに感じてしまったり、
モチベーションが下がってしまったりすることがあるようです。

それを防ぐために、Greenwichではレベルを2つに切って、クラスを分けています。

ただ、その時点でレベルの低い方のクラスで頑張ることになった学生さんも、
FCEの合格圏内であることに変わりは無いので、
ストレスなく自分のペースでしっかり学んでいくことが出来るようになっています。

すごいポイント③ 毎週末模擬テストを受けられる

Greenwich校では月曜日~木曜日を通常授業とし、
一般英語の学生さんは金曜日にアクティビティへ参加するか、
補習授業を取るのか選べるようになっています。

これが、ケンブリッジコース授業中の学生さんの場合、
模擬テストを受けることが出来るようになっています。

毎週模擬テストを受け、問題形式に慣れておくことにより、
本番試験での緊張度も違います。

合格を目指す方にとっては大きなアドバンテージになります。

以上、Greenwich校ケンブリッジのすごいところレポートでした。

 

学校詳細はこちら シドニーキャンパス & メルボルンキャンパス
 

この記事を書いた人

Miku Shimoie / 下家 未来
Miku Shimoie / 下家 未来
大学卒業直前で休学して渡豪、当時はアクティブウーマンのお客さんです。
滞在後半でメルボルンへ移動し、そこで出会った人と路上演奏活動をしていました。
一度海外で長期生活を送ると、旅行の行先として外国を検討するのが何でもないことのように思えて不思議ですね。 最近はもっと沢山の場所を見てみたいなと、日々色々想像しています。 趣味は楽器とカメラです。

留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム