本年もありがとうございました

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

本日29(木)19時をもって、

本年の営業を終了とさせて頂きます。
年明けは5日(木)からの営業開始となります。

 

今年最後に送り出したお客様は12月19日入学が最終。
来年は1月3日が最初の入学のお客様となります。

2022年は248名の女性たちの

留学のお手伝いをさせて頂きました。
だいぶコロナ前の数へ近づいてきました。

 

思い起こせば、今年の1月はまだコロナ禍で、

制限も多い状態でしたが、
12月のいま、私たちの行動制限も、

外国人観光客の入国数制限もなくなり、
目に見える景色がずいぶん変わりました。

 

留学に関しても、2月に国境があき、

キャンセル続きだったフライトも安定し、

入国の際のワクチン接種も不要となり、
オーストラリアの入国緩和は凄まじい勢いでした。

 

コロナ禍の2年、渡航を待っていたお客様たちにとっては
忘れられない年になったと思います。3年以上待った方もいました。

待った分だけ、「やっと、やっと、オーストラリアに来れた」

と、感慨深い思いを抱いたと思います。

 

オーストラリアからも学校さんたちが、続々と来日しました。
特に日本人スタッフにとっては2年ぶりの母国。
日本の家族に会えた喜びもひとしおだったはずです。

 

毎年、春と秋に学校スタッフが来日しますが、
春よりも秋のほうが本格的に、コロナ前と同じ数の学校さんが来日して
留学フェアも日本各地で対面で開催されました。
私たちのオフィスへも訪問が多くて、忙しかったです。

 

私たちもオーストラリア出張を再開しました。

私は9月に行きましたが、久しぶりの国際線、
久しぶりのオーストラリアの空気は、しみじみと懐かしかったです。
やはり国際線に乗ると、海外へ行くんだ!というワクワク感があります。

 

留学においては、おおむね元に戻りました。
どの国籍もムラなく戻ってきた感があります。
来年はさらに多くの留学生が来ることが予想されます。

 

今年からすでにその傾向はありますが、
現地で学生ビザを延長する人が増えてきました。

理由はもちろん、オーストラリアの人手不足による留学生バブル。
どこへ行っても仕事がある。給料は日本の2倍。帰国するのは惜しい。

 

英語が出来るようになればなるほど、選択肢はどんどん増える。
というわけで、2年とか3年という単位で延長する人たちが増えてきました。

せっかく海外へ行ったのですから、3年くらいは住んで欲しいな、と
私も思います。それくらい暮らせば、英語力はかなり身に付きます。

 

私が好きなお笑い芸人で、元外資系CAのCOCOさんがいます。
彼女はエミレーツ航空というエリート航空会社のCAを辞めて、
今は吉本芸人1年生としてインスタでリール動画をあげていて、
フォロワー20万人。
その彼女が、仕事を辞めたきっかけは、コロナだったと言います。

 

コロナにかかって、人生はいつ何があるか分からない、と痛切に感じた。
それならば、好きなことをして生きよう!と思ったそうです。

自分で決めないと意味ない。

誰の人生を生きてるの?と自分にいつも問いかけた
難しく考えないでいい。「いま幸せ?」と問いかけてみて
YESならそのままでいいし、NOなら行動するだけ

と書いていました。

 

COCOさんは、人生100年として、自分にはあと3328週ある。
そしてこれを少ないと思った!ともいっています。

人生を週数にしてみると、なんだかやたら命の期限が具体的ですよね。
もしあなたが今28歳で、90歳まで生きるかな~として、
そうすると、人生は残り3224週です。

来週になったら3223週です。
こうやって細かく考えてみると、1週間の重みが違ってくる。

 

いつ何があっても、やりたいことやってきた!感無量!と
思えるような人生を過ごしたいものです。

来年も皆さんと共に、

人生を変えるお手伝いをしていければと思います。

 

本年もお疲れ様でございました。
年末は思い切りダラダラしてください。

(『劇場版 呪術廻戦 0』はぜひみて下さい!)
そして、来年はしっかり留学の準備をしていきましょう!

 

★ブログが直接あなたのLINEに届きます!★

登録はこちらをポチ

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム