最近、号泣した?

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

留学してまず最初に当たる壁は、
もちろん「英語」です。

 

何を言われているのか分からない。
自分だけがちっとも上達しない。

悔しい、悔しい

号泣したり、涙がぽろぽろ溢れてくるのは
日常的な光景です。

 

私は19歳でアメリカに行ったときは、
たった2か月の短期だったので、
この「悔し泣き」は全くありませんでした。
ホストファミリーと別れる時に号泣しただけ。

 

若いせいもあるし、出来ないことが気にならない。
恥ずかしいとも思わないし、とにかく無知すぎて
怖いものがないんです。

そんなことよりも、全てが新鮮で刺激的すぎて
それしか覚えていません。
セブンイレブンに行くだけでウキウキした。

 

 

が、10年後の29歳の時。
1年のオーストラリア生活では
何度か号泣しました。

一番覚えているのは、バイト先。

 

働いたカフェで、上司である若い兄ちゃんに
何か腹の立つことを言われたんです。

それを言い返せなかったんです。

悔しくて、悔しくて、
家に戻ったら、ベッドに潜りこんで、おいおいと泣きました。

 

が、今考えるとですね、この歳になると、

「ベッドに潜りこんで、悔しくて号泣する」

って、ないんですよ。そんなドラマティックなこと。

悔しくて泣く、って、何かにトライしている証拠なんですよ。
それが出来ないから泣く。

 

 

強いていうなら、私ならテニスかなあ。
ゲームで強い相手にぼろくそに負けると、
これ見よがしにテンションさがって、極端に口数少なくなります。

もう、誰ともしゃべりたくないんです。

悔しくて泣く、って、それだけ真剣なんですよ。
そして、それだけ上達する余白がある。

 

日本で会社員3年くらいやって、

そつなくなんでもこなせるようになると、
号泣とかしないですよね。

 

新しいことに挑戦しないと、

悔しい気持ちって沸いてこないんです。
それと引き換えに、達成感もない。
感情を抑え込んでいるのかもしれません。

悔しい、悔しい!くそ!くそ!

 

こっちにいる子たちは、みんな大人だけど
たくさん泣いています。

人生に迷って、他の子たちと比べて。
何も決められない自分がイヤで。

 

 

オーストラリアに来たから、

すべてがバラ色になるわけではない。
こっちに来たら、こっちの悩みがある。

こっちに来た。さあ、どうする。
停滞なんてしないんです。
オーストラリアに来たのは、最初の一歩にすぎません。

 

涙を流した数だけ、人の気持ちも分かるようになります。
最初はみんな英語初心者で、絶望的な気持ちは
全員が経験していますから。

 

止まったらいけません。
オーストラリアに来たから終わり、ではありません。
あとはなんとかなるだろう、ではありません。
自分でなんとかするんです。

 

渡航することはゴールではありません。

ウキウキすることを探すのは、自分のタスクです。

ここからまた、どんどん動いてください。
自分の「好き」を探してください。
この国で、何をすべきかを探してください。

 

★ブログが直接あなたのLINEに届きます!★

登録はこちらをポチ

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム