「何かあったらどうするんだ症候群」

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

今日は元陸上選手の為末大さんの記事をシェアします。

為末さんは、引退後は指導者として活躍中で
多くの起業家や芸能人、ビジネス業界で影響のある人たちと
コラボしているのを見かけます。

 

彼の記事で「日本は“なにかあったら

どうするんだ症候群”にかかっている」
と書かれています。

 

「なにかあったらどうするんだ」という言葉は、
多くの大人たちから聞こえてきます。

「今からきちんとした会社に入っておかないと、何かあったらどうするんだ
「しっかり貯金しておかないと、何かあったらどうするんだ

 

 

為末さんは記事のなかで、

これは未来をコントロールできることが前提の会話である、と書いています。

 

何かあった場合に、これをしておけば安心、という根拠のない自信。

なにかあった場合に、今からなにをしておけばいいのかなんて、
誰にも分からない。

コロナのようなパンデミックが世界中に起こるんて
ほんの3年前には考えられなかった。

それに備えて、何かをしておけばよかった、なんて
誰も思いつかない。

 

「こんなことになるくらいだったら
もっと早く留学しておけばよかった」

そんなことを考えた人も多かったはず。
これから先も、何が起こるか分からない。
じゃあ何をしておけばいいのか、なんて、さらに分からない。

 

 

以下は原文です。

「何かあったらどうするんだ症候群」は

個人でかかるものではありません。
社会でかかるものです。

この症候群から抜け出るには、
未来は予測できず物事はコントロールできないという

前提を腑に落ちるまで受け入れることです。

 

そして国民全員が
「やってみよう、やってみよう、やってみなけりゃわからない」
を合言葉にすることだと思います。

「わからない」を「恐い」から

「だから面白い」に書き換える必要があります。

 

一人一人の心配が社会を停滞させています。
一人一人の恐怖心が誰かの可能性を奪っています。

過去は戻ってこない。未来はどうなるかわからない。
考えても答えなんて出てこない。
やってみるしかないわけですし、やってみたら違う風景が見えてきます。

 

山頂から何が見えるのかをのぼる前に考えて予想することほど
意味がないことはありません。
風景を見るには、行ってみるしかないわけです。

私たちは十分心配性ですし、十分抑制的です。

 

あとはちょっと浅はかになって

「やってみようやってみよう、やってみなけりゃわからない精神」

でいけば社会は良くなっていくと思います。
なによりいくら心配したって、実際に人生はなるようにしかなりません。

ここまで。

 

 

確かに、日本は全体的に「何かあったらどうすんだ症候群」に
かかっている気がします。

守りにはいるほど、現状維持をしたい人ほど、
モノを持ちすぎるほど、その症状は大きくなると思います。

 

私は「とりあえずやってみる」という言葉が好きです。

やってみないと、本当に分からないんですよ。
失敗するかもしれないけど、それは「別の方法があるということを
発見しただけで、失敗ではない」と、エジソンも言っています。

 

私は転職6回していますが、

「もし、次の会社が合わなかったらどうしよう。

もしやっぱり辞めなきゃよかったって
なったらどうしよう」

と、足踏みしていたら、オーストラリアに行くことも、
アクティブウーマンという会社を作ることもなかった。

 

 

会社を辞めたい。
海外行きたい。

見ればいいのは、これだけでした。
これだけが確かな現実。

 

そこに「もしもしもし」
なんて考えだしたら、それ以降は妄想。

無限に広がって収集つかない。

何かあったら、その時に対応できるサバイバル能力と応用力は、
何かに挑戦し続けていれば自然と身に着くものだと思います。

 

「何があっても、私だったらなんとかなる!」

そう思えるような力をつけるのが、実は一番安心なんじゃないかな。

 

★ブログが直接あなたのLINEに届きます!★

登録はこちらをポチ

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム