セカンドワーホリは飲食店でも取れます

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

意外と知らない人もまだ多いようなので
一応シェアしておきます。

セカンドワーホリの対象職種は
ファームだけではなく、飲食業も対象になっています。

 

人手不足の今だけ限定のようなので
セカンドは欲しいけど、農業は大変だな、
という方は、ぜひ対象エリアへ行ってみてください。

オーストラリア北部、と書かれているので
ケアンズも対象となります。

 

詳細はこちらで確認してください。
https://immi.homeaffairs.gov.au/visas/getting-a-visa/visa-listing/work-holiday-417/specified-work

 

 

現地に渡航したガールズたちの活躍が目覚ましいです。
春以降、じゃんじゃん渡航していますが、
そろそろバイトも見つけて、

みんな自分の居場所を確立しています。

 

最初は英語も分からないし、ホームシックだし、
「もう帰りたい」と不満を

漏らしていた人も多いと思いますが、
今では

「楽しいです!」「ここを選んで本当に正解です!」

という連絡が、どの学校へ行く学生さんからも
増えてきました。

3カ月くらい経つと、

学生さんたちは本当に落ち着いてきます。

 

 

 

先日メルボルンで、アクティブガールズたちの
相談相手になってくれている

先輩ガールのユカちゃんと、
久しぶりに電話しました。

 

 

春に渡航したばかりの女の子がいますが

「彼女が超精力的に活動していて刺激を受けた」

という話で盛り上がりました。

 

紹介した人にはすぐに履歴書を握りしめて会いにいく。
ここにこんな店があるよ、と聞くと、

これまたすぐに飛び込んでいく。
ネイティブと話せる環境にあえて自分の身を置く。

 

ユカちゃんはFBで日本人留学生の

相談掲示板を持っていますが、
ここに「仕事を探しています。紹介してください」
という投稿が最近増えたそうです。

 

何か特殊な仕事であれば、

多少は情報が欲しいかもしれませんが
飲食店のような簡単な仕事であれば
そんな日本人しか見ない掲示板に投稿なんてしなくても、
オーストラリアは仕事がゴロゴロあるんです。

履歴書もって飛び込めば、絶対に仕事はあります。
自分で街を歩いたほうが早い。

 

そういうトライをしないで、

「仕事紹介してください」と
いきなり日本人コミュニティに依存するのはもったいない。

 

 

情報網を出来るだけ広げておくという意味なら
もちろんいいですが、
個別にDMして、「仕事紹介してください」
は、あまりに他力本願です。

自分でちゃんと努力する。足を動かす。
人に実際に会いにいって情報をもらう。
これが大事。

 

ちなみに、いろんな情報は全て、人を介してやってきます。
ネット上の友達、ではなく、実際に会った人からやってくる。

実際に会ったことがないけど、SNS上でだけ
やりとりしている人に、大事なひとを紹介しようとは
思わないですよね。

 

「あなたは私のことを知らないし、
私もあなたのことを知らないけれど、
仕事紹介してください」

というのは難しい。

 

そういうのを「人材派遣」という形で
商売にしている人がいるくらいですから。

仕事を探している人は、たくさんの人に
「仕事探している」と言うその前に、
たくさんの人にまずは会うほうが大事。

 

★ブログが直接あなたのLINEに届きます!★

登録はこちらをポチ

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム