Tatooは自由と解放の象徴なのか?

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

いよいよ今日から11月!
もうあっという間に年末になっていくんでしょうね。

 

さて、今日のオーストラリアは
メルボルン市民だけ祝日
です。
年に一度のお楽しみ、メルボルンカップの開催日。

 

メルボルンカップとは競馬のことで、
毎年11月の第1火曜日に開催されます。

ギャンブル目的というよりは、
みんながおしゃれして集う祭典として知られています。
特に女性たちは、この日のためにオーダーメイドの帽子を作り、
華やかさを競います。

 

 

話はかわり、何かの記事で、

「Tatooは自由と解放の象徴」みたいな
ことを読みました。

 

 

その人は40代の既婚男性。

普段はスーツをきて仕事をする会社員です。

「もし自分がTatooをいれたら」と想像するだけで
とてもワクワクする。

娘たちに、「お父さん、Tatooいれていいかな」
と聞いたら、大反対されたそう。

 

会社の同僚たちにも相談したら、

「温泉とかプールとかいけないぜ」

と、言われ

「じゃあ、見えないところは?足の裏とか(笑)」

と、盛り上がり、結局は、

「日本じゃ難しいよね」ということになった。

 

で、この彼は、なんだかんだ言って、
Tatooを入れるつもりは実はない。
「もし入れたら」と想像するのが楽しいらしい。

 

彼にとって入れ墨とは、「自由と解放の象徴なのかも」
みたいなことが書いてありました。

いや~、なんかこれ、分かるかも、、

私もTatooいれてる人見ると、めっちゃ見ちゃうんですよ。

 

 

オーストラリアなんて、

あっちもこっちもTatooだらけなので
みんな気軽にいれてます。
だから珍しいものでもなんでもないです。

 

先日も、語学学校の学生で、アジア人の女の子がいました。
普通の子なんですが、水着になったら
背中に大きなトラがいました。

おお~~!と、ひそかにびっくり。

 

なんか、そんな派手なTatooいれるっぽい子にみえなかったから。
本当に、普通の子が、普通にいれるんだな、と思った。

「温泉に入れない、プールに入れない。あとから
“やっぱり要らない”となっても消すのが大変」

と、私は不便なことばかり考えちゃうんです。

 

でもTatooを入れる人は、そんなに深く考えていない。

「だってクールじゃん」の一言。

 

 

ある私の友人は、背中に何か文字が彫ってあって

「なんて書いてあるの?」

と聞くと、

 

「え?どれ?ああ、忘れた」

だって。自分の体に彫ったものを

どうやったら忘れられるんだ!
とびっくりしたら、彼女いわく

「だって、自分の背中なんて普段見えないし」

だって。

 

他の友人は、「カラーの入れ墨だとちょっと

派手でコーディネートが難しいよね。
白黒だったら、どんな服にも合うでしょ?」

と、言っていた。そ、そういうものなの、、??

 

 

まあ、温泉やプールがNGなのは日本だけとして、
将来もし消したくなったらどうしよう、みたいな発想は
きっとないのかも。

未来の不安を自分で勝手に作り出さず、
今をちゃんと生きて、やりたいことをやって、今を楽しんでいる。

 

私がTatooを見ちゃうのは、どこかで憧れているわけですが、
私も自由と解放を求めているのかな、と思ったり。

じゃあだからといって、私もTatooをいれたいか?となると
多分NO。

人のを見て楽しむのと、自分がやるのはちょっと違う。
私は見てるだけで十分かな。

 

★ブログが直接あなたのLINEに届きます!★

登録はこちらをポチ

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム