おにぎりの作り方を英語で言える?

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

本日、沼田がオーストラリアに向けて

旅立ちました。

ブリスベンをウロウロしているらしいので
見つけたら、声をかけて下さい。

 

彼女がオーストラリアへ留学したのは19歳の時。
1年の語学留学。

 

それから5年以上経っているらしいですが、
今でもシェアハウスのオーナーや
バイト先の店長、友達などと連絡を取り合っているので、

 

2週間もあると暇かな?と思ったけど、
みんなと会うので意外と忙しい、と言っていました。

 

 

1年の留学、ワーホリでも、こうやって
ずっと交流が続いていきます。

私なんて、1年行っただけなのに、

まさか自分が17年も留学の会社を

経営することになるとは
夢にも思いませんでした。

 

話は変わりますが、

先日「留学経験を自信につなげるセミナー」
を開催。そのセミナーのアンケートを頂いたので紹介します。

 

1)本日のセミナーで一番印象に残ったことは何ですか?

 

おにぎりの作り方を英語で説明して下さいと

とっさに言われた時です。
すぐにぱっと文章が出てこなくて
どこからどういったように説明したらいいんだろうと、すごく考えました笑。

 

少し話はズレてしまうかもしれませんが、
例えば、外国人から日本のものに関して

これってどうゆうものなの?

 

と聞かれた時にちゃんと答えられるようになるには、
普段当たり前にあるものでも根本を理解すること、
疑問を持つことが大事なのだと思いました。

ここまで。

 

 

なぜ「おにぎり」の話になったのかは、
セミナーでのお楽しみにしておいて、

 

海外でおにぎり食べてると「それ何?」みたいな
話にもなると思うんです。

日本人のソウルフードですから、おにぎり。

 

海外でもおにぎりは「ライスボール」で通じますが、
どうやって作るの?という話になると、
これを英語で説明するのに、意外と苦戦する人が多い。

 

米は少し冷ましたほうがいいですよね。
いきなり米を手に取るとべたべたにくっつくから、

手に少し水をつけて、
丸くする前に真ん中に具を入れて、
あんまりギューギュー握っちゃだめだよ、

とかとか。

 

まあ、そういう「説明文」をちゃんと言えるか?
みたいな話でした。

 

 

ですが、
確かに、「日本だとどうなの?」
という話題は海外だとしょっちゅうです。

 

以前、ネイティブと給食の話をしていた時に

「給食を残すと怒られた。完食するまで遊びに

行かせてもらえなかった」

という話をしたら、すごく驚いていました。

 

こういう

「日本だと当たり前」
みたいなのは、外国人にはびっくりだったりします。

 

8月にもまたこの「自信セミナー」はやるので、
おにぎりの話が気になる方は、ぜひ参加してくださいね!

 

追伸:

SPCケアンズに、ボーダーコリーの

赤ちゃんがやってきました!
しばらく、うちのインスタは犬画像

だらけになりますので

あしからず。

SPCケアンズは、犬、やぎ、アヒル、猫がいる語学学校。

留学すると、日本の実家のペットが恋しい、という人は多いと思うので
こういう動物たちで癒されてください!
https://www.instagram.com/p/Cg1Bff0OGzb/?hl=ja

 

★ブログが直接あなたのLINEに届きます!★

登録はこちらをポチ

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム