「できるだけ若い子がいなくて、多国籍で、日本人が少ない学校」

 

こんにちは。
アクティブウーマン代表の桜井です。

 

今日は先日、いただいた問い合わせで
ぜひ皆さんとシェアさせて

頂きたいことがあるので書きますね。

 

その方の問い合わせ内容はこんな感じでした。

「できるだけ若い子がいなくて、

多国籍で、できれば

母国語禁止ルールもあって、

日本人が少ない学校」

こんな感じの学校をご希望とのことで
相談を下さいました。

 

たぶん、「わかる、わかる~~」

という人もいるかもしれません。

 

ですが、これを全部満たしている学校は
世界中探してもないんじゃないかな、、
と思います。

本気で多国籍、たとえば

各国籍が10%未満とか、
な学校は、母国語禁止ルールを
気にしていないことが多いです。

同じ国籍の人が少ないと、
どうせ英語しか共通語がないからです。

 

 

あと、若い人が少ない学校も存在しません。
たま~~に、シニアコースもありますが、
そういうクラスは、本物のシニア、

60歳オーバーくらいの人が集まります。

30歳前後の女性が、

「若い子が少ない」という時、
おそらく、20歳前後の学生が

きゃぴきゃぴしていると

ついていけないなあ、

と心配していると思います。

 

ですが、海外の語学学校は、

20代の元社会人が多いです。

ほとんど、と言っても過言ではないです。

 

また、27歳の人が、22歳の人を

「若い」と言ったりしますが、
正直、こういう細かい

年齢を気にするのは、
日本人くらいじゃないかなあ、と感じます。

若さにこだわるのは、

ひょっとしたら

韓国も同じかもしれません。

(愛の不時着で主人公のセリの
「若いだけじゃダメなのよ!

若くて“童顔“でないと!」
みたいなセリフを

ふと思い出しました。)

セリが言うように、

アジア人は実際「童顔」です。
なので、実年齢より

かなり幼く見られます。

 

 

そして、精神年齢も、

海外の人たちに比べると
かな~~り低い、

というのが私の印象です。
自立度が全然ちがう。

発言力も、自己主張力も全然違う。

なので、30歳の人が、

20歳の親友を作って
ちょうどいいくらいになります。

 

ちなみに私が渡豪したのは

29歳の時ですが、
「みんな若いわね~」

と感じたことは
一度もありません。

そんなことより、毎日が必死でした。
なにしろ、英語できないんで。

 

むしろ逆に、

「みんな大人だな。。。」と
感じました。

とにかく自立していて
行動力があって。

年齢の話をすることも、まずないです。

 

 

個人的に、語学学校で一番大切なのは、
「母国語禁止ルール」だと思っています。

たとえ日本人が

2人しかいないとしても、
その二人がずっとつるんで

日本語で話したら意味ないし、

ヨーロッパ人比率が

めちゃくちゃ高い、となっても
その人たちが母国語で盛り上がったら
話に入っていけません。

 

極端な例ですが、

もしうちのカウンセリングを

「英語でやりますので、よろしく」

と言われたとして、
日本人同士だから、

英語の勉強にならないなあ、
という人はいないと思います。

 

 

英語初心者ほど、最初は

「自分の思ったことを

英語でどう伝えるか」

が一番重要です。

なので、相手がナニジンとかは
二の次です。

 

「英語が話せるようになりたい」

って、まずは思いますよね?

「英語が聞き取れるようになりたい」

という人は少ないです。
かなりマニアです。

というわけで、母国語禁止の環境で
がんばって英語しか

使わない生活をして欲しい。

 

そして、英語を文字通り

「共通語」として
多国籍の友達をつくってほしい。

それが一番大事だよ~、

というお話でした。

 

★ブログが直接あなたのLINEに届きます!★

登録はこちらをポチ

 

==========

コロナ支援のための大幅学費割引
申請期限【9月末迄】

==========

15週の申し込みで2週無料(6万5千円相当)←ワーホリにおすすめ
23週の申し込みで7週無料(22万円相当)
36週以上の申し込みで14週無料(45万円相当)←学生ビザにおすすめ

学校はこちら。渡航期限なし。来年でも再来年でもOK
https://activewoman.jp/school/cains/spc-cains/

==========
★週2で開催!女性限定の留学まるわかりセミナー
==========

まずは何から始めたらいいの?留学・ワーホリの全てが
60分で分かる。
https://activewoman.jp/seminar/

==========
★女性のための留学カウンセリング
==========

女性の留学サポート15年の実績。
質問にお答えいただきながら、
ぴったりな渡航プランを一緒に決めていきます。

まだ渡航するか悩んでいる方も、
お気軽に相談してください。

「わくわくした!」

この記事を書いた人

NUMATA NANAMI / 沼田 七海
NUMATA NANAMI / 沼田 七海
ブリスベンに1年間留学していました。

お客様によく目的がないのに、留学に行ってもいいのか不安ですと
ご相談をいただきます。

当時の私は目的などは特になくて、
英語が話せるようになりたいなくらいしか思っていませんでした。
それよりも、韓国人の親友がほしいと思って渡豪しました。笑

韓国人の”親友”はできませんでしたが、
大好きな”お姉ちゃん達”に出会えました。

留学先では必ずかけがえのない友人たちに
出会えるのでぜひ皆さんにも素敵な友人に
出会ってほしいと思います。


目的はなくても大丈夫です。
オーストラリアで生活してみたい。
英語が話せるようになりたいという
その気持ちさえあれば十分です^^
留学応援ブックを無料プレゼント オーストラリア留学応援ブックお申込みフォーム