日本の若者、海外へ出稼ぎへ

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

ここ数日、日本のテレビで
オーストラリアに留学中の日本の若者たちを
堂々と「出稼ぎ」と呼んでいました。

 

月収70万円だとか、現地で正社員が決まったとか、
もう日本で仕事なんてする気がないとか。

オーストラリアはバブル景気。
ワーホリはもちろん、学生ビザでも就労無制限。

 

学生ビザは学校へ行くのが条件ですが、
語学学校の授業は一日4時間。
朝8時から開始して、昼すぎには終わる、という学校も多いので
語学留学しながら、午後はがっつり仕事、という人が多いです。

 

現地からビザ延長の依頼も多いし、

「いま日本に戻ったらもったいない」

という雰囲気は、誰もが分かっていると思います。

 

 

ワーホリビザと学生ビザ、どちらが先か?

という問いに対して、

私の答えは「予算があるなら断然学生ビザ!」です。

 

学生ビザで英語力をつけながら働く。
そのあとにワーホリビザを使う。

英語力のあるワーホリなら、仕事がよりどりみどり。
フルタイムで働けるので、選択肢がさらに広がる。

個人的には、ワーホリビザは最終兵器、
最後の切り札としてとっておくと宜しいかと。

 

ですが、もちろん、

長期で移住する予定のない人や、
予算ない!という方は、

ワーホリビザでひとまず渡航でもいいと思います。

 

ビザタイプは、予算、目標、目的など
かなり個人差あるので、必ずカウンセリングで
相談してください!

自分ひとりでは思いつかない提案ができますので。

 

 

話は変わり、先日の語学学校セミナーに
参加してくださった渡航前のA.Iさんが
アンケートの返信を下さいました。

 

まずは読んでください。

最近、出発日が近づくにつれ、少し不安を感じていましたが、
先日のインパクトのセミナーに参加出来たおかげで、
早く現地で勉強したい!というポジティブな気持ちを取り戻せました。

すごく良いタイミングで貴重なお話が聞けて嬉しかったです。
ありがとうございました。

 

好きな俳優がパース出身という事もあり、
元々パースで生活したいと思っていましたが、
最初に語学学校をどこにするか悩んでいた際、
英語オンリールールがしっかりしているインパクトに魅力を感じ、
まずはパースではなくインパクトがあるブリスベンに決めました。

 

インパクトはメルボルン校もあると思うのですが、
そちらではなくブリスベンを選んだ理由は、
アクティブウーマンさんHPの「沖縄みたいに暖かい」という
都市の説明が決め手となりました。(寒がりなので)

 

●もし留学を決めていなかったら、今何をしていたと思いますか?

 

もし留学してたらどのくらい英語が理解できるようになっただろう?
どんな経験が出来ただろう?と後悔し続けていたと思います。

 

●出発までに何か躊躇することはありましたか?

 

申し込みをした直後にパンデミックが始まり、そこから約2年待ち続け、
まだ世界中でおさまってもいないのに出発して大丈夫なのか、という事と、
現地の事をネットで調べながら、
今は「物価が高騰」「シェアハウス探しが大変」などの
ネガティブな情報をたくさん見つけ不安になりましたが、
オーストラリアの事を日本で悩んでも仕方ない、と途中から開き直りました。

 

●アクティブウーマンを選んだ理由は?

 

オーストラリア専門、女性専門、ということで、
知識が豊富そう!細かい疑問も教えてもらえそう!と思ったからです。

最初にアクティブウーマンさんのHPを見つけたのは

もう4~5年くらい前になると思うのですが、
ネットでオーストラリアの生理用品について

調べている時にたまたま発見したのがきっかけです。

 

その流れでHPの情報をずっと読んでいて、

なんとなく良さそうな会社さんだな~と思い、
資料請求しました。

他の代理店の資料請求をしたり、

比較したりは全くしてませんが、
アクティブウーマンさんにお願いしてよかったと思ってます。

 

●もしご友人に弊社をご紹介いただけるとしたら、

なんと言って紹介されますか?

 

一度セミナーに行ってみて。

オフィスはアットホームな空間で装飾もかわいいし、
相談もしやすいよ、と言うと思います。

ここまで。

 

 

A.Iさんさん、ありがとうございます!
うちのオフィスは壁一面にエアーズロックが描かれています。

外からは想像できない空間になっているので
ぜひ遊びに来てみてください!

 

さて、A.Iさんと同じように、
「出発が近づいてきたら、不安になってきた」

という方は多いと思います。

 

渡航前で不安、忘れたものがないかチェックしたい、
そんな感じでカウンセリング予約を入れる方は多いので
出発前準備でも遠慮なく、

何回でもカウンセリングを受けてください。

メールよりも、話したほうが絶対安心なので。
90分も時間いらない人は、サクッといつでも電話ください。

 

 

あと、この言葉

「オーストラリアの事を日本で悩んでも仕方ない」

これ!その通りです!日本でSNSを見ていると、

現地にいる人がいろんな投稿してるじゃないですか。

 

でも、そうは言っても現地に

実際に暮らしている人はたくさんいるわけだし、
毎週入学者が渡航しているし、なんだかんだ暮らしているわけです。

 

情報番組もそうですが、人はネガティブな情報に引きずられます。

「紅葉がきれいです」よりも、

「乗用車が突っ込んだ」という

画像に釘付けになります。

これは人間の生存本能なので当然です。

 

危険なものを避けるために

ネガティブな情報に注視すると思います。

が、

これを理解していないと、ネガティブな情報に振り回されます。
1のネガティブに対して、9のポジティブがあるのに
1のネガティブで頭がいっぱいになります。

 

 

本当に充実している人は、あまりSNSに投稿しません。
本当にお得な場所は、人に教えたくなかったりもしますし、
良い条件の仕事や家は、人の紹介で埋まっていきます。

そんな感じで、現地に行ってみないと分からないことは
たくさんあります。

 

以前に比べると、海外の情報は

簡単に見えるようになりましたが、
やっぱり日本に戻ってくると、

オーストラリアの情報は少ないな、と思います。

 

思い切って行ってみる。
足を動かして、現地に行く。

自分で見たものだけが、

自分にとっての事実なんじゃないかな、と思います。

 

★ブログが直接あなたのLINEに届きます!★

登録はこちらをポチ

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム