日本って「貧しい国」なの?

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

先日、1カ月のオーストラリア滞在から戻りましたが、
ジェットスターでは、マスク着用義務はありませんでした。

で、今回の滞在で私がちょっと感じたことを書きます。

 

それは、日本の「東南アジア化」について。

東南アジア、は大げさかもしれませんが、
日本が貧しくなってきているな、ということで
私の完全な個人的な感覚を書きます。

 

日本って、昔は「経済大国」だったじゃないですか。
ですが、少し前からオーストラリアに観光に行く人たちが
「オーストラリアは物価が高い!」と、
言い始めました。

 

特に、レストランとか行くと、朝食とコーヒー頼むと
それだけで軽く20ドル超える。
ちょっと高級な店だと、パスタが20ドル超える。

 

日本で時給1000円で働いている人から見ると
これは超高いですが、そもそもオーストラリアって
時給が26ドルとかなんですよ。
収入が日本の2倍なんです。

 

だから、パスタが20ドルといっても、
あくまで時給より安いんです。

 

例えば日本で、時給1000円の人が、

900円のパスタ食べるのと
同じ感覚。

だから、オーストラリアは日本人にとって
マジで出稼ぎの国になってきたな、と思うんです。

 

余談ですが、オーストラリアの薬局で虫刺されの薬を買ったら、
16ドルもとられて、しかも全然効かなくて、
日本帰ってきて薬局行ったら、500円でした。
「やすっ!」と、本気でびっくりしました。

 

南米の学生たちは語学学校にたくさんいて、英語を
学びに来ていますが、
彼らの多くは本気で永住権を狙いに来ています。

 

国に帰りたくないんです。
治安悪いし、経済も悪いし、失業率は日本の比じゃない。

だからオーストラリアに来る=二度と母国に帰らない

という気合があります。

 

日本人はまだまだそこまでの危機感はないですが、
ひょっとすると、これから10年後とか、
日本を脱出したい、という若者が増える日が来るかもしれません。

 

少なくとも、今のオーストラリアで

学生ビザを持っている子たちは、
日本に戻る気はさらさらないと思います。

 

稼ぎ放題で、時給も高い。
満員電車も残業もない。
ビーチも近くて、自然も多く、人間らしい生活ができる。

「こんなに天国みたいな条件で、

帰国するなんてばかばかしい」

という学生もいました。

 

来年の6月30日までは、学生ビザは稼ぎ放題です。
なので、今から渡航を考えるなら、私は学生ビザを薦めます。

このメリットを利用して、まずは学生ビザで渡航して
現地でバイトしながら延長を続ける。

予算がない人は最初は半年の学生ビザでもいいです。
学費は現地で稼げますから。

 

語学学校は最大80週くらいビザを出せます。
それが切れたら、今度は専門コースでビザを2年延長。

それが切れたら、いよいよワーホリ。
ワーホリは学校へ行く必要がないので、
専門コースで培った技術でフルタイムで仕事ができます。

 

なんだかんだ、これなら最低でも4年はオーストラリアに
暮らせます。

4年もいたら英語なんて、今では想像もつかないくらい
ペラペラになるし、お金もたまるので、帰国するとしても、
貯めたドルを円に換えれば、かなりのお金になります。

 

日本で大学卒業して就職するよりも、
ずっとずっと多くの経験できるし、年収も高いし、
海のそばで人間らしい暮らしも出来る。

オーストラリアという他民族国家で
本当に多くの経験ができる。

日本で就職、という一択にとらわれるのは、
私はもう古い考えに感じます。

 

3年ぶりに行ったオーストラリアは、
やはりとても自由だったし、多国籍の学生たちと一緒に
時間を過ごすと、頭がだんだん開放的になってくるんです。

日本人と考え方や、ライフスタイルが違う。

 

帰国したお客様の中には、早速

「オーストラリアシックです。

日本での生活が耐えられません!
すぐに戻ることにしました」

という方もいました。

 

うんうん、わかります。窮屈ですよね。オースから戻ると。
はい、すぐに戻っていいと思いますよ。

こういう時のために、ワーホリビザを残しておいた人は
強いです。すぐに戻れますから。

 

だから私はいつも、最初は学生ビザがいいよ、と
アドバイスします。

コロナの制限も一切ないし、
もうあなたの渡航を止めるものは
何もないですよ。

いざ、オーストラリアへ。

 

★ブログが直接あなたのLINEに届きます!★

登録はこちらをポチ

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

 

留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム